高血圧との関係も…加齢が引き起こす「恐い目の病気」とは?

今回は、眼底出血、網膜剥離、眼瞼下垂について解説します。※いくら見た目年齢を若く保っても、「目の老化」は避けて通ることができません。50歳を過ぎれば、白内障や緑内障、加齢黄斑変性、眼瞼下垂など、加齢による目の疾患のリスクが上昇します。加齢による目の疾患は、症状が少しずつ進行するものも多く、気づいたときには取り返しがつかなくなるケースも少なくありません。本連載では、加齢によって生じる目の疾患について、医師がやさしく解説します。

高血圧、糖尿病がリスク要因となる「眼底出血」

網膜には毛細血管がはりめぐらされ、絶えず大量の酸素や血液を送り込んでいます。血圧が正常な状態のときは、網膜の毛細血管内では、血管壁の細胞が血液もれを防止する働きをしています。

 

ところが高血圧になると、血管壁の細胞の働きが異常をきたし、血液が網膜内に流れ出てしまうのです。また、毛細血管が血圧の高さに耐えきれず、破れてしまうこともあります。

 

これが高血圧による眼底出血です。

 

また、高血圧が長く続いて動脈硬化を起こしている場合、その症状が網膜にもおよび出血の原因となることがあります。固くなった動脈が静脈を圧迫し、静脈が詰まった結果、出血を引き起こすのです。

 

眼底出血を起こすと、新生血管という目によくない血管がたくさん生えた状態になります。これが破れるとさらに出血がひどくなるため、早めにレーザーを打って出血を止め、新生血管が破れないようにしなければなりません。

 

眼底出血したからといって、ただちに失明につながるわけではありませんが、放置しておいていいことは何ひとつありません。

 

高血圧や動脈硬化のある人は、定期的に眼科を受診するようにしましょう。

 

糖尿病の人がかかりやすい目の病気に、糖尿病性網膜症があります。糖尿病の人の血液には糖が多く含まれ、粘度の高い状態になっています。これが網膜の毛細血管を詰まらせ、コブを作るなどして、網膜の血流を悪くするのです。

 

そのため、本来大量の酸素や栄養を必要とする網膜に、これらを届けることができなくなり、血管そのものがもろくなっていきます。そして眼底出血や硝子体出血を引き起こし、視力障害の原因となって、最悪の場合には失明に至ることもあります。

 

内科への通院で糖尿病をコントロールしつつ、あわせて眼科も受診して常に病態を観察しておくことが大切です。

 

アトピー性皮膚炎、近視との関連性もある「網膜剝離」

網膜剝離は20代と50代に多く見られる病気です。

 

本来眼内にあるべき水分が、網膜に穴が開き裏側に回ってしまったことで、湿気で壁紙がはがれるように、網膜がはがれてきます。

 

初期症状は飛蚊症となって現れることが多く、そこから網膜剝離が広がると、目の半分だけカーテンがかかったように見えないなど、視野が欠けてきます。

 

飛蚊症の段階では、小さな穴が開いている状態なので、レーザーですぐに直すことができますが、網膜がはがれてくると手術が必要になります。

 

家族に網膜異常のある人がいるなど、遺伝的傾向がある人のほか、アトピー性皮膚炎を持っている人や、近視の人がかかりやすい傾向が見られます。

瞼が垂れ下がり、視力障害を引き起こす「眼瞼下垂」

眼瞼下垂は、加齢によって瞼の筋肉や皮膚がゆるみ、瞼が垂れ下がってくる病気です。若いころからハードコンタクトレンズを使い続けていた人でこの病気になる人は少なくありません。

 

放置すると視野が狭まり、視力障害が起こってきます。また外見的にも、他人に暗い印象を与えるようになります。

 

手術で下方に伸びた皮膚を切り取ったり、筋を短くしたりする治療を行います。

 

形成外科と眼科、いずれも手術を行っていますが、他の目の病気が隠されていることもありますので眼科での手術をおすすめします。

 

今は麻酔の技術も進歩していますし、炭酸ガスレーザーといういい機械が登場したので、手術時間が短く、患者さんの苦痛はほとんどありません。

 

ここまで、加齢によって起こりやすくなる目の病気についてご説明してきました。

 

続く連載では、こうした目の病気を放置するとどのようなことが起こるか、事例をもとにお話ししたいと思います。

 

佐藤 香

アイケアクリニック院長

医療法人トータルアイケア理事

アイケアクリニック銀座院副院長 医師

 

アイケアクリニック院長
医療法人トータルアイケア理事
アイケアクリニック銀座院副院長 医師

獨協医大越谷病院・眼科専門外来として、黄斑外来・緑内障外来・糖尿病レーザー外来・PDT外来・硝子体内注射外来等を担当しながら、栗原眼科にも勤務。
白内障や眼瞼、結膜疾患の手術を中心に担当。その後、八潮中央総合病院眼科医長として、白内障、眼瞼、結膜疾患だけでなく緑内障手術、網膜硝子体手術、硝子体内注射など幅広く手術も行いながら、外来診療では地域住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。

http://cataract.eye-care-clinic.jp/

著者紹介

連載「目の疾患」の基礎知識…加齢がリスクになる白内障・緑内障・加齢黄斑変性とは?

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧