▲トップへ戻る
すでに賞味期限切れ!? 有名大家による「不動産投資」の成功話

サラリーマンの間で「不動産投資ブーム」が巻き起こるなか、「有名大家」のノウハウを真に受けて、不動産投資に失敗してしまった人は多くいます。そこで本記事は、業者の言いなりになって失敗しないために、不動産会社が教えない出口戦略の裏話を紹介します。

サラリーマン投資家は本来、インカムゲイン狙いだった

本連載は、不動産投資の「出口戦略」がテーマです。2015年くらいから有名大家を中心に「今が売り時」と盛んにいわれるようになりましたが、それまでは不動産の出口戦略としての売却は、有名大家にとって選択肢にありませんでした。

 

本来、サラリーマン投資家がおこなう不動産投資は、月々の家賃収入からキャッシュフローを得る投資(インカムゲイン狙い)であり、売却して利益を得る投資(キャピタルゲイン狙い)ではなかったのです。

 

また、融資が付きにくい市況が続いて、中古物件が売りにくい時期もありました。しかし、金融緩和でサラリーマンでも融資が受けやすくなり、不動産投資ブームが加速することで、プレイヤーである不動産投資家の人口も増えてきました。すると、安値で買っていた有名大家は所有物件を高値で売れるようになります。

「今が売り時」と言える人は、数年前に物件を購入済み

ここでなにが言いたいかというと、「今が売り時」と言える人は、数年前に物件を購入しているということです。したがって、これから不動産投資を始める人は、「数年前に買った物件が今年3倍で売れました」「出口まで考えてやれば、私みたいに成功できますよ」などのトークを信じてはいけません。すでに物件を所有している人の話を鵜呑みにして、「出口がある」と考えるのは危険です。

 

今多額の売却益を得ることができているのは、2009年のリーマンショック後に購入した人、もしくは2011年の東日本大地震後からその後のアベノミクス前後くらいまでに購入した人。これが現実です。

 

ただし、リーマンショックは100年に1度の金融危機といわれたように、そう頻繁に起こるものではありません。震災はまた起こり得る可能性がありますが、震災~政権交代~金融緩和という流れがありますから、同じような展開は期待できないでしょう。つまり、経験値を根拠にした彼らのいう出口戦略はノウハウではなくて、ただの自慢話であると認識しましょう。

一般社団法人首都圏小規模住宅協会 代表理事

都心のワンルームマンションを販売する不動産会社にて業界経験を積み、2014年7月、独立し不動産会社を設立。2017年には自社ブランドマンションをリリースする。2018年度は業界の健全化を図る目的で「一般社団法人首都圏小規模住宅協会」を発足し、ビジネス面以外にも力を入れ、活動の幅を広げていく。

■一般社団法人首都圏小規模住宅協会運営サイト「不動産投資塾
 (https://ft-school.com/

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本連載は、2018年1月16日刊行の書籍『不動産会社が書けない「有名大家」の裏話』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

不動産会社が書けない「有名大家」の裏話

不動産会社が書けない「有名大家」の裏話

小島 拓

幻冬舎メディアコンサルティング

メディアで喧伝される話は噓が9割! 不動産投資ブームの陰で暗躍する “ブラックな有名大家”を信じるな 昨今、サラリーマンの間で不動産投資がブームになっています。その陰に、実は「有名大家」の暗躍があることをご存じで…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧