特許出願中!「4次元アルゴリズム」による新たな株式市場予測

昨今、様々な業界で技術の応用が模索されている人工知能。投資の世界でも、AI技術を活用したサービスが次々と誕生し、関心が高まっています。本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する株式会社ソーシャルインベストメントの山本弘史代表取締役が、AIによって大きく変わる資産運用の未来について説明していきます。今回は、AI解析ソフトのアルゴリズムについて見ていきます。

AI株価解析ソフトの重要なパーツ「アルゴリズム」

前回(関連記事:『過去データからの未来予測は不可能…AIはどう相場を読むのか?』)、筆者のAI株価解析ソフトには、何百万人に1人という希代のトレーダーのデータがインプットされており、それをAIが学習することにより最適解をアウトプットするものであることをお伝えした。

 

しかし、AI株価解析ソフトは、もうひとつ大事なパーツに支えられている。それこそが、「アルゴリズム」である。本日はこのアルゴリズムについて解説していく。

 

辞書をひけば、『アルゴリズム[algorithm]:プログラムを作るときに用いる、問題を解決するための手順・計算方法』と説明がされているが、解釈を広げると、プログラムに限らず、何か物事を行うときの「ルール」とか「やり方」のことをいう。投資の世界でいえば、株価や出来高をベースとして売買するタイミングや数量を決め、一定の売買を繰り返すルールなどとして表現されることが多い。筆者のAI株価解析ソフトに格納されている希代のトレーダーのトレードデータは、一定のアルゴリズムに則ったトレードデータによるものなのである。

 

先にいうと、このアルゴリズムは、これまでの「相場解析」の考え方を根本から覆す、ある「2つの要素」が加わっていることが最大の特徴である。通常、我々が相場を見るとき、「時間」×「株価」という2つの軸(2次元)で相場を見る。一般的なローソク足チャートなどはまさにそれに当たる。これまでも散々過去の産物と表現してきたテクニカル分析の多くも、この「2次元解析」に当たるだろう。

 

しかし、AI株価解析ソフトに格納されているトレードデータを形成するアルゴリズムは、これまでの「時間」×「株価」に加えて、「出来高」×「エネルギー」という4つの軸、つまり「4次元」で相場を解析する。相場を4次元的に解析するアルゴリズムであるから、筆者は「4次元アルゴリズム」と呼称している。

 

※現在、この4次元解析法は特許出願中で、事前に特許類似調査を行った結果、同じアルゴリズムは存在していないことを確認済みだ。つまり、投資の世界では類を見ない世界初の株価解析アルゴリズムであることがわかっている。

株式相場の「揺れ」を解析して法則化

「時間」×「株価」はイメージしやすいだろうが、「出来高」×「エネルギー」という2軸は、なかなか想像できないだろう。「目の前の現実」にのみ注目した2軸と考えると理解しやすいかもしれない。これまでの連載でも、波打つ相場の未来予想ができないことは明らかだと説明してきたが、この「予想できない未来」や「過去」は捨て去り、「目の前の現実(現在)」だけを見ようという考え方である。

 

「出来高」とは、一定期間における取引量のことをいい、「エネルギー」とは、売買がぶつかり合うときに生まれる勢いのことをいう。売りと買いがたくさん集まって出来高が多くなれば、そこには「エネルギー」が生まれ、結果、需給のアンバランスが発生する。そのときに必ず価格が大きく変動するのだが、その変動に至った過程を細かく分析して一定の法則を見出し、それをルール化したのが「4次元アルゴリズム」である。

 

ひとつ、例を挙げてみよう。子どものころ、運動会でやった「綱引き」を思い出してほしい。号砲が鳴り、紅組と白組が綱を引き合った瞬間、エネルギーが集まった綱の中心で「ブルッ」と「縦揺れ」が起こる。相場の世界でも、出来高が多くなり、エネルギーが集まると、必ず「揺れ」が発生する。その「揺れ」を取るのが「4次元アルゴリズム」なのである。

 

通常、株式投資というものは、安く買って高く売るということが利益を上げるための鉄則である。しかし、「エネルギー」に着目すると、株価の上昇とか下落いったことはあまり関係がなくなってくる。

 

誤解のないようにしてほしい。4次元アルゴリズムも「どのように利益を上げたか?」という結果論でいれば、安く買って高く売ることで利益を上げている。しかし、利益を上げるまでの「過程」がまったく異なるのである。一般的な株式投資は「株価が上がりそうだと予想して買う」からこそ、「未来の株価がどうなるかを予想する」という過程が存在する。一方の4次元アルゴリズムはできもしない未来予想など一切行わない。「目の前の現実」に着目し、「エネルギーが集まったときに発生する揺れを取る」という過程が存在するだけなのである。

 

 

山本 弘史

株式会社ソーシャルインベストメント 代表取締役

 

株式会社ソーシャルインベストメント 代表取締役

茨城県取手市生まれ。
株式会社テレビ朝日サービス入社。テレビ朝日報道の中枢を担う基幹システムの運用取り纏め行う。
同社退職後、日本では行われていない投資の教育を広め、国民一人ひとりが金融リテラシーを高めることで、仮に資産価値がまったくなくなったとしても、また自分の力で資産を作り出し、将来の不安なく生き延びることができる「自分の力で生きる力」を身に着けることを全力でサポートすることを目的とした株式会社ソーシャルインベストメントを2013年12月に設立。
webマーケティングを通して多数の投資教育プロジェクトを成功させる。
2016年より人生100年時代において社会保証に頼らない人生をサポ―トすべく、「投資教育」と「AIアプリケーション開発」を軸として事業を展開。

著者紹介

連載投資スキル0点でも「100点満点のAI株価解析ソフト」を作れたわけ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧