既得権益に忖度なし!「AI」が個人投資家の武器になるワケ

昨今、様々な業界で技術の応用が模索されている人工知能。投資の世界でも、AI技術を活用したサービスが次々と誕生し、関心が高まっています。本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する株式会社ソーシャルインベストメントの山本弘史代表取締役が、AIによって大きく変わる資産運用の未来について説明していきます。今回は「AIが個人投資家の武器となる」という筆者の主張の根拠を見ていきます。

AIに「勝つ」以外の選択肢はない

前回(関連記事:『個人投資家が「AI」の恩恵を受けていない現実…その理由とは?』)、AIが真に力を発揮する分野は「投資」の分野であり、とりわけ「個人投資家」には有効な武器になると伝えた。今回は、「なぜAIは個人投資家に有効な武器となるのか」を話していこう。

 

「AIは忖度しない。だからこそ個人投資家の武器になる」

 

いきなりだが、これこそがAIが個人投資家の有効な武器になる理由である。AIはディープラーニング(=深層学習。人間の神経細胞(=ニューロン)の仕組みを模したシステムで、人間が行うタスクをコンピュータに学習させる機械学習の手法。人工知能の急速な発展を支える技術であり、それによりAIは様々な分野への実用化が進んでいる)を行い、最適な解をアウトプットし続ける。

 

特に、白黒をはっきりさせることが得意なAIは、株式投資と相性がいい。株式投資は「勝つか負けるか」の勝負事であり、「上がるか下がるか」の二択であり、「負けを目指す」という選択肢がないからである。だから、外からの圧力で「おいAI、ちょっと負けろ!!」と命令しても、学習したAIはそれをさせてくれない。AIには「負けにいく」という選択肢がないのだから。

 

これまでも触れたが、既得権益を持つ大手証券会社や金融機関は、前時代的なテクニカル指標を個人投資家に提供し、「相場は予想できる!」と錯覚させたうえで誤った判断をさせ、暗に相場で負けさせようとしていると筆者は考えている。そ成果は「筆者をはじめとした個人投資家の相場での圧倒的な敗退」に見事に現れている。

 

テクニカル分析は株価予測の方法として個人投資家の間でも広く知られているが、そもそも大手証券会社や金融機関が用意するテクニカル指標は、個人投資家にとって「武器」ではなく「胴元に都合のよいモノ」でしかない。そのようななか、「負けないことを目的にしたAI」を、個人投資家が武器として持ったらどうだろうか。これまで、既得権益を持つ胴元たちの手のひらの上で転がされ、気持ちよく負けまくってくれていた上顧客たる個人投資家が負けなくなってしまう。つまり、AIの登場により、これまでの投資の世界における勢力図はガラリと変わる。一部の者だけが甘い汁を吸っていた業界が、「AIという真の武器」を個人投資家が持つことによって、大逆転が起こる可能性があるのだ。

 

下克上。

 

まさにそんな言葉がピッタリの時代が間もなく到来しようとしている。

忖度だらけで窮屈な「投資業界」

個人投資家が「下克上」を果たすときが、眼前に迫っている。時代がやっと個人投資家に追いついてきたといっても、いいのかもしれない。旧態依然とした強大な力に忖度せず、それを持つ者の最適なパートナーとなるAIは、

 

・誰にも忖度しない

・相場で負けないことにフォーカスしている

・権力者側がコントロールできない

 

という特性のもと、既得権益たる強大な勢力のウィークポイントを突く。だからこそAIは、はじめて個人投資家が持つことができる、真の意味での「武器」になり得ると筆者は考えている。

 

一方で、筆者の会社はAIを主事業としているが、AI株価解析ソフトという投資サービスも展開している。つまり筆者は、投資業界にも身を置いているのである。先ほどの話であれば、既得権益を持つ大手証券会社や金融機関と同じ土俵にいることになる。本来ならば、いってはいけないことが次々に出てくることを身をもってわかっている。

 

――これをいっては、自分たちの立場が悪くなってしまうのではないか。

――これを明らかにしては、どこかに迷惑がかかってしまうのではないか。

 

投資業界に関わる多くの団体や個人が、自分の都合と様々に絡み合うしがらみによって、立ち振る舞いや発信できる情報が極端に制限されている。これは、既得権益を持つ強大な勢力はもちろんのこと、そうした勢力に寄り添う投資サービス提供業者も同様である。

 

投資業界とは、非常に窮屈な業界なのだ。

 

しかし、筆者はそうした忖度によって、投資の初心者のみならず、経験者すらも勝てないのが当たり前となってしまうのが投資の世界であれば、そんな自らを守るためだけの忖度など捨ててしまえと考えている。筆者は、オブラートに包むことなく、既得権益を持つ強大な勢力に臆することなく、「ありのままの事実」を明かしていくことを約束する。それは決して難しいことではない。正直に話すだけである。筆者の話を聞いて、少しでも個人投資家の役に立ち、「本物の実力」を身に着ける一歩となればいい。

 

次回以降も、忖度など気にせずに正直な話を続けていこう。

 

株式会社ソーシャルインベストメント 代表取締役

茨城県取手市生まれ。
株式会社テレビ朝日サービス入社。テレビ朝日報道の中枢を担う基幹システムの運用取り纏め行う。
同社退職後、日本では行われていない投資の教育を広め、国民一人ひとりが金融リテラシーを高めることで、仮に資産価値がまったくなくなったとしても、また自分の力で資産を作り出し、将来の不安なく生き延びることができる「自分の力で生きる力」を身に着けることを全力でサポートすることを目的とした株式会社ソーシャルインベストメントを2013年12月に設立。
webマーケティングを通して多数の投資教育プロジェクトを成功させる。
2016年より人生100年時代において社会保証に頼らない人生をサポ―トすべく、「投資教育」と「AIアプリケーション開発」を軸として事業を展開。

著者紹介

連載投資スキル0点でも「100点満点のAI株価解析ソフト」を作れたわけ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧