書籍詳細

『絵(エッ)、6億円が100億円に―美術品の経済的価値を問う』

絵(エッ)、6億円が100億円に―美術品の経済的価値を問う

三浦 利雄

出版社名:ギャラリーステーション

発行年月:2017年3月

「芸術の普遍的価値よりも、金融商品としての作品の方が、より早くダイナミックな動きをすることを知るべきである」
芸術を愛するが故に、美術館運営・美術業界の在り方に対して、画商があえて本音で語ります。すべてのアート・コレクターに贈る、渾身の一冊!

株式会社ギャラリーオリム
代表取締役

1958年大阪市生まれ。大阪芸術大学デザイン科卒業。1989年大阪、東京の画廊を経て、東京日本橋にギャラリーオリムを開廊。2013年中央区新富町に自社ビルギャラリーを開設。現在、全国美術商相互会会員、日本版画商協同組合会員、現代美術商協同組合会員、関西美術商協同組合会員、協同組合美術交友会会員。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧