「フラッシュカード」が発達障がい児に与える好影響とは?

ADHDやASDなどの発達障がいの子どもたちは、世界中で様々な教育を施されています。その効果は千差万別であるため、子どもに合った最適な教育法を見つけることが大切です。本記事では、「フラッシュカード」が発達障がい児に与える好影響について解説します。

フラッシュカードで「ことばの発達」を促す

◆発達に偏りのある子どもの療育に効果的な「フラッシュカード」

 

筆者が運営している児童発達支援スクール「コペルプラス」の取り組みで行う「フラッシュカード」は、障害児教育の権威であるグレン・ドーマン博士が開発した「ビッツカード」を参考にしています。

 

ビッツカードは、ことばを添えて、絵や写真のカードを1枚1秒以下の高速で見せることにより、百科事典的な知識を教えるためのツールとして開発されました。

 

ビッツカードには、使う写真やカードのサイズに規定があるのですが、コペルプラスで行っている「フラッシュカード」はもっと自由に、子どもたちがおもしろそう!と目を輝かせてくれる素材を、バリエーション豊かにそろえています。

 

コペルプラスでは、「フラッシュカード」を非常に重要な取り組みだと考えていますが、それには以下の理由があります。

 

●事実を事実としてシンプルに教えられる

 

子どもは理屈でなく事実を学びます。

 

それは「りんごは赤くて丸いよ。食べるとおいしいよ」と説明するよりも、りんごそのものを見せて「りんご」と教えるほうが適しているということです。

 

もちろん、りんごの匂いを嗅ぎ、味を楽しみ、木になったりんごを見てわくわくする、といった経験は非常に大切です。

 

しかしそれは、「フラッシュカード」を見たからといって阻害されるものではなく、むしろ「りんご」を知っているからこそ、豊かになるとも言えるのではないでしょうか。

 

ことばは無数にあり、広い語彙は、ことばの発達において重要であると考えます。

 

●情報を明確に伝えることができる

 

日常生活において、子どもは多くのことばを耳にします。

 

そして、その場面にあるものを目にし、それを発する大人の口の動きを観察し、ことばを獲得していきます。

 

よく考えてみると、日常の雑多な環境の中で、自然とことばを獲得することは、まさに驚くべきスキルと言えます。

 

しかし、発達に偏りのある子どもたちは、雑多な環境から適切に情報を抽出することが難しく、ことばの発達がなかなか進まないことがあります。

 

「フラッシュカード」は、ことばをシンプルに伝えながら、その事物をシンプルに見せることで、視覚的、聴覚的な情報を明確に伝えることができます。

 

[PR]3月24日(水)13:00~、オンラインにてセミナー開催!

企業オーナー必見!
「長期安定」×「社会貢献」優良教育事業の全貌

>>詳細はこちら<<

 

◆1回5分「フラッシュカード」で楽しく学ぶ

 

コペルプラスで「フラッシュカード」を非常に重要な取り組みだと考えている理由は、他にもまだあります。

 

●高速スピードは幼児期に適した処理速度

 

幼児は思考力が未発達であり、論理的に考えて理解することは、得意ではありません。しかし、事実を高速でインプットし、処理することは非常に得意です。そして、インプットされた事実は、思考や様々な経験とつながり、蓄積されていきます。

 

コペルプラスの「フラッシュカード」は、すぐに記憶するために行っているのではありません。

 

事実を事実として、幼児期に適したスピードで大量にインプットすることで、それが蓄積され、日常の豊かな経験の中で、ことばとして表出されることを期待しているのです。

 

「フラッシュカード」を見せることにより、子どもが無気力になるのではないか、と心配される保護者の方もいらっしゃいますが、コペルプラスで行う「フラッシュカード」の時間は、1回の療育で5分程度であり、残りの45分は、豊かに指導員と関わることを重要と考えています。

 

しかし、たった5分ですが、その中には多くの事実があり、ことばがあります。

 

繰り返しますが、その場で記憶させ、言わせるために行っているのではありません。

 

子どもが、「フラッシュカード」で見たものを、ことばとして表出してくれるのであれば、それは副産物であると考えています。可能な限り楽しく、子どもがわくわくする取り組みとなるよう、カードの内容や見せ方に工夫を凝らしています。

 

ぜひ、多くの子どもたちに、「フラッシュカード」を楽しんでほしいと願っています。

瞳がキラキラと輝く「学べモード」を引き出す

◆学べモード~脳の発達のために~

 

“学べモード”とは、脳の基本的資質が形成される幼児期において、子どもが「おもしろそう!」「なんだろう、やってみたい!」と感じた時、自ら学ぼうとし、脳の発達を促進する状態をさします。

 

脳だけでなく、からだ全体が学ぶ体制になるため、目の瞳孔が30%開き、実際に瞳がキラキラと輝きます。

 

それは、たとえ発達に困難を抱えた子どもであっても、そうなのです。

 

療育という視点に立ったときにも、この“学べモード”は、非常に重要なポイントです。

 

いまできるようになってほしいこと、生活や学習の役にたつこと、そのようなことが、実際に成果として見えることは喜ばしいことです。

 

[PR]3月24日(水)13:00~、オンラインにてセミナー開催!

企業オーナー必見!
「長期安定」×「社会貢献」優良教育事業の全貌

>>詳細はこちら<<

 

しかし、目の前の子供が、“学べモード”にあるのかどうか、それはすぐには見えないけれど、子どもの脳の発達に大きな意味があるのです。

 

脳の基本的資質といえる“脳の配線”は幼児期に形成されます。

 

瞳が輝いていない状態、すなわち“学べモード”でないときには、脳も発達しようと配線を伸ばす状態になりません。

 

何かができるようになることは、子どもにとって喜びですから、それによって、瞳が輝くことは考えられます。

 

しかし、単純に、目の前の課題ができることを目標にするだけでは、脳の発達という視点から見ると、あまり意味がないこともあるのです。

 

「好きこそものの上手なれ」ということばがありますが、それは真実であり、脳が著しく発達する幼児期において、大切にしなければならない視点なのです。

 

 

株式会社コペル 有元 真紀

 

株式会社コペル 

幼児教室コペルは、専門講師によるテンポのよいレッスンと豊富なオリジナル教材で幼児期に学ぶ楽しさを教え、右脳教育をおこない、子どもの潜在能力を引き出します。0歳児から年齢に応じて、知育だけでなく心の子育ても大切にした幼児教育を行います。

著者紹介

連載社会で活躍する人物に!「発達障害」という個性を伸ばす子育て術

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペルプラス」の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧