中高生の「自尊心」は米中韓の半分以下…どうする日本の教育?

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、自信を持つ子に育てるための「褒め方」について見ていきます。

日本の子どもは自信がない?

あなたのお子さんは自信のある子どもに育っていますか?

 

いま、日本の若者に注目すべき現象が起きています。

 

日本青少年研究所が日本、アメリカ、中国、韓国の4カ国の中高生を対象に行った調査によると、自分は「ダメな人間と思うか?」の質問に対し「よくあてはまる」と答えた日本の高校生は、1980年は12.9%だったのに対し、2002年30.4%、2011年36.0%と、ほぼ3倍水準にまで大きく増加している結果がでたとのことです。

 

「自分を価値ある人間」と思う「自尊感」の度合いを問う項目については、米中韓の半分以下の水準しかありませんでした。

 

日本の子どもは自信がない…
日本の子どもは自信がない…

 

どうすれば子どもの自尊心や自己肯定感を高めることができるのでしょうか?

 

自己肯定間を高めるための「褒め方」とは、どういうものでしょう?

 

自尊心や自己肯定感は「自分に価値がある」という考えですから、単純にいえば子どもにとにかく「価値のある人間だ」と思わせるようなことを言えばいいと思いますよね。

 

では、特に理由はなくても「あなたはすごい!」「あなたは賢い!」「あなたは頭がいい!」「あなたはかわいい!」などと褒めれば、自信のある子どもに育つのでしょうか?

 

このような具体的でない褒め方では、根拠なく自分のことが大好きな「ナルシスト」な子どもになってしまいます。

 

なぜなら、理由がなく褒められても自分の何がすごいのか、具体的に感じることができませんし、自分が努力していないことを褒められると、「自分は努力しなくてもすごいんだ」と、それこそ「傲慢な人間」になってしまうかもしれません。

自己肯定感を高めるための「褒め方」とは?

では、どのような褒め方がいいのでしょう?

 

それは、その子の「言動」や「努力したこと」を認め褒めてあげることです。

 

「それはいい考えね。いいこと思いついたね。びっくりしたよ!」

 

「手伝ってくれて助かったわ。ありがとう」

 

「この絵本を最後までひとりで読めたの? すごいわ!」

 

「すごくきれいに色が塗れたわね。この色ママ好きだわ」

 

「嫌いなお野菜も全部食べられたのね。すごいすごい」

 

このように、具体的に自分の言動や行動の何がよかったのか、小さな子にもわかるようにひとつひとつ褒めてあげましょう。

 

自分の言動を認められると、自分の言動に「自信」が持てるようになります。

 

また、自分の努力を認め褒められると、また頑張ろうという意欲がわいてきますし、それは向上心につながります。

 

幼児期にこそ、しっかり自信をつけさせ自尊心や自己肯定感を高めてあげましょう。

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧