担保評価と収益性から見た「ブルーオーシャン物件」とは?

前回は、不動産投資における「ブルーオーシャン戦略」において、まず狙うべき物件について解説しました。今回は、担保評価と収益性から見た「ブルーオーシャン物件」を見ていきます。

ブランドエリアにあるキャッシュフローが多い物件

前回の続きです。

 

●都内23区や政令指定都市などのブランドエリアにあるキャッシュフローが多い物件

 

都内23区や政令指定都市などの良い場所にあるにもかかわらず、物件の担保評価が低くキャッシュフローが多い物件です。融資が受けにくいことから競合が少なく、チャンスが多い物件といえるでしょう。

 

ただし、購入するためには多額の自己資金が必要です。こうした物件を私は「不動産投資におけるブルーオーシャン」と定義づけています。一棟目からこのような物件を買うためには多くの資産が必要となりますが、買い進めをして規模を拡大しながらキャッシュフローを蓄積することで、このステージに立つことができると考えます。

 

ライバルが少ない中で、ある程度の現金を使って好立地のキャッシュフローが残る物件を購入すれば、自己資本比率も高まり骨太の投資が行えます。買い進めのステージにいる投資家には、この「ブルーオーシャン戦略」を強くおすすめします。

 

資産価値を重視した物件購入法は、地主・資産家向き

●都内23区内中心部や政令指定都市など中心部のブランドエリアにあるキャッシュフローが少ない物件

 

同じ都内23区や政令指定都市でも、より中心部のブランドエリアなどの立地にこだわると、物件の担保評価の低さに加えてキャッシュフローも低くなります。多額の現金を使って購入する上に、キャッシュのリターンも少ないとなると、これは投資というより「節税目的」の購入方法。こうした資産価値を重視した物件の買い方を行うやり方は地主や資産家に多く、サラリーマンの方には向きません。

 

[図表]圧倒的な利益を生み出すブルーオーシャン戦略

株式会社センチュリオン作成
株式会社センチュリオン作成

 

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載不動産投資「超」圧勝法…物件買い増しで賃料収入大幅アップを図るテクニック

株式会社センチュリオン 実業家

京都府京都市出身の実業家。大学卒業後、大手IT企業の営業職を経験。その後、投資用不動産専門ベンチャー企業に転職。
2008 年11 月、渋谷区にて株式会社センチュリオンを設立。同社は、設立以来300 棟以上の投資用不動産を投資家へ提供し、投資家の資産形成を行ってきた。「不動産投資の成功人口を増やす」ことをミッションとして、投資家に対する無償の情報公開も積極的に行っている。自らも多くの収益物件を持つ投資家。現在は、複数の会社の経営や事業への投資を行い、幅広く活躍している。

株式会社センチュリオンHP:http://www.cent.co.jp/

著者紹介

300勝0敗! 不動産投資「超」圧勝法

300勝0敗! 不動産投資「超」圧勝法

西川 将史

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資ブームに乗り切れ! 熾烈なライバル争いを制する「圧勝法」とは。 不動産投資市場のバブル化。そう呼ばれるほどにまで注目を集め、年々拡大を続ける不動産投資市場。2020年東京オリンピックの開催に伴い、地価の高…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧