金利や担保も不要?「エンジェル投資家」から資金調達する方法

「資金調達」というと、起業家・経営者の多くは銀行等の金融機関を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、近年ではその方法も多様化しています。本記事では、「エンジェル投資家」を活用した資金調達の方法について、そのメリット・デメリットも含めて解説します。

資金調達に時間が必要、影響力が大きすぎると弊害も

エンジェル投資家から投資を受けるデメリットとしてまず挙げられることは、資金調達までに時間が掛かることです。

 

後述する「エンジェル投資家から出資を受けるための4つのステップ」を踏むには、早い人でも半年、普通は数年掛かるでしょう。ですので起業前、できれば会社員時代や学生時代から始めることが望ましいと言えます。もし既に独立・起業しているのであれば、他の融資方法で資金をつなぎながら、並行して「4つのステップ」を踏んでいくことです。

 

他のデメリットとしては、エンジェル投資家の影響力が大きすぎると弊害があるということです。ほとんどのエンジェル投資家は一定の距離を置いてくれますが、中には会社経営にまで首を突っ込むエンジェル投資家が存在します。金も出すが、口も出すという人たちです。そういう投資家に当たってしまうと、窮屈な思いをすることになります。

 

また株の割り当て率が高すぎるエンジェル投資家がいて、創業者の持ち株比率があまりにも低ければ、役員人事に影響を持たれるなど経営面の問題を抱えますし、会社売却をする場合には損をする怖れがあります。

出資比率を小さくしてエンジェルの影響を抑える

では、エンジェル投資家の影響力を大きくしすぎないためにはどうしたらいいのでしょうか。海外の著名なエンジェル投資家は、次のようにアドバイスしています。

 

「安易な投資を受けるのではなく、可能な限り自己資金運営できるようにしなさい。自己資金で運営をすれば、売却時に損をしないで済むのだから」と。

 

スタートアップは資金繰りに苦労しますが、自己資金で運営できれば、売却時に大きな資金が手に入ります。エンジェル投資家の投資を受ける際には、出資比率を大きくしすぎないように心がけ、資金以外のコネクションや知識、情報等を得ることを優先しましょう。

 

またエンジェルを募る際には、「尊敬できる人物」に限りましょう。尊敬できない投資家から支援が得られたとしても、経営で窮屈な思いをするだけです。

 

事前の取り決めも重要です。株価の配分や投資に関する約束事は双方に誤解のないよう、お互いが納得できるまで何度も、話し合うようにしましょう。

どんな企業でも「スタートアップ資金」が必要

どんな企業でも、スタートアップ資金が必要です。自己資金で全てまかなえればいいのですが、大半の起業家は目標額の4分の1から半分程度しか自己資金を用意できていません。そこで外部から資金を調達する必要が出てきます。その調達手段として、起業アドバイスも受けられるエンジェル投資は起業家にとってメリットの大きい方法です。

 

それでは、起業家がエンジェル投資家から資金調達を受けるためにはどうしたらいいでしょうか? 4つのステップをじっくりと踏んでいくことが重要です。それぞれを詳しく見ていきましょう。

株式会社ユービジョン 代表取締役

日本の企業の資金調達力を強化したいとの思いから、資金調達にまつわる情報を発信する「資金調達プロ」を開設・運営。2018年1月には「資金調達プロ」を東証一部上場企業に6億2000万円で売却に成功。
現在は複数の会社経営を行いながら、ウェイビー社など、金融メディアに対してのコンサルティング事業なども行っている。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

経営者が知らない 資金調達8つの方法

経営者が知らない 資金調達8つの方法

福田 拓哉

幻冬舎メディアコンサルティング

「あと1000万円あれば、息を吹き返せるのに・・・」 「300万円あれば、事業が始められるのに・・・」といったことはよくある話です。 こういうときに、いったいどうやって資金調達をしたらいいのでしょうか。 資金調達とい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧