認知症母の預金を使い込み!?「家族間の財産管理」の危ない実態

高齢になると判断能力が低下してしまい、望まないかたちで財産を失ってしまうケースは少なくありません。本記事では、「家族間の財産管理」の危ない実態を見ていきます。

親の介護費用を誰が出すかで険悪に

財産管理をめぐるトラブルは、赤の他人ばかりが引き起こすものではありません。むしろ、身内がトラブルの火種となり、他の身内を巻き込んでの大トラブルに発展するケースの方が多いのです。

 

〈事例1〉

 

A子さんは80代の女性です。認知症が進行して、自分の身の回りのことはもちろん、家族のことも認識できなくなり、人との会話も成立しない状態になったため、現在、介護付き有料老人ホームに入居しています。A子さんには夫と3人の娘がおり、ホームに入居する前は、夫、離婚して家に戻ってきた次女との3人暮らしでした。

 

A子さんの入居費は毎月30万円で、夫の年金から支払われています。夫は大学卒業後、一部上場企業に勤務し、定年まで勤め上げたので、夫が生きているうちはA子さんの入居費を年金でまかなうことができます。

 

しかし、父親と一緒に暮らしている次女は、気が気ではありません。それには2つの理由があります。

 

一つには、父親の方が先に死去した場合、遺族年金に切り替わって年金額が減るため、年金だけでは足が出てしまうこと。もう一つは、「父親まで施設に入ることになったらどうしよう」ということです。

 

両親には1000万円の預貯金がありますが、それを使い果たしたら、自分たち子どもが分担して、父親の年金では足りない分を補うしかありません。そこで、姉と妹に相談したところ、妹である三女から思いがけない答えが返ってきました。

 

「私はお金は出せない」

 

と言うのです。三女は子どもを連れて離婚しています。公的な資格を持った仕事に就いてフルタイムで働いている上に、結婚していたとき双方の親がかなりの額を援助して建てた家に住んでいることもあり、経済的にそれほど困窮しているとは思えません。

 

「私にばかり親を押し付けて、お金を出せないとは何ごと!」

 

と、次女は怒りを隠せません。

 

A子さんの場合、比較的入居費の安価な特別養護老人ホームに申し込みをしたときは、すでに1000人の予約待ちという状況でした。

 

公立学校の教師をしている次女が、「もうお父さんには、お母さんの介護は無理なんじゃないの? 私も今、仕事を辞めるわけにはいかないので、お母さんには施設に入ってもらいましょう」と何年も前から訴えていたのに対し、高齢の父親が「最後まで自分が面倒を見る」と頑として譲らなかったため、事前の準備もできず、対応が後手後手に回ってしまったのです。

 

どんなに父親が頑張っても自宅で面倒を見ることは不可能という状態になったとき、入居できる場所は、費用の高い民間の介護付き有料老人ホームしかありませんでした。

 

このように、夫婦の一方がすでに認知症を発症しているのに、もう一方が、

 

「そんなところに入れるのはかわいそうだ。家にいるのが一番いいに決まっている。自分が責任を持つから大丈夫」

 

と譲らず、子どもを困らせるというのは、よくあることです。

 

本来であれば、配偶者が認知症と診断された時点で、将来的に家で過ごすことができなくなったときのことを予測し、施設をあたっておいたり、費用をどこから捻出するか考えたりしておくべきでしょう。

 

特に、同居している子どもについては、他の兄弟たちよりも大きな負担がかかってきますから、特別な配慮が必要です。このケースでは、三女が家を建てるときに援助をしたことで、親の預貯金を大きく減らすことになりました。

 

そのこともあり、結果として親の面倒を見ることになった次女が、

 

「私が一番、貧乏くじを引かされている」

 

と憤慨するのも無理はありません。

 

現在、姉妹は音信不通状態になっています。両親が、自分たちの老後をしっかり見据えて対策を講じることを怠ったための悲劇といえるでしょう。

使い込みが発覚して、親子間で裁判沙汰に

「骨肉の争い」が起こるのは、相続のときとは限りません。親が生きている段階で、すでに「争続」の前哨戦が始まっていることもあります。

 

〈事例2〉

 

87歳のB子さんは、夫が亡くなった10年前から、長女の元に身を寄せています。

 

ところが、3年前から出ていた認知症の症状が1年ほど前から悪化したため、長女が面倒を見きれなくなり、兄である長男と妹である次女に

 

「うちだけで面倒を見るのは無理だから、3人で持ち回りにしてほしい」

 

と言いだしました。そこで長男が、「うちで面倒を見るから、母親の財産管理もさせてほしい。差し当たって、銀行通帳をこちらに渡してくれないか」

 

と提案したところ、長女は煮え切らない態度を取り始めました。

 

「通帳を紛失した」「最初から預かっていない」

 

など、言うことがコロコロと変わって一貫性がありません。

 

不審に思った長男が銀行預金の取引履歴を調査したところ、およそ3000万円あったはずの預貯金がほとんど引き出されていることが分かりました。

 

長男は、

 

「親の金を勝手に使うとは何ごとだ! これは横領だぞ!」

 

と長女をなじり、長女は、

 

「これは、私がお母さんからもらったお金なのよ。もらったお金をどう使おうと私の自由でしょ!」

 

と開き直ります。

 

肝心の母親はというと、認知症が進んでいて、すでに記憶が曖昧になっているため、事実関係が分かりません。

 

長女のことが許せない長男は、母親に裁判を起こさせてお金を取り戻すことを決意しました。

 

母親にお金があって、意識もはっきりしていて、自分で自分のことができるうちはいい顔をしていた長女ですが、認知症が進んできたら負担に感じ、「どうして自分だけが親の面倒を見なければならないの?」と半ば被害者意識を感じるようになったようです。

 

母親の預貯金を引き出したことも、親のお金を横領しようという気持ちからではなく、通帳を預かってお金を下ろしているうちに、何となく自分のお金のような気がして自由に使ってしまった、というのが本当のところでしょう。

 

親の面倒を見ていた子どもが、親のお金を使い込み、後で発覚して騒ぎになるのはよくあることですが、大抵の場合、はっきりとした悪意があってのことではありません。この長女のように、自分に大金があるように錯覚してしまうことがほとんどです。

 

だからといって、他の兄弟たちが納得できるはずもありません。親のお金の使い込みは、親が亡くなった後、遺産分割協議の際に発覚することが多く、問題がこじれると家庭裁判所の調停に持ち込まれます。そこでも解決できないときは、地方裁判所での裁判によることになります。

 

しかし、このケースでは親が生存中に発覚しているため、長女を相手に、長男ではなくお金を取られた母親が裁判を起こす、というかたちになります。

 

母親としては、同居している娘に気を許し、安心して全てを任せていたのでしょう。

 

年老いた母親には酷なことですが、その油断がこのような事態を招き、兄弟の間に大きな亀裂を生じさせ、母が娘を訴えるという悲しい結末を呼び起こしてしまいました。

 

当人たちは今、お金を取り戻す・返さないということで躍起になっているので、そこまで頭が働かないのでしょうが、これによって損なわれたのはお金だけではありません。親子間と兄弟間の信頼関係はもちろん、それぞれの兄弟の子どもたち、すなわちいとこ同士の関係まで損なわれかねないのです。むしろそちらの方が、よほど重大なのではないでしょうか。

 

子どもの数が減り、親戚付き合いが希薄になっている今、本当に大切にしなければならないのは身内との関係のはずです。自分で財産管理をすることが難しくなる前に、信頼のおける誰かに委託していれば、こうした事態を回避することができたはずです。それをしなかったことについて、母親に過失があったと言わざるを得ません。

老後の面倒を見てほしくて、養子を迎えて失敗

子どもがいてもあてにすることができない今、夫婦二人だけで年老いていくのは、心細さがつきまとうことでしょう。しかし、それが思わぬ落とし穴になることもあります。

 

〈事例3〉

 

子どものいないCさん夫妻には、特別にかわいがっている甥がいました。甥が結婚して子どもができてからは、Cさんの家の近くに住まわせ、本当の親子のように行き来してきました。

 

甥の妻・D子さんは、甥が不在のときでも子どもを連れて訪ねてきて何くれとなく気を使い、気軽に用足しをしてくれる行き届いた人で、Cさん夫妻は心からありがたいと思っていました。

 

ところが数年前、甥が40代の若さで病気のため亡くなりました。一家の大黒柱を失ったD子さんを気の毒に思ったCさん夫妻は、

 

「あなたもこれから心細いだろうし、私たちも実の子どもがいなくて将来に不安がある。もしあなたに私たちの老後の面倒を見てもらえるなら、養子になってもらえないか」

 

と持ちかけ、養子縁組をしました。

 

以後、それまで以上に親密な関係を築き、やがてC夫妻の夫が亡くなって、葬儀の一切をD子さんに任せることができたとき、C夫人はしみじみと、

 

「養子がいてよかった」

 

と思いました。

 

ところがその後、D子さんに預貯金はじめ財産の全てを管理されてしまい、自由にお金を使うことができなくなってしまったのです。

 

子どものいない老夫婦の心細さは、私にも想像がつきます。頼ることのできる若い人にそばにいてほしいと思うのも無理はないでしょう。

 

しかしこのケースに関しては、C夫妻のやり方に問題がありました。

 

D子さんを養子にして老後の面倒を見てもらう、というのは間違ってはいません。ただし、財産のことは分けて考えるべきでした。

 

「財産の一部をあげるから、その範囲で面倒を見てほしい」としておき、財産管理については信頼できる第三者に任せればよかったのです。

 

今や、実の親子関係すら変容してきている時代です。

 

「親だから」「子だから」という理由で、無条件に親の面倒を見ていた時代は過ぎ去り、親にはなるべく財産を使わせず、少しでも多く残してもらいたい、と考える子どもが増えてきています。

 

少々ドライすぎるかもしれませんが、親子の情と財産管理は別、と考えておいた方がトラブルを回避できるのではないでしょうか。

 

 

眞鍋 淳也

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員

一般社団法人社長の終活研究会 代表理事 弁護士/公認会計士

 

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員
一般社団法人社長の終活研究会 代表理事 弁護士
公認会計士

弁護士・公認会計士。南青山M’s法律会計事務所代表。芦屋大学経営教育学部客員教授。
1973年愛媛県生まれ。1995年一橋大学経済学部卒業。2006年成蹊大学にて法務博士号取得。1995年監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入社、上場企業の監査、M&A等に携わる。その後、会計事務所、法律事務所勤務等を経て2009年に南青山M’s法律会計事務所を設立。個人、企業にとって身近な法律問題はもちろん、税務問題、会計問題、それらが絡み合う複雑な問題についても、冷静に問題を分析し、依頼者にとって最も利益となる問題の解決方法を提案、実践している。著書に『ドロ沼相続の出口』『老後の財産は「任意後見」で守りなさい』(幻冬舎)、『今すぐ取りかかりたい 最高の終活』(青月社、共著)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本連載は、2015年11月25日刊行の書籍『老後の財産は「任意後見」で守りなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

老後の財産は 「任意後見」で守りなさい

老後の財産は 「任意後見」で守りなさい

眞鍋 淳也

幻冬舎メディアコンサルティング

昨今、高齢者を狙った詐欺や「争続」が新聞やテレビなどのメディアで盛んに取り沙汰され、老後の財産管理に対する不安が高まっています。高齢になると判断能力が低下してしまい、望まないかたちで財産を失ってしまうケースは多…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧