健康住宅の建築・・・床下に炭を埋設する「イヤシロチ」の問題

今回は、健康住宅区の工法としてよく行われている、床下に炭を埋設する「イヤシロチ」の問題を見ていきます。※本連載は、住医学研究会名誉顧問・ウエッジグループのオーナーの澤田升男氏の著書、『新版 住宅展示場では教えてくれない本当のこと。』(株式会社ザメディアジョン)の中から一部を抜粋し、本当に良い家を見極めるポイントを紹介します。

健康住宅の代表的な工法だと考えられていたが・・・

炭を床下や地面に埋設する「イヤシロチ」という方法も、健康住宅の代表のように考えられています。

 

実は、私の家の地面にも大量に埋炭されています。2軒目の家を建てた頃は、イヤシロチなるものが流行ったことで、何の根拠もなく大量に炭を地面に埋めたのです。埋めたことによって何か問題が出たのかといえば、途中から入れれば分かるかもしれませんが、新築時から入っていたことで、正直、良いも悪いも分かりませんでした。

 

しかし、その後、放射エネルギーの勉強をするようになり、人体に悪いということが分かったのです。もちろん、炭は多孔質のため、調湿もしますし、料理をする時に用いれば遠赤外線効果から食材は美味しくなりますが、中国の陰陽道でいうところの極陰のため人体には悪い影響を与えるのです。

 

それが実際にどのような結果を招くのかといえば、人の体温を奪うのです。私自身も2軒目の家に入居前は、平熱が36.5℃だったのですが、入居した半年ほどで36.2℃に下がってしまったのです。

 

また、埋炭の家に住んでおられる方を調査したところ、やはり基礎体温が低い方が多数だったのです。しかも、極陰であることから、陰陽のバランスが崩れ、精神的に問題を起こす方も多いことが調査により分かったのです。

 

床下への埋炭は、しないのが賢明!?

こうした人体への悪影響を知った私は、良いエネルギーにするためにさまざまな細工をしたのです。結果として悪い炭のエネルギーを上回ったことで、私の体にも変化が現れたのです。

 

その変化とは、著しく下がってしまった体温が、37℃にもなり、以前よりも高くなったことで、ここ10年近く風邪一つ引かないほど丈夫になりました。

 

こうしたことからも、炭を住まいに取り入れるのはタブーなのです。ただし、ホメオパシーのように、微量な炭を波動計算した上で埋設するのは、良いエネルギーとなることもあるのですが、一般的には、そうした計算ができるには、私のようにエネルギーの勉強をしないと難しいことから、あまりお勧めはできません。結論として埋炭は、しないのが賢明なのです。

住医学研究会名誉顧問
ウェッジグループオーナー

1963年、岐阜県の工務店の2代目として生まれる。大学で建築工学を学び、卒業後、ゼネコンに入社するが、家業を継ぐため1年で退社。23歳にして沢田建設株式会社の経営を引き継ぎ、年商4000万円の会社をわずか3年で年商10億円まで成長させる。その後、全国に「本物の家造り」を広めたいという思いで、自然素材のパッケージ住宅やオリジナル工法「ダブル断熱」などを提供する株式会社オーパスを設立。全国の工務店にノウハウや資材を販売するほか、営業サポートなどを行い、全国のお客様に会員工務店を通じて「本物の家造り」を提供。設立後、わずか7年でオーパス会員工務店800社まで育てる。2007年に上場企業に売却後、現在は建築業界だけでなく、幅広く異業種に向けてのコンサルティングも行っている。

著者紹介

連載住宅展示場では教えてくれない「本当の健康住宅」を見極めるポイント

 

 

新版 住宅展示場では教えてくれない本当のこと。

新版 住宅展示場では教えてくれない本当のこと。

澤田 升男

ザメディアジョン

住まいの新築やリフォームを検討する時、新聞やテレビCMでよく目にしている会社や国の補助金や優遇制度の対象となる住宅など、知名度が高く、しかも国の認定基準を満たしていると聞くと、「それなら安心」と納得し、選択肢に加…

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年6月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年6月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年06月23日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年06月23日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年7月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年7月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年07月03日(火)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年07月03日(火)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧