相続税を支払わず兄逃亡! 後始末に奔走する家族と絶縁状態に

相続税の基礎控除額が引き下げられ、今まで「うちは無縁」と思っていた人でも、相続税を払う義務が生じるようになった。タクシーさん(仮名)の兄は、親から小さなビルを相続した。多少でも資産があれば、この子の人生は楽になる。そう考えた親が遺した愛情であった。しかし兄は、相続税を払わずに逃げてしまう。そして、数百万円の税金の支払いを渋ったことで、残りの人生を台無しにしてしまったのだ。※本記事では、税理士の髙野眞弓氏が、自身の経験もとにした「炎上エピソード」を紹介する。

相続税を払わずに消えた

タクシーさん(仮名)が事務所にやってきたのは、夏真っ盛りの8月の暑い日のことだった。彼は埼玉県でタクシー会社を経営する50代の男性。10年ほど前に私が会社の顧問となり、会社の税務を引き受けてきた。そんな彼から「相続の相談をしたい」と電話を受けた。私は会社の税務を見ているため、会社のことはよく知っている。しかし、彼個人や家族のことは知らない。相続について相談されたのもこの時が初めてだった。

 

「暑かったでしょう」私はタクシーさんをねぎらい、エアコンの効いた部屋に彼を招き入れた。

「いやあ、暑い暑い。埼玉も暑いですが、東京もひどい」

「アスファルトが鉄板のようになっていますからね。昼間は逃げ場がありませんよ」私はそう言い、冷たい飲み物をすすめた。

「会社の調子はどうですか?」

「相変わらずドライバー不足には悩んでいますが、まあ順調なほうでしょう。景気回復の波が東京から埼玉まで広がってくれれば、もうちょっと儲かるんでしょうけど」「そうですか」私はそう返し、商売が順調であることに安心した。

 

タクシーさんは一代で会社を興した働き者だ。起業家の中には、ドカンと大きく儲けたり、その反動で大きく損を出したりするタイプの人がいるが、タクシーさんはその対極のコツコツタイプである。少しずつ社員を増やし、売上を伸ばしてきた。過去10年ほどの税務書類にも、その堅実さが表れていた。

 

「それで、今日は相続税の相談があるそうですね。どなたか亡くなったのですか?」

「半年ほど前に母が亡くなりました。ただ、その相続は終わっています。父は私が大学生の頃にすでに他界していて、私の兄が小さなビルを相続したんです」

「そうでしたか」

「その際に相続税が発生したのですが、兄が未納のままどこかに消えてしまったのです」

「消えた?」私は聞き返した。

 

相続税を意図的に払わなければ脱税行為となる可能性がある。現在の税務調査の態勢を踏まえれば、逃げ切れる可能性はほぼゼロだ。納付が遅れるほど延滞税がつき、納付額が増える。

 

「消えたといっても、事件に巻き込まれたとかではありません。女をつくって逃げたようなのです」

「そうですか。いずれにしても相続税は納めなければなりません。詳しく話を聞かせてください」私がそう言うと、タクシーさんは安心したような表情を見せ、話し始めた。

甘やかされた育った兄

「どこから話せばよいのかわかりませんが、まず、兄は甘やかされて育ちました。というのは、足に生まれつきの障害があったもので、父も母も兄を特に可愛がったのです」

「重い障害ですか?」

「走ることはできません。歩くことはできますが、片足を引きずりながらです」

「そうですか」

「それもあって、兄は家の中では暴君のように振る舞っていました。自分は不幸だ。不幸なんだからわがまま言っていい。そういう風に思っていたのだと思います」兄の気持ちはわからなくはなかった。どの世界にも、自分の不幸を呪う人はいるものだ。

 

「両親もそういう振る舞いを許していたのですね」

「ええ。親は叱りませんでした。障害があるのだからかわいそうという気持ちと、障害のある子に生んだことに責任を感じていたのだと思います。そういう環境だったので、兄はどんどん傲慢になり、難しい性格の人間になりました。両親も私も、兄に対しては、どこか腫れ物に触るような扱いをしていました」

「大人になってもそういう性格は変わらなかったのですか?」

 

「ええ。多少は社交的になりましたが、中身は変わっていません。他人に対しては愛想よくするのですが、家族にはきつく当たります。その後、結婚して、子どもができてからは、自分の妻や子どもにもきつく当たるようになりました」

「奥さんと子どもがいるのですね」

「はい。奥さんは10年前に離婚していて、今はどこにいるかわかりません。離婚というより、逃げたといったほうが正確ですね。暴君のような兄を嫌がったのだと思います。それと、母とも不仲でした」

 

「いわゆる嫁姑の不仲ですか」

「ええ。そこは母にも問題があったと思います。その頃にはすでに父は他界していて、母と兄の家族は、母が持っていたビルで一緒に暮らしていました。ただ、母は兄を贔屓(ひいき)します。そのため、兄夫婦で何か問題があった時も、いつも兄の味方をしました」

「お兄さんの奥さんは孤立していたのですね」

「ええ。それで逃げてしまったんです」

 

税理士法人アイエスティーパートナーズ 代表社員

東京・浅草生まれ。國學院大學経済学部卒業。日本大学大学院・慶應義塾大学大学院修了。又野税務会計事務所勤務を経て、1975年に独立、税理士髙野眞弓事務所を立ち上げ、多種多様な業種・業態の企業の顧問税理士を務める。事業規模拡大に伴い、2016年6月に税理士法人アイエスティーパートナーズを設立。
40年以上にわたり、「税務のアドバイザー」という枠を超えた公私のパートナーとして、多くの経営者の悩みを解決してきた。特に、骨肉の争いに発展しやすい相続税・贈与税等について、一家の思いに寄り添った提案を行い円満相続に導いている。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

炎上する相続

炎上する相続

髙野 眞弓

幻冬舎メディアコンサルティング

裁判沙汰になったトラブルの3割が遺産総額1000万円以下⁉︎ 「ウチは大丈夫」と思ったら大間違い! 6つの炎上エピソードから学ぶ「円満相続」の秘訣 相続でもめたあげく、兄弟姉妹が憎しみ合い、絶縁状態になってしまうこ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧