しばらく続く!? 「AI導入を表明した企業」の株価上昇の流れ

今回は、AIの導入を表明した企業の株価について考察します。※本連載は、足立公認会計士事務所代表・足立武志氏、フェアトレード株式会社代表取締役・西村剛氏、フェアトレード株式会社調査本部アナリスト・田村祐一氏監修のMOOK、『勝ち組だけが知っている! 株暴騰の法則』(スタンダーズ株式会社)より一部を抜粋し、株式市場において実際に株価を動かしたと考えられる「テーマ」を取り上げ、解説していきます。

今後、AIは「あらゆる分野」へと組み込まれていく

前回の続きです。

 

AIが持つ可能性は未知数です。それだけに、いろいろな分野に組み込まれていくと考えられます。

 

たとえば、最近よく話題となる自動運転車は、周囲の状況を判断して運転そのものをAIが行ってくれるようになるといいます。すでに高速道路の単一車線など、一定の条件の下で自動運転を行う技術は実用化されています。いずれ市街地での運転も自動で行われる日がくるでしょう。

 

工場で使われている機械を自動制御するAIや、介護・医療の場面で役立つAIなどによって、さらに効率・効果がアップするということも考えられます。

 

受付業務やコールセンター業務など、すでにAIが利用されつつある分野も出てきています。

 

AIが進歩することによって、一部の仕事はAIに取って代わられてしまうという話もあり、失業者が増えるのではないかと危惧されているほどです。

 

すでにAIは日本に限らず、全世界的なテーマになっていて、何かしらAIを導入したという会社の株はおおよそどこでも幅広い上昇を見せています。逆に、AIを導入できない、あるいは導入しようとしない会社の株は相対的に下落していくことも考えられるのです。

 

これからも独創性あふれるAIを開発・発表した会社の株が上昇するという流れはしばらく続くものと思われます。

 

 過去のデータ 

 

コムチュアはAIを活用したビックデータ・クラウド解析に強み。ソケッツは独自のAI技術によるディープラーニングの研究が進む。

 

[図表1]コムチュア(3844)

 

 

[図表2]ソケッツ(3634)

 

 

 関連用語 

 

シンギュラリティ

人工知能が人間の能力を越えること。日本語では技術的特異点と呼ばれる。シンギュラリティが起こると人工知能の思考に人間がついていけなくなり、人々の生活や社会が大きく変化してしまうと考えられている。

足立公認会計士事務所 代表
公認会計士

公認会計士としての視点を生かした決算書の読み方や投資に役立つ決算書の活用法に詳しい。著書も多数。

著者紹介

フェアトレード株式会社 代表取締役

機関投資家出身で統計データを重視。株-1グランドチャンピオン大会では+150%以上の利益を出し三連覇。

著者紹介

フェアトレード株式会社 調査本部アナリスト

統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。

著者紹介

連載株式市場を動かす「テーマ」を知る…勝ち組だけが知っている株暴騰の法則より

本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、監修者、執筆者、製作者、スタンダーズ株式会社、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

 

 

勝ち組だけが知っている! 株暴騰の法則

勝ち組だけが知っている! 株暴騰の法則

足立 武志,西村 剛,田村 祐一

スタンダーズ株式会社

●明日上がる株が今わかる! 「新たな経済指標が発表された」「企業が決算を発表した」「テクニカル指標が○○になった」など、 株式投資をしているとさまざまなニュースが飛び込んできます。 そうしたニュースによって株価…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧