ギャンブル好きの長男…「死亡保険金」の浪費を防ぐには?

個人が持っている財産を守りながら、それを人に預けることを「信託」といいます。具体的には、本人が自分で財産を管理することに不都合が生じた場合、人に財産を預け、預かった人がその財産の管理を行いながら、生じた便益を本人に渡してあげる仕組みを指します。本記事では、岸田康雄公認会計士/税理士が、相続の生前対策として有効な「民事信託」の基礎知識を解説します。

非上場株式の承継に係る遺言代用信託の活用

遺言代用信託とは、自益信託を設定した委託者が、自分が死亡したあとの受益者を指定しておく信託です。これは、委託者が生存中は自分を受益者としておきますが、死亡した時に、特定の相続人や第三者に受益権を承継させる仕組みです。企業オーナーの事業承継において、遺言代用信託は、自社株式の承継先を指定する手法として活用することができます。

 

 

この際、受益権から議決権行使の指図権を分離させた場合、遺言代用信託を設定すれば、それぞれの承継先はわけて決めることになります。受益者と議決権指図権を一致させる必要はありません。

受益権比率と議決権比率を不一致にする

自社株式を承継した場合、株式の所有者(株主)が経済価値と議決権の両方を持ちますから、その持株比率に応じて利益配分と会社支配力が決まります。

 

これに対して、自社株式を信託した場合、受益権の承継と議決権指図権の承継を切り離して考えることができます。

 

例えば、会社の後継者である長男に自社株式すべてと自宅(長男が同居)の両方を相続させようとしたところ、もう1人の相続人である長女が遺産分割に不満を持ってしまった場合、自社株式の受益権を長女に手厚く承継させてバランスを取ることが想定されます(遺留分の侵害も回避できます)。その場合、オーナーが遺言代用信託を設定し、信託契約書のなかで次のように規定しておきます。

 

● 受益権の30%を長男、70%を長女に承継する。

●議決権指図権の66%を長男、34%を長女に承継する。

[図表15]自社株式を信託し、受益権と議決権指図権を切り離して承継する
[図表16]信託の仕組み

オーナー個人から会社への資金貸付け

[お悩み⑤]

自社に対して多額の貸付金(金銭債権)を持っています。相続税対策によって評価を引き下げることができる自社株式と異なり、貸付金は額面金額によって相続税の評価がされると聞きました。相続財産から減らすための生前対策はどのようにすればよいでしょうか?

 

中小企業として一般的なオーナー系企業の場合、自社の資金繰りが悪化したときに、一時的にオーナーが会社に対して個人の資金を貸付けるケースが多く見られます。会社財産とオーナーの個人財産が経済的に一体化しているような場合には、知らない間にオーナー個人から会社に対する貸付金が増えてきているはずです。

 

[図表17]企業オーナーは家計と会社が実質的に一体化

 

◆受益権の生前贈与

 

貸付金は株式による出資と異なり、額面評価されることから、財産評価引下げによる相続対策ができません。それゆえ、生前贈与による財産承継が相続対策の手法となります。

 

[図表18]受益権を暦年贈与する
[図表19]受益権の暦年贈与で確実に相続財産を減らせる
[図表20]信託の関係

一般社団法人の活用事例:少数株主対策

◆相続税対策

 

一般社団法人が持分のない法人であることから、同族グループの法人となることはありません。そこで、自社株式を所有させることによって、相続税対策に活用することができます。

 

◆少数株主からの買取り

 

同族グループ以外の少数株主に株式が分散してしまった場合、支配権の争いなどの問題が生じて株式を買い集めなければならないケースがあります。しかし、支配株主や自社が株式を買い取る場合、株価は原則的評価によって譲渡しなければなりません。

 

 

そこで、それらの株式を一般社団法人に買い取らせる方法が有効です。それによって、株式を処分したいと考える少数株主(中心的な同族株主以外)から配当還元価額で買い取ることができます。その結果、少ない資金負担でオーナーの支配権を強化することができます。

 

ただし、一般社団法人の社員・理事が同族グループによって完全に支配されている状況では、一般社団法人が所有する株式を同族株主が所有する株式と一体のものとみなされる可能性がある点に注意が必要です。仮にそのように取り扱われた場合、原則的評価によって株式を一般社団法人へ譲渡しなければなりません。

 

◆従業員持株会

 

そのような場合、従業員持株会として一般社団法人を設立することを検討しましょう。従業員の福利厚生やインセンティブ・プランとして持株会を設立し、従業員の資金によって株式を買い取らせるのです。独立して持株会が運営されているのであれば、同族グループに支配されている状態ではありませんから、配当還元価額を適用することが可能です。

 

[図表20]一般社団法人が少数株主から株式を買い集める

 

 

岸田 康雄

国際公認投資アナリスト/一級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認会計士/税理士/中小企業診断士

 

 

国際公認投資アナリスト/一級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認会計士/税理士/中小企業診断士

平成29年経済産業省「事業承継ガイドライン改訂小委員会」委員、日本公認会計士協会中小企業施策研究調査会「事業承継支援専門部会」委員、東京都中小企業診断士協会「事業承継支援研究会」代表幹事。
一橋大学大学院修了。監査法人にて会計監査及び財務デュー・ディリジェンス業務に従事。その後、金融機関に在籍し、中小企業オーナーの相続対策から上場企業のM&Aまで、100件を超える事業承継と組織再編のアドバイスを行った。

WEBサイト https://fudosan-tax.net/

著者紹介

連載高齢化社会の「相続生前対策」…認知症対策としての「信託」活用法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!