コンサル料を取って自身の物件を押し売り!? 有名大家の悪質手口

本記事では、プロの不動産業者でありながら投資家の肩書きで商売をするといった、有名大家の「悪質な手口」を紹介します。

転売目的で不動産を購入するのは「宅建業法違反」

最近、不動産投資手法の一つとして「再生投資」が流行しています。

 

再生投資とは、長年メンテナンスされておらず、建物がボロボロで空室だらけの物件を格安で購入して、再生して高く売却する……という投資手法です。いってみれば、プロの不動産業者のやり方を個人の投資家がマネをしているだけで、特に目新しいノウハウではありません。

 

それがあたかも「すごいテクニック」のようにいわれています。物件が高騰している昨今でも、利回り10%以上や、場合によっては20%といった驚異的な高利回りで購入して、それを利回り7%~8%で売却するのです。

 

そもそも不動産を転売目的で購入するのは宅建業法違反です。周到な有名大家であれば、 宅建免許を取得して合法で売買しているケースもあります。コンプライアンスはクリアしていますが、宅建業として物件売買を手掛けていれば、それは投資家ではなくて業者です。

 

つまり、プロの不動産業者にもかかわらず、不動産投資家の肩書で商売をしているのです。特に元サラリーマン大家さんがリタイヤしてから業者に転身するケースが後を絶ちま
せん。

立場を偽り、自分が有利になる売買をするのは・・・

きちんと「プロの業者」であることを開示しているのであればまだしも、「あなたと同じ一投資家です。仲間ですよ」というふうに自分の立場を偽って、物件を自分が有利になるように売買するのは倫理的にどうかと思います。

 

このような悪質な手口を使う有名大家がいることを知ってください。くれぐれも、あなた自身が有名大家の出口になってはいけません。ひどい投資家になると、高額塾や有料コンサルティングでお金を取りながら、自身の物件を高く売りつけることすらあります。これでは二重に儲けさせているようなものです。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

一般社団法人首都圏小規模住宅協会 代表理事

1983年、東京都生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、不動産投資会社勤務を経て、2012年に独立し起業。2018年1月には業界の健全化を図る目的で、一般社団法人首都圏小規模住宅協会を発足。代表理事に就任。『「融資地獄」行き予防サロン』を設置して投資家の無料相談を受け付けるなど、あくまで公平・中立な立場から各方面に提言を行い、業界の健全化にむけて活動している。主な著書に『不動産会社が書けない「有名大家」の裏話』(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。

■一般社団法人首都圏小規模住宅協会運営サイト「不動産投資塾
 (https://ft-school.com/

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

不動産会社が書けない「有名大家」の裏話

不動産会社が書けない「有名大家」の裏話

小島 拓

幻冬舎メディアコンサルティング

メディアで喧伝される話は噓が9割! 不動産投資ブームの陰で暗躍する “ブラックな有名大家”を信じるな 昨今、サラリーマンの間で不動産投資がブームになっています。その陰に、実は「有名大家」の暗躍があることをご存じ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧