▲トップへ戻る
景気の予想・解明を行う、「エコノミスト」たちの正体

今回は、景気の予想・解明を行う「経済学者」「予想屋」「市場予想屋」「トンデモ屋」について解説します。※本連載は、わかりやすい経済解説で知られる久留米大学商学部教授・塚崎公義氏の著書、『経済暴論』(河出書房新社)の中から一部を抜粋し、普段なかなか報道されない、日本の景気と財政の実態について解説します。

重視する点が違う、「経済学者・予想屋・市場予想屋」

景気の話をする人は大勢いて、誰もが自分のことを「エコノミスト」と呼んでいますが、彼らは経済学者、予想屋、市場予想屋、トンデモ屋の4つに大きく分類できます。ちなみに筆者は、「予想屋」です。

 

まず、経済学者は、理論の正しさを追究する人です。経済学理論は、緻密(ちみつ)な前提を置き、そこから理論的に経済の動きを解明していくもので、数学にも似た美しさがあり、勉強すると頭がよくなるので、お勧めの学問なのですが、残念なことに、実際には使えないのです。それは、「人々が合理的に行動すると仮定すると」といった、極端に単純化した前提に立っているからです。

 

経済現象は複雑ですから、「まずは人々が合理的に行動すると仮定して理論を構築したうえで、合理的でない場合はどこを修正するか、あとで考えよう」という手順を踏みつつある段階です。100年ほど待てば、心理学との共同研究なども進み、「使える学問」になると期待しているのですが・・・。

 

実際の経済は経済学者が考えるとおりには動きません。そこで筆者のような予想屋は、経済学のなかで使えそうな部分は使いますが、基本的には「長年の経験と勘」を重視します。経済学者は予想屋を「経済学理論を知らない勘ピューター」とバカにしますが、予想屋も「経済学者は理路整然と間違える人々だ」と反論します。

 

予想屋は、幅広い経済指標を眺(なが)めながら、景気が動くメカニズム(前項参照)を考えながら、景気の先行きを予想するのが仕事です。一方で、市場予想屋(マーケット・エコノミストと呼ばれることが多い)は、株価や為替レートを予想するために景気の話をする人々です。彼らが予想屋と大きく違うのは、金融政策などに異常に関心を示し、一喜一憂することです。

 

市場参加者(投資家)は、ほかの市場参加者が注目している物に注目する必要があります。ケインズの「美人投票」でほかの審査委員が候補者のスタイルに注目しているときに、自分だけ顔に注目していては勝ち目がないからです。具体的には、市場で日米の金融政策、米国雇用統計(および日銀による企業短期経済観測調査、通称日銀短観)への注目度が高いため、市場予想屋の顧客もそれらに関心が高く、したがって市場予想屋の書き物はそれらに関する記述が異常に長くなります。鉱工業生産指数や輸出数量指数が発表されても市場が動かないのであれば、それらについてコメントしても誰も聞いてくれないからです。それに対し、予想屋は幅広い指標にまんべんなく目配りをすることは当然ですね。

 

もうひとつ、市場予想屋は一喜一憂します。統計が出たり中央銀行総裁が発言したりすると市場がすぐに反応しますから、顧客に対してすばやく情報を提供する必要があるわけです。一方で、予想屋は、「経済指標は振れるので、景気の大きな流れをじっくり観察するには一喜一憂しないことだ」と教育されていますから、性急な反応はしません。

 

そこで予想屋は、市場予想屋を「雨が降り始めると洪水が心配だと騒ぎ、雨が止むと水不足が心配だと騒ぐ」とバカにしますが、市場予想屋は、予想屋を「堤防が決壊してから洪水が心配だと言い始める」と言い返します。

景気悪化の予測を唱えるばかりの「トンデモ屋」

最後は、トンデモ屋です。「世界経済は破滅する」といったトンデモ話をし続けるのです。筆者は彼らを「止まった時計」と呼んでいます。彼らは景気を予想しているのではなく、景気が悪くなりそうな材料を探してくるだけです。景気が悪くなる材料(及び悪いことが起こる可能性)を挙げることは簡単です。良くなる材料との綱引きの結果を予想するのが難しいのです。

 

景気が良いときには、彼らは景気討論会に呼ばれます。全員が楽観的だと討論会にならないので、悲観論者が必要だからです。そして名を売り、本も売ります。加えて、世の中には「悪くなる」という話を聞きたがる人が一定数いますから、彼らが固定客となってくれるでしょう。さらには、景気はいつか悪くなりますので、その際「私が以前から予想していたとおり景気は悪化しました」といえばよいのです。

 

悲観論を言い続ける人がいるならば、楽観論を言い続ける人もいるはずです。もっとも、こちらは容易ではありません。「こんなリスクがある」というのは、話が面白くできますし、リスクに気がつく賢い人だという印象を与えることもできますが、「リスクはあるが大丈夫だ」というだけでは、話が面白くありませんし、マスコミにも呼ばれにくいですから。

 

[図表]

久留米大学商学部 教授

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。
著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。
趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載メディアが伝えない「景気と財政」の実態

企画・編集:株式会社夢の設計社

 

経済暴論

経済暴論

塚崎 公義

河出書房新社

「トランプ大統領は日本経済にとってプラス」「勤勉と倹約が不況を長引かせる」…経済の話を“極論と暴論”で面白がりながら学ぶ本! 教科書はもちろんのことニュースや新聞でも知ることができない“経済の裏のウラの真実”と…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧