著者紹介

新井 健一

株式会社アジア・ひと・しくみ研究所 代表取締役
経営コンサルタント

1972年神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手重機械メーカー、アーサーアンダーセン(現KPMG)、同ビジネススクール責任者、医療・IT系ベンチャー企業役員を経て独立。大企業向けの人事コンサルティングから起業支援までコンサルティング・セミナーを展開。

書籍

儲けの極意はすべて「質屋」に詰まっている

『儲けの極意はすべて「質屋」に詰まっている』

新井 健一

すべてのビジネスパーソンに必要な「数字」センスの磨き方

ここに、ひとつの事実があります。それは、一般のビジネスパーソンが知りたい「数字の知識」は、いわゆる「会計数字の知識」とはズレているということです。

ビジネスパーソンに必要なのは、会社や商売の全体像や業績をとらえ、目指すべき方向に導く“案内役”となる数字です。簿記や会計に関する知識は、最低限でよいのです。

本書では、ビジネスパーソンに必要な“案内役”である数字、「儲け」の仕組みにスポットライトを当てます。事例としてとりあげるのは、鎌倉時代から700年つぶれることなく続く“最強のビジネスモデル”である「質屋」。質屋を母体とした「質屋ビジネス」は、景気に左右されることなく、今なお進化を続けています。

このビジネスモデルを追いながら、読者のみなさんにビジネスで勝つための「数字」のセンスを磨いていただくのが本書の目的です。本書を読み終わるころには、経営の全体像を見渡すために必要な数字のイメージが身につきます。

書籍紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧