藤井聡太七段も受けていた「モンテッソーリ教育」とは?

本連載は、モンテッソーリ教育を日本人向けにアレンジ・実践する乳幼児親子教室「輝きベビーアカデミー」代表理事の伊藤美佳氏の著書、『モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』(かんき出版)より一部を抜粋し、家庭で楽しく簡単にモンテッソーリ教育を実践する方法を紹介します。

ジョージ・ソロスも、ビル・ゲイツも、藤井聡太も…

いま、脚光を浴びているモンテッソーリ教育。アメリカではすでに著名人を多数輩出していることで有名ですが、日本では知る人ぞ知るという教育法でした。

 

ところが最近、将棋の藤井聡太さんが小さい頃からモンテッソーリ教育を受けていたことがわかり、日本でも注目を集めています。

 

私は幼稚園と保育園に計26年間勤務し、そのうちの9年間を代表として務めてきました。なかにはモンテッソーリ教育を取り入れている園もありました。

 

その後、0歳からの乳幼児親子教室「輝きベビースクール」や「輝きベビー保育園」を設立・運営し、これまでに1万5000人以上の乳幼児を教え、9000組の親子と接してきました。

 

こうした経験を通じてわかったのは、群を抜いて成績がよい子、スポーツですばらしい実績を残す子、大人になって仕事で活躍する人など、どの分野であっても才能を開花させる人は、親から抑圧されず、自分の意志を尊重してもらったということです。

 

子どもが持っている能力は、可能性に満ちあふれています。その能力を、人よりも秀でた才能に育てるため私が採用しているのが、ハーバード大学のハワード・ガードナー教授が提唱している「多重知能理論」です。

 

ガードナー氏は、「人の能力は、IQなどの単一のモノサシで測れない」「人間は誰しも複数の知能を持っている」と言い、言語的知能、論理数学的知能、音楽的知能など、人が持つ「8つの知能」をモノサシにしています。

 

私はこの理論をベースにして日本人向けにアレンジし、独自に1つの知能をプラスした「9つの知能」を構築しました。「9つの知能」を通じ、その子どもだけが持つ才能を多角的に引き出すことを目指しています。

 

モンテッソーリ教育では、小学校入学までにさまざまな場面で集中できる機会をつくってあげることで、集中力を最高レベルまで高めていきます。この集中力が、得意なことや好きなことを「誰にも負けない才能」に育てるためにとても大切です。

 

藤井総太さんが最年少でプロ棋士になれたのは、モンテッソーリ教育で培った驚異的な集中力を発揮したためではないでしょうか。

 

モンテッソーリ教育を受けた著名人は、ほかにもこんな人たちがいます。

 

●バラク・オバマ(前アメリカ大統領)

●クリントン夫妻(元アメリカ大統領と国務長官)

●ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)

●マーク・ザッカーバーグ(Facebook創設者)

●ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン(Google創業者)

●ジェフ・ベゾス(Amazon創業者)

●ジミー・ウェールズ(Wikipedia創業者)

●P・F・ドラッカー(経営学者)

●ガブリエル・ガルシア=マルケス(作家)

●ジョージ・クルーニー(俳優)

●アン・ハサウェイ(女優)

●ビヨンセ・ノウルズ(歌手)

●テイラー・スウィフト(歌手)

 

政治家、起業家、学者、作家、俳優、歌手・・・と、多種多様な才能を花開かせているのがわかります。

乳幼児期に「興味・関心」の対象に集中させる

では、才能を伸ばしてあげるには、いつ頃までに何をすればよいのでしょうか。

 

大切なのは、小学校入学までの乳幼児期(0~6歳)。この時期に、子どもがとにかく興味があるもの、関心を引くものに集中できる場面をつくってあげるのです。

 

「まだ早いのでは?」と思うかもしれませんが、このときの経験が大人になってから生きて、才能をぐんと伸ばしていきます。

 

なぜ、乳幼児期が大事なのかというと、子どもの能力は、小学校入学くらいまでに最も大きく成長するためです。

 

特に脳科学の分野では、3歳までに将来の能力を左右する脳の神経細胞のネットワークができあがると言われています。

 

この脳にとっていちばん大切な時期に、親がどのような経験をさせてあげられるかで、子どもが発揮できる能力は大きく変わってくるのです。

 

子どものとる行動は、根っこに「能力を伸ばしたい」という欲求があります。すべては、成長のため。

 

それが大人の目には「頑固」「いうことを聞かない」「話を聞いていない」「無謀なことに挑戦する」など、困った行動に映ることがあります。

 

私は、そんな悩みを、親御さんや教育者の方から聞く機会が少なくありません。

 

「しちゃダメ!」と親が子どもの行動を禁止したとき、子どもは怒ったり、泣き出したりすることがあります。これは、怒られたことが悔しいわけではありません。親は「わがままをいわないで」と思っているかもしれませんが、「もっと能力を使わせてよ!」「もっと能力を引き出してよ!」という子どもの切実な訴えなのです。

 

状況にもよりますが、小学校に入るくらいまでは基本的に「子どもに我慢をさせなくてもいい(子どもの意思を尊重する)」というスタンスでよいと考えます。

 

小学校入学までにさまざまな経験をし、物事に集中する習慣をつけることで、人生を力強く生きるための「土台」をつくることができるからです。

 

このようにお話しすると、「我慢させないと、自己中心的でわがままな子どもになるのでは?」と心配される親御さんもいます。

 

書籍『モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』でも例を紹介していますが、子どもの心が十分に満たされると、人の気持ちを考えられるようになりコミュニケーション能力も伸びていくので、心配はいりません。

 

これからAI(人工知能)が発達し、人生100年といわれる時代を豊かに生きるには、詰め込み教育による学力では太刀打ちできません。

 

どんな時代にも対応できるのは、「自分で考え、解決する力」「自分を信じる力」「豊かな人間関係を築くコミュニケーション能力」など普遍的な能力だと考えています。

 

まずはできることから始めていってください。

 

 

伊藤美佳

「輝きベビーアカデミー」代表理事

(株)D・G・P代表取締役

 

「輝きベビーアカデミー」代表理事
(株)D・G・P代表取締役

0歳から天才を育てる乳幼児親子教室「輝きベビーアカデミー」代表理事。(株)D・G・P代表取締役。幼稚園教諭1級免許。日本モンテッソーリ協会教員免許。保育士国家資格。小学校英語教員免許。NPO法人ハートフルコミュニケーションハートフル認定コーチ。サンタフェNLP/発達心理学協会・ICNLPプラクティショナー。日本メンタルヘルス協会認定基礎心理カウンセラー。

モンテッソーリ教育を実践していく中で、IQ以外の才能を見つけるハーバード大学教授の「多重知能理論」を取り入れ、日本人向けにアレンジしたオリジナルメソッド「9つの知能」を開発。子どもの隠れた才能を発見し、最大限伸ばす手法として、スクールでも取り入れている。現在、自身のスクールを運営し、ママ向けの子育て講座やインストラクター養成講座を開催するほか、保育園・幼稚園教員向けに指導を行うため全国を飛び回っている。

著者紹介

連載子どもの才能を伸ばす「モンテッソーリ教育×ハーバード式」メソッド

 

モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方

モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方

伊藤 美佳

かんき出版

「9つの知能」で子どもの才能を見つけ、「集中(フロー)状態」でぐんぐん伸ばす! 史上最年少プロ棋士・藤井聡太さんが幼児期に受けた教育として、一躍脚光を浴びた”モンテッソーリ教育”。 最も脳が発達する幼児期に受ける…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧