特集 アメリカ不動産投資

アメリカ不動産投資

近年、富裕層の間で注目を集め、実践する人も増えている海外不動産投資。世界経済の先行きが不透明な中、資産防衛を第一に考える方々にとっては、アメリカの不動産がやはり有力な投資対象となっている。先進国でありながら増え続ける人口と、それがもたらす堅調な住宅需要。不動産の取引環境も世界トップクラスの透明性を持ち、中古マーケットが成熟しているため、売却という出口戦略も立てやすい。もちろん、すべてが米ドル建て――。本特集では、現地在住のスペシャリストたちが、米国不動産の最新事情と、実際の投資する際のポイントを詳しく紹介する。

トランプ・ワイキキのオーナー向けレンタルプログラムの詳細
谷貝 亮
約80%のオーナーが利用しているレンタルプログラムTrump International Hotel Waikiki Beach Walk(以下Trump Waikiki)やThe Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach(以下 Ritz Waikiki)等のホテルレジデンスの購入後にはご自身の別荘もしくは住居にする選択、ホテルとレンタル契約を締結し、自分がハワイに滞在しない間はホテルに貸し出すという選択、また、ホテル側が許可する第三者のレンタル会社を通してのレンタル契約をするという選択、という3つの選択肢がありま…
ハワイのホテルコンド「イリカイ」、新たな分譲に入札が殺到
谷貝 亮
全39室の販売に購入オファーは350件以上本連載第22回でご紹介したIlikai Apartment Building(以下Ilikai)の2階部分の分譲販売の入札が予定どおり、2016年3月31日を持って締め切りとなりました。売主側からの情報によると今回の2階、全39室の販売(243号室、244号室の2Bedroomは今後販売予定)に対し、売主の想定を大きく上回る350件以上のオファーが入ったようです。   ただし、350人の方が入札に参加をしたということではなく、興味のある部屋であれば何件でもオファー…
ハワイ不動産に存在する5種類の「所有名義」とは?
谷貝 亮
相続まで考慮して決めたい不動産の「名義」不動産購入の際、所有名義を決める必要があります。ハワイ州の不動産所有名義には下記5種類がありますので、それぞれの名義についてご紹介します。  ①個人名義(Tenancy In Severalty)日本の個人名義と同様、一名で所有する方法になります。既婚者の場合は配偶者の名前がDeed(権利証)に明記される場合がありますが、これは同姓同名の方との識別するために明記されます。また、名義人が亡くなられた場合にはアメリカで遺言検認…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧