独身、子のいない夫婦なら「死亡保障保険」は不要なのか?

本記事では、「死亡保障保険」加入の是非を見ていきます。

自分が亡くなったとき、経済的に困窮する人はいるか?

医療保険ばかりでなく、死亡保障の保険(生命保険)に関しても、ムダな入り方をしている例はたくさんあります。社会人で保険に入っている人は、たいてい医療保険と死亡保障の保険に入っているので、ここからは死亡保障の入り方を考えていきたいと思います。

 

最初に整理しておくと、死亡保障の保険で今多くの人が加入しているのは、「定期保険」「定期特約付終身保険」「終身保険」の3種類です。

 

そのほか、「養老保険」という保障と貯蓄機能を兼ね備えた保険もあるのですが、最近は利回りが悪化し、貯蓄機能が低下しているため、あまり人気がありません。したがって、ここでは除外しておきたいと思います。

 

定期保険とは、死亡保障がつく期間が60歳、あるいは65歳までなどと決まっている保険です。これに対し、終身保険は死亡保障が一生涯続きます。この2つを組み合わせた定期特約付終身保険は、保障が2階建てになっており、現役時代は手厚い保障が受けられます。定年後は保障が薄くなるものの、保障自体は一生涯続くという設計になっています。

 

医療保険でも終身タイプと定期タイプがありました。医療保険の場合は終身保険を選ぶ人が多いですが、死亡保障はまた異なります。というのも、定年になって年金生活に入り、子どもも社会人になってしまえば、その人が亡くなっても、経済的に困窮する人はいなくなるからです。つまり、医療保険と違って、加入しておく必然性が途中でなくなるのです。

 

大前提として、死亡保障を考えるときには、「あなたが死んで、誰が経済的に困るか」を想定しなければなりません。

 

独身の人の場合、親兄弟を養っている――などの事情がなければ、あなたが死んだときに悲しむ人はたくさんいても、お金の面で困る人はいないでしょう。ということは、独身の人が万一の事態に備えて準備すべきものは、ほとんどありません。強いて挙げるなら葬儀代くらいでしょうか。

 

ただ、平均的な葬儀代は、葬儀自体の費用や寺院に支払う費用、通夜や飲食の費用を含めて、大体200万~300万円程度といわれます。これくらいであれば、預貯金で備えることもできるでしょうし、もし預貯金がなくても葬儀代そのものを抑えることは十分可能です。

 

結婚している人でも、共働きで子どもがいなければ、遺された配偶者はそこまでお金に困らないでしょう。配偶者一人なら、働くことでいくらでも生計を支えることは可能だからです。

 

問題は、子どもがいる場合です。しかも、まだまだ手がかかる小さな子どもがいるときに、親のどちらかが亡くなったら大変です。

 

小さな子どもがいると、夫婦のうちのどちらか片方(多くの場合は妻)は、育児に割く時間がどうしても増えます。すると、フルタイムで残業もこなしながら働くようなことが難しくなり、共働きでガンガン稼ぐのは困難になります。そうなると、生活費から子どもの教育費まで、すべて夫頼みということになります。そのため、夫に万一のことがあったら、突然収入源がまったくなくなってしまいます。

 

夫が亡くなったときに、子どもがもう大学生くらいになっていれば、奨学金を頼って進学できるでしょうし、子ども自身にアルバイトなどで稼いでもらうこともできるはずです。そのため、家計に大打撃を被らずに済むかもしれません。しかし、子どもが幼稚園や小学生、妻は専業主婦という状態で、夫が亡くなってしまったら、遺族の家計はたちまち困窮してしまいます。

 

そう考えると、死亡保障が最も必要なのは、結婚していて小さな子どもがいる世帯ということになります。それ以外の人――独身の人や、子どものいない共働き夫婦(DINKsなどといいます)などは、とりあえず急いで死亡保障の保険を検討する必然性はないでしょう。

終身保険は「若いとき」に入れば掛け金は安いが…

実際は、独身や夫婦だけの世帯の人でも、死亡保障をつけている人は多いものです。そのような人に話を聞くと、「保険は若いときに入ったほうが、保険料が安くて有利だから」「(独身の人の場合)いずれ結婚するだろうし、保険料が安い今のうちに入っておいたほうがいいのでは」といった答えがよく返ってきます。

株式会社クレア・ライフ・パートナーズ 代表取締役社長
CLP International Ltd. プレジデント&CEO 

1983年、大分県生まれ。西南学院大学卒業後、日本生命保険相互会社入社。法人営業部門にて企業の福利厚生制度の構築に従事。2010年に株式会社クレア・ライフ・パートナーズを創業。2013年には香港現地法人としてCL PInternational Ltd.を設立。生命保険に偏重せず、効率の良い資産形成をテーマとしてファイナンシャルプランニング、ライフプランニングを行っている。

WEBサイト:http://crea-lp.com

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本連載は、2014年8月30日刊行の書籍『30歳からはじめる一生お金に困らない蓄財術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書は情報の提供および学習を主な目的としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、投資の際は必ずご自身の責任と判断で行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者および幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。本書に記載されているデータや法令等は、いずれも執筆当時のものであり、今後変更されることがあります。

30歳からはじめる 一生お金に困らない蓄財術

30歳からはじめる 一生お金に困らない蓄財術

工藤 将太郎

幻冬舎メディアコンサルティング

社会保障制度の財源が危ぶまれ、賃金格差が広がる今の日本にあって、これから結婚・子育て・マイホームの購入・老後を迎えようとする世代には将来のお金に対する不安が広がっています。 将来のお金が不安な時、たいていの人は…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧