▲トップへ戻る
収益物件の売却・・・不動産業者を選ぶ際のポイント

前回は、コンサルティング料を取って自身の物件を押し売りするといった、有名大家の「悪質な手口」を紹介しました。今回は、不動産業者を選ぶ際のポイントを見ていきます。

会社の規模やブランドだけで判断するのは避ける

最後に、物件を売却する際、どのような視点で業者を選ぶべきか解説します。

 

不動産会社には大手もあれば、収益専門の会社、地場の会社までさまざまですが、大手だからといって安心できるわけではありません。

 

 

というのも、同じ業界にいる私が言うのもなんですが、不動産業界は離職率が非常に高く、名の知れた会社であっても経験が乏しい営業マンがたくさんいるものです。別業界から転職したばかり、または不動産投資の知識が少ない人もいます。なかには有名大家と手を組んでいる業者もいます。一方、規模が小さな会社でも、経験豊富なベテランだけで構成されているところもあります。

 

また、ひとくちに不動産会社といってもさまざまな種類があります。会社によって、マイホームやテナント、オフィスや駐車場など、取り扱う不動産も異なります。また、賃貸の客付(賃貸仲介)から管理会社、売買仲介会社、収益専門であっても新築の区分マンションを売る会社もあれば中古専門の会社もあります。1棟物件でも、土地から新築アパートを建てて売る会社、中古を売る会社、そのなかで売買仲介専門の業者もいれば、賃貸管理までワンストップでおこなう業者、また、売買仲介ではなく中間省略という手法を使って売却する不動産会社もあります。

 

ですから、会社の規模やブランドだけで判断するのは避けてください。まずは、自分が所有する物件タイプ専門の業者を選ぶのが大切です。

金融機関とのパイプや、顧客ルートの豊富さがポイント

加えていえば、投資家がその物件を売却するのは、タイミング良く買えて利益が出たような場合を除くと、なにかしらの理由があるもの投資家本人の事情ではなく、物件にトラブルやリスクがある場合もあるわけです。

 

つまり、その問題を解決できたり、物件を売ることができる金融機関のパイプがあったり、買主となる顧客ルートをたくさん持っていたりする業者が良いといえるでしょう。

 

 

真実に気づいた読者への警告

 

●不動産投資の出口戦略は 市況に左右されるもの そんなに簡単に儲からない

●中古のRC造物件には融資がつきにくく 売却しにくい物件もある

●築古のRC造物件は融資を受けにくく 建替えも更地にして売却するのも難しい

一般社団法人首都圏小規模住宅協会 代表理事

都心のワンルームマンションを販売する不動産会社にて業界経験を積み、2014年7月、独立し不動産会社を設立。2017年には自社ブランドマンションをリリースする。2018年度は業界の健全化を図る目的で「一般社団法人首都圏小規模住宅協会」を発足し、ビジネス面以外にも力を入れ、活動の幅を広げていく。

■一般社団法人首都圏小規模住宅協会運営サイト「不動産投資塾
 (https://ft-school.com/

著者紹介

連載不動産会社が教えない、投資用不動産「出口戦略」の裏話

 

不動産会社が書けない「有名大家」の裏話

不動産会社が書けない「有名大家」の裏話

小島 拓

幻冬舎メディアコンサルティング

メディアで喧伝される話は噓が9割! 不動産投資ブームの陰で暗躍する “ブラックな有名大家”を信じるな 昨今、サラリーマンの間で不動産投資がブームになっています。その陰に、実は「有名大家」の暗躍があることをご存じで…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧