目がかすむ、光がまぶしい…白内障が疑われる「5つの症状」

「モノがぼやけて見える」「目がかすむ」「光がいつもよりもまぶしい」など、気にはなりつつも、見過ごしてしまっている「目」についての悩みはないでしょうか。そんな悩みを抱えたままでは、日々の不安が募るばかりです。本連載では、白内障・緑内障・網膜剥離手術に強みをもつ、はんがい眼科・院長の板谷正紀氏が、眼病の症状やその対処法について解説します。

誰もがかかりうる国民的眼病「白内障」とは

目のかすみ”や“光をまぶしく感じてしまう”など、白内障によくある症状を自覚すると、「自分が白内障にかかったのではないか」と不安になるかもしれません。それらの症状が本当に白内障によるものかどうかは眼科で検査をしなければわかりませんが、もし白内障と診断されても、過度に心配する必要はありません。

 

白内障は手術によって完全に治すことができる病気なのです。それどころか、一緒に近視、乱視、老眼も治すことができます。今回は白内障について、症状や種類、治療法などの基礎的な知識をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

 

◆白内障は水晶体が濁る病気

 

白内障は目のなかの透明な組織である「水晶体」が濁る病気です。水晶体は外から入ってきた光を屈折させピントを合わせる機能を持っています。しかし、その水晶体が濁ることによって、目のかすみや光をまぶしく感じるといった症状が現れたり、ものが二重三重に見えたりします。進むと視力低下を招くようになります。

 

白内障の目
白内障の目

 

◆加齢により誰もがかかるようになる

 

白内障は程度の差はあれ、加齢により誰でもかかる病気です。アトピーなどがある方は40代でも発症します。60代では約70%の人に白内障の症状が見られ、80代になると実に100%の方がかかります。

 

なかには症状が軽い人も含まれていますが、加齢に伴うリスクの高さは一目瞭然です。高齢化が懸念されている日本において、白内障はまさしく「国民的眼病」と言えるでしょう。

 

 

◆世界では失明率第1位の病気

 

白内障は罹病(りびょう)率が高いだけではなく、世界では失明率が第1位の病気でもあります。ただしこれは、眼科医が不足している発展途上国で失明率が高くなっていることが影響していると考えられます。

 

眼科医がいても治療費が高額なため手術を受けられない、あるいは医師が標準的な治療を学ぶことができないなどで、患者が正しい治療を受ける環境が整っていないことが失明率の高さにつながっていると思われます。

 

 

◆日本で白内障による失明が少ない理由

 

日本国内での白内障による失明率は3%ほどで、非常に低くなっています。

 

これは最新の医療設備や優れた医療技術、高いレベルの医学教育が整っているおかげといっても過言ではありません。白内障は誰もがかかる可能性のある眼病ですが、一方で日本では失明に至らずに治療できる眼病でもあるのです。

 

◆手術により治療できる

 

白内障は手術によって治療が可能です。濁った水晶体は元に戻すことができませんが、水晶体を取り除き、人工の眼内レンズと入れ替える手術で治療する方法が普及しました。

 

2.4mm程度の手術創から手術ができ、痛みもなく短時間で完了する手術です。日帰りで受けることも可能です。ただし、一部に手術が難しいハイリスク白内障の目が存在しますので、その見極めと術前の準備が重要です。

白内障で起こりやすい「5つの自覚症状」

水晶体の濁りは、よほど進行しない限りは鏡で見てもなかなか見つけられませんが、初期でも見え方に異常を感じる自覚症状が現れます。白内障のよくある症状は以下の5つが代表的です。

 

①ものがかすんで見える

 

透明であるはずの水晶体が濁っているため、視界がすりガラスを通したようにかすんで見えるようになります。

 

かすみ目の見え方
かすみ目の見え方

 

②光がまぶしく感じる

 

濁りのせいで、目の中で光が乱反射するため、光をまぶしく感じるようになります。特に夜の街灯やネオンをまぶしく感じるようなら、水晶体に異常がある可能性が高いので眼科を受診してください。

 

実際の光を通常以上にまぶしく見える様子
実際の光が通常以上にまぶしく見える様子

 

③視界が薄暗く感じる

 

濁りのせいで光が十分に取り入れられず、光が強くない場所ではものが薄暗く感じられることがあります。特に暗い色の見分けが付きにくくなり、紺色や茶色の色合いの違いが分かりにくくなります。

 

④ものが何重にも見える

 

ものが何重にもダブって見えることは、水晶体乱視とよばれます。これは角膜が原因の角膜乱視とは区別されます。水晶体の濁りの強い部位と弱い部位が生じると回折現象が生じて発生するとされています。

 

角膜乱視の場合は、ものは縦や横に二重に見えることが多いのですが、水晶体乱視は三重以上にダブって見えることが多いのです。角膜乱視はメガネやコンタクトレンズで矯正できますが、水晶体乱視は白内障手術でしか治すことができません。

 

水晶体の濁りによる不正乱視では、月が3つ以上に見えることがあります
水晶体の濁りによる不正乱視では、月が3つ以上に見えることがあります。

 

⑤視力の低下

 

目のかすみのほか、近視が進む症状が出ることもあり、なかには何度もメガネやコンタクトレンズの度を変える方もいます。もし高齢になってから何度もメガネを買い替えているようでしたら、ただの老視だと断定せずに、眼科で白内障などの病気を調べる検査を行ってください。

白内障は原因別に種類が分けられる

白内障は原因別のほか、水晶体のどこが濁ったかによって「核白内障」や「皮質白内障」などに、また病気の成熟度によって「成熟白内障」や「過熟白内障」などに分類されます。

 

今回は、原因別に分類される白内障の種類についてご説明します。原因別の分類では、発生時期によって「先天」と「後天」の2つに大きく分けられ、さらに「後天」は「加齢性」「併発性」「外傷性」「薬剤性」などと細かく分けられます。

速やかな処置が必要な「先天白内障」

生まれてすぐに白内障の症状が現れることがあり、これは「先天白内障」と呼ばれます。その原因として、染色体異常や、母体が風疹にかかったために起こる子宮内感染などがあります。生後数か月たってから徐々に症状が現れることもあり、この場合は「発達白内障」と言います。

 

人の視力は幼児期に形成されるものです。もし赤ちゃんの瞳が白っぽく見える場合は、すぐに医師の診察を受けることを強くおすすめします。というのも、白内障によって外界の見え方が不十分だと、視力の発達が妨げられてしまい「弱視」を引き起こす可能性が高いからです。濁りが強い場合は、「弱視」を防ぐためにもすぐに手術が必要になります。

「後天白内障」は大きく4つに分けられる

生まれついて発症する先天白内障以外の白内障は、「後天白内障」とされます。後天白内障はさらに原因別に細かく分類され、「加齢性白内障」「併発性白内障」「外傷性白内障」「薬剤性白内障」などの白内障があります。

 

①加齢性白内障

 

白内障の原因として最もポピュラーなのが、加齢によるものです。長年にわたる紫外線や酸化ストレスによる影響のため、水晶体を構成するたんぱく質が変性してしまい、濁りを生じるようになるのです。これは、卵に熱を加えると、透明な液体部分が白くなってしまう現象に似ています。

 

加齢が原因のため、加齢性白内障は程度の差や症状を自覚する時期に多少の違いはあっても、すべての人がかかる眼病だと言えます。40代以降の方で、目のかすみや光のまぶしさなどを自覚したら、早めに眼科に相談しましょう。

 

②併発性白内障

 

他の病気が原因となって発症する白内障を「併発性白内障」といいます。中でも代表的なのは、「糖尿病」「アトピー性皮膚炎」「ぶどう膜炎」による併発です。

 

糖尿病」は、体内のインスリンの活動が弱まり血液中のブドウ糖値(血糖値)が上昇してしまう病気です。糖尿病にかかると水晶体に「ソルビトール」という特殊な糖が蓄積してしまい、そのせいで白内障が発症すると考えられています。糖尿病は「糖尿病網膜症」という恐ろしい眼病を併発することも多いため、糖尿病の方が目の異常を感じたら、水晶体だけでなく眼底なども含めてしっかりと目の検査をしておく必要があります。

 

アトピー性皮膚炎」は、皮膚のかゆみやただれが長期にわたって現れる病気です。特に顔にアトピーが現れる方に、白内障が発生することが多いです。その原因のひとつは、かゆみを抑えるために目の周囲を叩いてしまうため、その衝撃が蓄積して白内障になると考えられています。

 

ぶどう膜炎」は、ぶどう膜(虹彩[こうさい]、毛様体、脈絡膜を総称してこう呼びます)が炎症を起こしてしまう疾患で、目の充血、痛み、視力低下、光をまぶしく感じるなどの症状が現れます。持続すると白内障を併発します。他にも、炎症を起こした虹彩の瞳の部分が水晶体と癒着して目の中の水(房水といいます)の流れが遮断されて急性緑内障発作が起こる事もあります。

 

③外傷性白内障

 

外傷性白内障は、目に強い衝撃を受けることによって発症します。ボクシングなどの格闘技や、野球やサッカーなどの球技による事故などでの、目への強い衝撃が引き金となります。すぐに発症するのではなく、潜伏期間を経てから何年か後に発症することも少なくありません。

 

④薬剤性白内障

 

他の病気にかかった際に使用した薬などが原因となり起こる白内障です。代表的なものでは、ステロイドの使用による発症が挙げられます。ステロイドは「アトピー性皮膚炎」の治療で使用されることが多く、そのためアトピー性皮膚炎によって併発した白内障と区別がつきにくいことがあります。ほかには、緑内障の治療にも使われる「ピロカルピン」という点眼薬でも発症する可能性があります。

 

先天白内障に加え、後天白内障の「併発性白内障」「外傷性白内障」「薬剤性白内障」の原因は加齢によるものではありません。若年層でも発症するリスクは十分に考えられます。白内障は高齢者だけの病気と考えず、症状に心当たりがある場合は眼科への受診を検討してください。

白内障の手術について

◆手術内容と注意点

 

白内障を治療するには、手術を行う必要があります。現在、白内障手術として標準的なのは、濁った水晶体を超音波で乳化して吸引し、人工の眼内レンズに置き換える「超音波乳化吸引手術」です。

 

手術の手順としては、麻酔を行った後、水晶体を包んでいる薄い膜でできたふくろ(水晶体嚢[すいしょうたいのう]といいます)を円形に切開し、濁った水晶体の中身を超音波によって乳化させ、吸引して取り出します。

 

続いて、水晶体嚢の中に水晶体の代わりとなる人工の眼内レンズを入れます。眼内レンズは人体に適合しやすいアクリルやシリコンなどの素材が使われます。

 

白内障手術のプロセス
白内障手術のプロセス

 

手術時間も10分ほどと短時間である場合が多く、日帰り手術も可能です。1992年より単焦点眼内レンズを用いた白内障手術は保険適用となっています。その結果、少額の自己負担で手術を受けられるようになり、日本国内での白内障による失明率は3%程度に留まっているのです。

 

白内障は手術をすれば治り、失明のリスクはほとんどありません。しかし、だからといって放置し続けていると失明することもあります。白内障が進行すると、手術のリスクが高い「ハイリスク白内障」になる恐れや、日本国内で失明率第1位の眼病である「緑内障」を併発する恐れがあります。

 

そのため、白内障が見つかったら経過をしっかりみてもらい、仕事や生活に支障を感じたら先送りにせずに手術をおすすめします。

眼内レンズは「2タイプ」

白内障の手術に使用する人工の眼内レンズには、大きく分けて「多焦点眼内レンズ」と「単焦点眼内レンズ」の2つがあります。

 

このうち、保険が適用されるのが単焦点眼内レンズです。その名の通り、一点にのみ焦点が合うレンズのため手術後も眼鏡を手放せませんが、よく見えるようになり快適な日常生活を送ることができます。

 

一方、多焦点眼内レンズは遠いところにも近いところにもピントを合わせることができるレンズです。老眼から解放された快適な日常生活が実現します。特に、車を運転する方、スポーツをされる方、絵を描くことや写真撮影の趣味のある方、旅行が好きな方など活動的な方に向いています。

 

多焦点眼内レンズ「ファインビジョン」(PhysIOLより)
多焦点眼内レンズ「ファインビジョン」(PhysIOLより)

 

水晶体の病気は「濁って白内障」「硬くなって老眼」「大きくなって閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)」の3タイプがあります。どれも、加齢による水晶体の変性が原因となる病気です。

 

白内障の手術は、白内障を治療するだけでなく、閉塞隅角緑内障も予防できますし、多焦点眼内レンズを用いれば老眼も改善します。いわば、一石三鳥の手術なのです。

白内障手術は人生のリスタート

今までコンタクトレンズや眼鏡が手放せなかった人は、白内障手術により裸眼視力の回復が見込めるかもしれません。ずっと近視で悩んでいた人も、視力の矯正に不可欠な眼鏡やコンタクトレンズを手放すことができるのです。

 

また、白内障手術を行えば、緑内障にかかるリスクを減らすことも可能になります。世間一般では「白内障はお年寄りがなる病気」という認識があり、白内障になると気分が落ち込む人もいるようです。

 

しかし、白内障は誰にでも可能性がある非常にポピュラーな眼病であり、治療できる病気なのです。正しい知識を持ち、適切な処置を行えば、必要以上に恐れる病気ではありません。むしろ手術を行えば、それまで悩まされていた強度の近視や乱視などの視力に関する問題が解決する可能性もあり、文字通り「世界が変わる」体験に喜びの声を上げる人もいます。

 

白内障の手術は「人生のリスタートを切るための、きっかけのひとつ」。そんな風に考えることもできるのではないでしょうか。

 

★板谷院長のひとことアドバイス

 

白内障は長生きすれば、誰もが経験する病気です。黄斑に病気が無ければ白内障手術によりクリアな視力を取り戻すことができます。強い近視や乱視、さらには老視も治すことができます。治療により新たなビジョンを手に入れましょう。

 

★まとめ

●白内障は誰でもかかる可能性のある眼病です。

●白内障は原因別に「先天」と「後天」に大きく2つに分けられ、「後天」はさらに細かく分けられます。

●手術による治療が可能で、さらに手術をすれば閉塞隅角緑内障のリスクを予防でき、老眼や近視・乱視の改善も期待できます。

●症状がある際は、早めに眼科を受診して処置しましょう。

 

 

板谷 正紀

はんがい眼科 院長

 

はんがい眼科 院長 

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。
埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

https://eyeblog-hangai.com/

著者紹介

連載眼科院長がやさしく解説!「目」に関する不安を解決するための基礎知識

本連載は、「はんがい眼科 目のブログ」の記事を抜粋、一部改変したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧