福澤諭吉、新渡戸稲造に学ぶ!?幼児期における「徳育」の重要性

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、幼児期における「徳育」の重要性について見ていきます。

「徳育」の重要性に注目が集まる昨今

昨今、社会環境が変化するなかで、常識では考えられないような痛ましい事件が、相次いで起こっています。その要因の一つに、道徳性や規範意識の欠如という問題があります。

 

こうした社会的背景を踏まえて、「やさしい思いやりの心」や「世のため人のために役立つ」などの、豊かな心や人間性を養う「徳育」の重要性が指摘されています。一人ひとりがお互いに思いやりの心をもち、助け合えるような人間関係を築くためには、何より幼児期の徳育が必要なのです。

 

豊かな心や人間性を養う「徳育」の重要性
豊かな心や人間性を養う「徳育」の重要性

 

学問のすすめで知られる福澤諭吉は、明治4年に2人の息子(6歳・4歳)に対して、一日ごとに書き与えた家庭でのしつけや徳育に関する教訓集「ひびのおしえ」を著しました。 その中に書かれている守るべき決まりである「おさだめ」を紹介します。

 

一、うそをつくべからず。

一、ものをひろうべからず。

一、父母にきかずしてものをもらうべからず。

一、強情をはるべからず。

一、兄弟けんか、かたく無用。

一、人のうわさ、かたく無用。

一、ひとのものをうらやむべからず。

 

新渡戸稲造の武士道も「八つの徳」という道徳観を持っていました。

 

●「仁」=思いやり/友達にやさしくしましょう

●「義」=正義/嘘をついたり悪いことをしてはいけません

●「礼」=礼儀/挨拶をきちんとしましょう

●「智」=叡智/困っている人には親切にしましょう

●「信」=信頼/自分がされていやなことは人にしてはいけません

●「忠」=いつわりのない心/嘘をついたり悪いことをしてはいけません

●「孝」=親兄弟を大事にする/家族を大切にしましょう

●「悌」=年長者に敬意を払う/目上の人にはきちんとした言葉を遣いましょう

戦前の教育では「徳育」を重要視

戦前は、教育の柱として、徳育(=人格教育)が非常に重視されました。明治時代の小学校は、授業時間の3分の1を、徳育の時間に割り当てていたそうです。そして、人格的に優れた人物の生き方を、子どもたちは学んでいました。

 

ところが、戦後すぐに、徳育が重視されなくなり、知育偏重に変わりました。歴史についても、暗記教育にすり替えられてしまったのです。そして、勤勉、節約、孝養、信義、勇気などのモデルとなる人物の生き方について、時間をかけて教えられることがなくなったのです。

 

基本的人格は、幼児期に形成され、大人になっても8割方は変わらないそうです。教育は、知育だけでは十分ではありません。徳育を大切にしましょう。

 

 

大坪 信之

株式会社コペル 代表取締役

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧