目がいい人ほど危ない!?ハイリスク白内障が起きやすい目の特徴

「ものがぼやけて見える」「目がかすむ」「光がいつもよりもまぶしい」など、気にはなりつつも、見過ごしてしまっている「目」についての悩みはないでしょうか。そんな悩みを抱えたままでは、日々の不安が募るばかりです。本連載では、白内障・緑内障・網膜剥離手術に強みをもつ、はんがい眼科・院長の板谷正紀氏が、眼病の症状やその対処法について解説します。

通常の白内障手術では対応できないケースも…

一般的に、白内障手術は、簡単で安全といわれています。通常の手術時間も、5~10分と短く、「あっという間に手術が終わった」「簡単な手術でよく見えるようになった」という感想をくださる患者さんも多くいらっしゃいます。

 

ただし、「簡単」というのは、目に大きな問題がないケースです。状態によっては、通常の白内障手術がむずかしくなってしまう症例もあり、はんがい眼科ではそうしたケースを「ハイリスク白内障」と分類しています。

 

そこで今回は、ハイリスク白内障の症例にあたる、「浅前房(せんぜんぼう)」と「狭隅角(きょうぐうかく)」について解説します。これらは、水晶体の前部分に問題がある状態を指します。浅前房や狭隅角があると、白内障手術がむずかしくなったり、重い合併症を起こしたりするリスクが高くなります。それぞれを順番に説明しますので、ぜひ参考にしてください。

水晶体の前のスペースが狭くなる「浅前房」

まず「浅前房(せんぜんぼう)」から解説しましょう。

 

私たちの目の、いわゆる黒目の表面部分を「角膜」といいます。角膜と水晶体との間にはわずかな空間があり、これを「前房(ぜんぼう)」と呼びます。このスペースが狭く(浅く)なっているのが「浅前房」です。

 

浅前房になりやすいのは、正視あるいは遠視の方です。つまり、若いときから近視がなく、40歳頃まではメガネいらずで、目は健康と思っていたような方が対象です。こういう方は、眼球のつくりが小さい傾向にあります。加齢とともに水晶体の変質が進み、肥大化すると、水晶体に圧迫されるかたちで前房が極端に狭く(浅く)なってしまうことがあるのです。

 

これには、チン小帯の状態も関係します。目の周りの筋肉と水晶体を結ぶチン小帯が弱くなっていると、水晶体が前に押し出されて、やはり前房のスペースが狭く(浅く)なります。

 

浅前房のスリット写真
浅前房のスリット写真

 

水晶体に圧迫され前房が極端に狭く(浅く)なってしまった状態
水晶体に圧迫され前房が極端に狭く(浅く)なってしまった状態

浅前房の危険性と白内障手術における対処法

◆浅前房が危険な理由とは

 

「超音波乳化吸引術」という一般的な白内障手術では、角膜に開けた小さな穴から細い器具を入れて、水晶体を包んでいるふくろを切開したり、超音波を当てて濁った水晶体を砕き、吸引するといった作業を行います。

 

前房が極端に狭い方では、こうした手順をスムーズに行えず、手術の難易度が高くなります。さらに、角膜の内側のデリケートな部分(角膜内皮)が水晶体に近いため、手術時の超音波で、角膜内皮を傷つけてしまう可能性があります。ダメージが大きいと角膜が白く濁ってしまい、角膜移植が必要になる場合すらあります。こうしたことから、浅前房を「ハイリスク白内障」に分類しています。浅前房かどうかは、眼科で行う「前眼部OCT」などの検査を受けることで、初めてわかります。

 

◆浅前房の手術では高分子のヒアルロン酸を注入

 

はんがい眼科では、浅前房と判明したら、手術時に通常よりも高分子のヒアルロン酸を前房に注入し、手術を進めます。こうすると、粘度の高いヒアルロン酸が前に出ようとする水晶体の力を抑えてくれるので、角膜と水晶体の間にスペースを確保でき、安全に手術を行うことができるのです。

「狭隅角」は、前房の隅が狭くなっている状態

次に、「狭隅角(きょうぐうかく)」について説明します。隅角というのは、前房の隅の部分を指します。角膜と、光の量を調節する虹彩(こうさい)や水晶体が重なるようになっている狭いエリアです。

 

私たちの目のなかは、房水と呼ばれる水分で満たされています。房水は、虹彩のつけ根の裏にある毛様体筋(もうようたいきん)で作られ、眼球のなかを循環したのち、水晶体と虹彩の間を通って前房にたまります。そして、前房の隅(隅角)にある繊維柱帯を通過し、シュレム管という器官に入って排出されています。この隅角が何らかの理由で狭くなり、房水の循環がうまくいかなくなる状態を「狭隅角(閉塞隅角)」といいます。

 

狭隅角になる原因は、浅前房とほぼ同じです。正視、乱視の方は前房のスペースがもともと小さいので、その隅である隅角も狭くなりやすいのです。また、白内障やチン小帯の劣化で水晶体が大きくなったり、前に出てきたりすると、それだけ隅角も狭くなってしまいます。

狭隅角になると「急性緑内障発作」を起こすことも

狭隅角が「ハイリスク」な理由は、浅前房と同様に手術がむずかしくなることに加え、緑内障を発症しやすいことが挙げられます。狭隅角があると、虹彩が角膜や水晶体に癒着し、房水の通り道を塞いでしまうことがあります。こうなると、排出されなかった房水が眼球内に溜まり、眼圧が上昇して、緑内障の発症につながるのです。

 

ときには、一晩で失明しかねない「急性緑内障発作」を起こすこともあります。急性緑内障発作では、通常10~21mmHgの眼圧が、50~70mmHgにまで急上昇します。激しい頭痛と目の痛みを伴い、目がかすんで見える(霧視)、吐き気や嘔吐といった症状も見られます。

 

このような高い眼圧に視神経は耐えられないため、数日から、早いときには一晩で、失明にいたることもあります。また、眼科で処置を受けて失明を免れたとしても、視神経が傷ついているため、生涯にわたって緑内障治療を続けなければいけません。

狭隅角の治療の決め手は「白内障手術」

OCTによる隅角検査。左は隅角が狭くなっている画像。右は同じ目で、白内障手術により隅角が広くなっている画像
OCTによる隅角検査。左は隅角が狭くなっている画像。右は同じ目で、白内障手術により隅角が広くなっている画像。

 

狭隅角を治療する最適な方法は、白内障手術です。白内障で大きくなった水晶体を薄い眼内レンズに置き換えれば、自然に隅角が広がり、房水の流れも改善できます。特に、白内障をすでに発症している方は、迷わず手術することをおすすめします。

 

はんがい眼科では、白内障がなかったとしても、緑内障のリスクが高い場合、予防のために白内障手術を提案することもあります。眼科医とよく相談をして、治療法を検討してみてください。

狭隅角や浅前房かどうかは、検査でわかる

自分の目が浅前房や狭隅角かどうかは、基本的には眼科で調べなければわかりません。急性緑内障発作のようなケースを除けば、ほとんどの場合、自覚症状は出ないからです。

 

眼科では細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査や、特殊なミラー付きレンズを用いる隅角鏡検査、前眼部OCTなどで前房や隅角の状態をチェックします。

 

◆細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査

 

細い帯状の光を目に当てて、拡大鏡で観察する検査です。角膜、前房、虹彩の状態のほか、水晶体やチン小帯の状態も、これである程度知ることができます。眼科の検査では非常に重要なものであるため、診察のたびに行うことが多いです。

 

細隙灯顕微鏡検査の様子
細隙灯顕微鏡検査の様子

 

◆隅角鏡(ぐうかくきょう)検査

 

隅角の状態は、目の表面からは観察ができないため、「隅角鏡(ぐうかくきょう)」と呼ばれる特殊なレンズを使って隅角の状態を調べます。点眼麻酔をして、隅角鏡を角膜に接触させ、観察を行います。

 

◆前眼部OCT

 

前眼部OCT(前眼部3次元画像解析)は、コンピュータで解析した画像によって、角膜や隅角、水晶体などの前眼部の状態を立体的に、より詳細に把握できる検査です。2018年4月から保険適用になりました。

 

白内障手術の際にも、上記のような検査を行いますが、まだ手術を受ける段階でない方も、定期的に眼科で目の状態を調べておくことが大切です。特に、狭隅角があると知らずに放置していると、急性緑内障発作を起こす可能性もあります。そうしたリスクがないかどうかを、眼科を受診して確認しましょう。

かつては、母の愛が「急性緑内障発作」を招いていた!?

余談になりますが、日常生活において緑内障になりやすい条件というのもあります。それは「母さんは夜なべをして、手ぶくろ編んでくれた~」という童謡で歌われている、昭和初期の風景です。

 

薄暗い部屋にいると、少ない光を取り入れるため、虹彩が開きぎみになります。その状態でずっと下を向いていると、重力で水晶体が前方に移動し、隅角が狭くなって緑内障を起こしやすくなるのです。夜なべで編みものをする母の愛は美しいですが、眼科医としては緑内障を誘発するので要注意、と指摘したくなります。

 

ちなみに現代でいえば、暗い部屋でうつむいてずっとスマホを見ているという習慣も、同じ状況になりますから、くれぐれも気をつけてほしいものです。

 

★板谷院長のひとことアドバイス

 

白内障手術の基本は、前房をしっかりつくりながら手術を行うことです。このため、もともと前房の浅い目だと、やや難度の高い手術になるといえます。高分子量ヒアルロン酸の使用など、工夫と熟練した腕が求められます。

 

★まとめ

 

●前房が浅かったり、隅角が狭かったりする目は、ハイリスク白内障に分類される可能性が高いです。

●浅前房と狭隅角の症例は、白内障手術の難易度を上げるだけでなく、緑内障の危険性も高めます。

●浅前房や狭隅角は、自分ではわかりません。眼科でしっかり検査をしましょう。

 

 

板谷 正紀

はんがい眼科 院長

 

はんがい眼科 院長 

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。
埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

https://eyeblog-hangai.com/

著者紹介

連載眼科院長がやさしく解説!「目」に関する不安を解決するための基礎知識

本連載は、「はんがい眼科 目のブログ」の記事を抜粋、一部改変したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧