天才だけが使っている「全脳」…子どもの潜在能力の引き出し方

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、子どもの潜在能力の引き出し方について見ていきます。

「潜在能力」に秘められた可能性とは?

すべての人は天才的能力を秘めているにもかかわらず、大人はその5%くらいしか能力を使っていないといわれています。とてももったいない話ですね。そして、この使われていない95%が「潜在能力」と呼ばれているのです。「潜在能力」を使うことができるか否かが、天才と呼ばれる人とそうでない人との違いなのです。

 

◆脳が持つ「無限の可能性」

 

しかし、脳が持つ天才的能力といってもすぐには想像できないかもしれませんね。まず、脳が持つ「無限の可能性」についてお話ししましょう。

 

脳のなかには少なくとも1兆にのぼるニューロン(神経細胞)が存在していて、個々のニューロンは、それぞれが最大10万もの別のニューロンと相互に結合し、つながりあっています。この結合数がいかに巨大なものであるかというと、モスクワ大学のピョートル・アノーキン博士は、

 

「あまりに大きいため、もし数字で表すとしたら、普通の大きさの文字を1050万kmも並べたほどの桁数になるだろう。このような膨大な可能性を持った脳全体を完全に使いこなせた人間など、いまだかつて存在したこともないだろう。私たちは脳の力の限界を知ることはできない。まさに無限である」

 

と述べています。つまり、人間の脳は我々が想像もできないような無限の可能性を秘めているというわけです。このほかにも、脳の潜在的能力を示すような例は山ほどあります。

 

[PR]本稿解説者が登壇!無料セミナー@幻冬舎(東京)
補助金「9割」⇒「10割」に!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力
~参加者には講師の新刊をもれなくプレゼント!

 

◆「右脳」+「左脳」=「全脳」

 

それでは、どのようにすれば脳の「潜在能力」を使うことができるのでしょうか。そのためには、右脳と左脳をつなぐケーブルを太くして「全脳」を使うことが必要だといわれています。

 

世界中の学校教育が学習方法についてほとんど時間を費やしていないのは、人類全体がこの脳の仕組みについてわかっていなかったためだといえます。

 

そもそも、右脳と左脳の機能が違うことが明らかになったのは1980年代のことで、この研究により、カリフォルニア工科大学のロジャー・スペリー教授はノーベル賞を受賞しました。

 

その後、カリフォルニア大学のエラン・ザイダル教授によって引き継がれ、いくつかの驚くべき結果が発表されました。

 

人間の左右の脳は脳梁と呼ばれる、複雑な神経線維の束でつながっていますが、生まれたときには、ほとんどつながっていません。これを精神活動により意図的に発達させると、相乗効果が生じて周りの領域の活動もすべて発達していくことがわかってきました。

 

つまり、右脳と左脳全体を統合するような脳梁上の配線を太く育成する環境が大切だということです。そして、これが「全脳」を使うということなのです。この「全脳」を開発するためには、幼児期の教育が最も有効だと考えられているのです。

「偉大な頭脳」の持ち主は全脳を使っていた

歴史を振り返ってみると、「偉大な頭脳」の持ち主は、「全脳」を使っていたということが分かります。

 

◆アインシュタインの発見と「全脳」

 

アインシュタインは、ある夏の日に丘の草原のうえでぼんやりしていて、まつげの間から入ってくる太陽の光に乗って宇宙の果てまで進んでいくことをイメージしているときに、時間や空間が通常と変わってしまうことを直感しました。

 

そして、彼はこの新しいイメージをもとに論理的な説明を加えて、相対性理論を完成させました。まさに、右脳と左脳の統合を行ったわけですね。彼の発見も潜在能力によるものであったわけです。

 

[PR]本稿解説者が登壇!無料セミナー@幻冬舎(東京)
補助金「9割」⇒「10割」に!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力
~参加者には講師の新刊をもれなくプレゼント!

 

◆ダ・ヴィンチの才能に見る人間の「無限の可能性」

 

脳の持つ潜在能力を使ったときの素晴らしい可能性を示す例として、レオナルド・ダ・ヴィンチもあげられます。

 

彼は、絵画、彫刻、一般科学、建築、機械、解剖学、物理学、気象学、地質学、工学、航空学などなど、様々な分野のすべてにおいて、当時最も優れた業績を残しました。また、どんな弦楽器を渡されても、その場で流麗な曲を作曲し、演奏してみせたそうです。

 

しかし、このような一見不可能と思えることでも、人間の誰しも持っている脳の潜在能力からすると、十分可能であるというわけなのです。

 

「この子はこの分野には才能があるが、ほかの分野には才能がない」

 

と考えてしまいがちですが、脳の力に限界がないとすれば、それはむしろほかの分野の才能はまだ眠っているだけなのかもしれません。

 

◆子どもの可能性は無限大

 

人間は誰しも、まだまだ使っていない天才的能力を秘めているのです。そう、子どもの可能性は無限大なのです。そのことをいつも心に留め、たくさん子どもを認めて褒めてあげてください。そして、たくさんの愛情を与えてあげてください。子どもは必ず、その天才的能力を開花させていきます。

 

 

大坪 信之

株式会社コペル 代表取締役

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧