書籍詳細

『妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策』

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

佐野 明彦

出版社名:幻冬舎メディアコンサルティング

発行年月:2015年10月

どんな男性も妻や家族に隠し続けていることの一つや二つはあるものです。妻からの理解が得にくいと思って秘密にしている趣味、誰にも存在を教えていない預金口座や現金、借金、あるいは愛人や隠し子、さらには彼らが住んでいる不動産等々……。
日本には「知らぬが仏」という言葉がある通り、秘密にすることによって穏便に事を済ませようとする文化がありますが、相続が発生すると状況は一変します。本人の死後、隠しごとが発覚すれば、家族や社員に迷惑がかかるうえに社長としての面目が潰れ、ひいては会社の危機にもなりかねません。隠しごとが原因で、家族がお金の問題や人間関係のトラブルにいきなり直面することになるのです。
隠しごとの処理はひとりで悶々と考えていてもどうしようもありません。
本書では、秘密が生むリスクをはじめ、お金や人間関係の整理の仕方や死後の対処法などを、「他人名義の株式はどうすればいいのか?」「妻に教えていない借金の処理方法は?」「愛人や隠し子にはどう対応すればいいのか?」等々、それぞれの隠しごと別に考え方や対処法を、具体例を挙げながら解説します。
妻には言えない秘密を持つ社長必読の1冊です。

新月税理士法人
代表社員

平成17年3月税理士登録 平成23年5月新月税理士法人設立
お客様の人生に添ったタックスプランを設計するタックスデザイナー。争いになる前の相続人同士の関係に配慮した細やかな調整から事業承継および相続のための株価算定、納税猶予などの資産税対策を通じてオーダーメイドの生涯タックスプランをデザインする。

著者紹介

掲載記事

[連載]骨董品、高級腕時計——妻に内緒の「嗜好品」を持つ社長の相続対策

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧