「脳のくせ」をなおす!?「サイコロ思考」トレーニングとは?

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、「脳のくせ」について見ていきます。

ものごとを複数の視点から考える「サイコロ思考」

人間は皆、自分特有の”脳のくせ”を持っています。

 

例えば、あることに対していつもすごく腹が立つとしたら、その「あること」に対して1つの「ものの見方」しかしていない可能性があります。私たちは、1つのできごとに対して、自分特有のワンパターンな「ものの見方」「考え方」をしてしまいがちなわけですが、実は、いろいろな「ものの見方」「考え方」があるはずなのです。

 

[PR]株式会社コペル・代表取締役が登壇!無料セミナー@幻冬舎(東京)
補助金「10割」に!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力
~企業オーナー必見!「事業多角化」の有力選択肢にも。

 健康保険によるサポート制度の現状と法改正を受けての児童のための教室づくりのポイント

 

さて、ここでサイコロを想像してください。サイコロには、6つの面がありますね。1つのできごとに対して、6つ以上の「ものの見方」で考えてみることを「サイコロ思考」といいます。

 

そうすると、自分特有の”脳のくせ”であるワンパターンな思考の枠が外れて、柔軟な考え方ができるようになります。何か問題を感じたときは、とにかく思いつくままに、その他の5通りの考え方を書き出してみてください。ものの見方を変えると、できごとのすばらしい点が見つかるかもしれません。

 

5つの考え方のなかには、「役に立たないもの」や「非現実的なもの」「ナンセンスなもの」があってもOKです。いろいろ挙げてみたなかで、1つでも役に立つ考え方が見つかれば大成功です。

 

6つ以上の「ものの見方」で考えてみる
6つ以上の「ものの見方」で考えてみる

子どもが不登校に…そんなときの「サイコロ思考」は?

1つ例を紹介します。子どもが不登校になってしまい、悩んでいるお母さんのケースです。その人は、次のように考えてしまいました。

 

「学校に行けないことは致命的なことだ。あの子は落伍者になったのだ。お先真っ暗だ」

 

確かに「不登校になることの素晴らしい点など見つからない」と思ってしまうでしょう。他に、どんな考え方ができるでしょうか?

 

●これは、子育てのやり方を振り返るよい機会だ。今のうちに気づいて軌道修正できるほうがいい。

 

●うちの子は意思表示ができる子なんだ。

 

●私のことを親として信頼してくれているから、「学校へ行きたくない」と本音をいってくれるんだ。この機会に、親子の信頼関係をさらに深めていこう。

 

●感受性が豊かな証拠なのかもしれないな。これは、あの子の持ち味かもしれない。

 

●夫婦間のコミュニケーションをしっかり取ろう。これは、家族が家族らしくなっていくチャンスかもしれない。

 

[PR]株式会社コペル・代表取締役が登壇!無料セミナー@幻冬舎(東京)
補助金「10割」に!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力
~企業オーナー必見!「事業多角化」の有力選択肢にも。

 健康保険によるサポート制度の現状と法改正を受けての児童のための教室づくりのポイント

 

他にもいろいろな考え方ができそうですね。また、役に立つ考え方が見つからない場合でも、いつもの自分の“脳のくせ”を超えた、新たな全脳を活用した考え方を探そうとすること自体に、思考を柔軟にする全脳トレーニング効果があるのです。

 

悩んでいることや、引っかかっていること、執着していることなどがあったら、ぜひお子さんと一緒にサイコロ思考の全脳トレーニングを試してみてください。

 

 

大坪 信之

株式会社コペル 代表取締役

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧