書籍詳細

『引き継いだ赤字企業を
別会社を使って再生する方法』

引き継いだ赤字企業を別会社を使って再生する方法

高山 義章

出版社名:幻冬舎MC

発行年月:2014年10月

中小企業の資金繰り悪化の対応策として時限立法として成立した法案、「金融円滑化法」が終了した。
現在のところ、これにより目立った動きはないものの、この先いつ債権者が債権処理に動き出してもおかしくはない。そうなれば日本の9割超をなす中小企業の大多数はいきなり経営難をむかえるだろう。その前に中小企業は、今こそ事業承継と共に暦年の負の遺産を整理し、事業再生の道を本気で歩むべきだ。
本書は自らも負債300億円を受け継ぎながら、不死鳥のごとく事業再生を果たした著者による、負の遺産を承継しても事業再生するための方法論。中小企業経営者必読の一冊。

高山 義章

株式会社スペース 代表取締役兼CEO

1954年東京都生まれ。三井不動産販売退職後、祖父が大正12年に中野で創業した「山一不動産」の3代目に就任。バブル崩壊とともに300億円の負債を背負いながら、事業再生に奔走する。1996年「スペース」を創設し、「山一不動産」の営業権譲渡を行うことで、先代からの基盤を守り、社員を切り捨てることなく事業再生させた。現在はこの時の自身の経験を元に、同じような悩みを抱える中小企業経営者の相談に乗り、専門家チームのメンバーとして、ボランティアでアドバイザーも務めている。中野区観光協会準備会メンバー。一般社団法人中野区観光協会監事。

著者紹介

掲載記事

[連載]引き継いだ赤字企業の「再生」術

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest