▲トップへ戻る
未然に防ぎようがない?不動産投資の「管理トラブル」事例

本記事では、不動産投資の失敗につながる「管理会社や入居者とのトラブル」について見ていきます。

管理会社とのトラブルで50万円以上の損失が…

サラリーマン投資家の皆さんの話を聞いていると、実にさまざまな悩みがあります。

 

夫婦で不動産投資に取り組んでいるNさんは、共働きの奥さんと共有名義で購入した物件があり、自分は売りたいが奥さんは持ち続けたいと意見が割れてしまっていました。その物件は5年前に購入しており、今売ったら倍近い値段になることが分かっています。Nさんは今が売り時ということを知っています。

 

けれども普段物件の管理に関わっている奥さんからすると、せっかく満室で毎月キャッシュフローを生み出している物件を売りたくないという気持ちがあり、それもまた納得できる意見なので話が嚙み合わないそうです。

 

また別の例もあります。地方に区分マンションを所有しているFさんは管理会社と揉めていました。なんでも、3カ月の空室期間を経て入居が決まったのですが、たった1カ月で退去されてしまったそうです。それも物件の水回りのトラブルが原因だったのです。

 

Fさんとしては、入居の際に水回りチェックを怠ったのは管理会社の責任であり、2カ月も広告費を支払ったにもかかわらず退去されたうえ水回りの修繕費用もかかるのだから、せめて広告費は返金してほしいと管理会社に訴えました。しかし、「一度受け取った広告費は返せない」と言われ、管理会社とこじれてしまいました。このままではFさんは水回りの修繕費、空室の間の家賃損失、新たに入居者を入れるための広告費2カ月分を再度支払わなくてはいけません。合計すると50万円以上の損失となり、完全に赤字経営になってしまいます。

不動産投資には未然に防ぎようのないトラブルが多い

そのほか、2年前に地方でRC造の高利回り物件を買って喜んでいたWさんは、問題のある人ばかり入居して大変な目に遭ったそうです。なんでも入居者が窃盗をしたということで逮捕されて家宅捜査が入り、結局、その入居者が刑務所に入れられてしまいました。刑期を終えて所在が不明になり、滞納分の家賃は未回収です。

 

この物件はアルコール中毒になった入居者が2階から1階へ飛び降りる騒ぎがあるなどトラブル続きでした。ゴミ集積場が汚いと近所の住民からクレームがあったり、物件のベランダがハトのフンだらけになっている問題に悩まされたりと、トラブルは枚挙にいとまがありません。

 

不動産投資には、このような細かいトラブルが数多く潜んでいるものです。なんとか未
然に防ぎたくても、複数の人が住むアパート・マンションなどの集合住宅では対策が取り
にくいものです。

一般社団法人首都圏小規模住宅協会 代表理事

都心のワンルームマンションを販売する不動産会社にて業界経験を積み、2014年7月、独立し不動産会社を設立。2017年には自社ブランドマンションをリリースする。2018年度は業界の健全化を図る目的で「一般社団法人首都圏小規模住宅協会」を発足し、ビジネス面以外にも力を入れ、活動の幅を広げていく。

■一般社団法人首都圏小規模住宅協会運営サイト「不動産投資塾
 (https://ft-school.com/

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

 

不動産会社が書けない「有名大家」の裏話

不動産会社が書けない「有名大家」の裏話

小島 拓

幻冬舎メディアコンサルティング

メディアで喧伝される話は噓が9割! 不動産投資ブームの陰で暗躍する “ブラックな有名大家”を信じるな 昨今、サラリーマンの間で不動産投資がブームになっています。その陰に、実は「有名大家」の暗躍があることをご存じで…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧