著者紹介

阿部 修平

スパークス・グループ株式会社

代表取締役社長

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長。
1954 年札幌生まれ。78 年上智大学経済学部卒業。80年に米ボストンのバブソンカレッジでMBA 取得。帰国後、81 年に野村総合研究所の企業調査アナリストとしてキャリアをスタート。82 年ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナル(ニューヨーク)に出向し、米国機関投資家向けの日本株のセールス業務に従事。85 年、ニューヨークでアベ・キャピタル・リサーチを設立。
日本株分析のレポートが世界的投資家ジョージ・ソロスの心を動かし、1 億ドルの運用を任される。89 年に帰国後、スパークス投資顧問を設立、2001 年に上場。05年ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。11 年政府のエネルギー・環境会議コスト等検証委員会委員就任。
12 年政府の需給検証委員会委員就任。12 年国際協力銀行 リスク・アド バイザリー委員会委員就任。運用資産残高は8143 億円(14 年11 月度)。著書に『市場は間違える、だからチャンスがある』(日本経済新聞出版社)などがある。

書籍

株しかない

『株しかない』

阿部 修平

一度きりの人生を自分自身の力で大きく変えろ!
8000億円を運用する「伝説のファンドマネジャー」が、株式投資で勝つための戦略と戦術を明かす

〇日本経済はデフレのスーパーサイクルから解放された
〇苦難の20年が日本企業の財務体質を鍛えた
〇株で大きな富を築く時代が、遂に到来した
○ソロスに学んだ、株という恐るべき「知的兵器」
○投資には哲学が必要である
○企業価値を測るための柱「経営者」「ビジネスモデル」「市場」
〇「良い会社」を「安く買う」をどう実践するか
〇五輪イヤー2020年に日経平均は、「4万円」を超える

書籍紹介

株式投資の王道 プロの目利きに学ぶ「良い会社」の見分け方

『株式投資の王道 プロの目利きに学ぶ「良い会社」の見分け方』

阿部 修平、小宮 一慶

2020年に向けて上昇気流に乗りつつある株式市場で、着実に財産を増やすためには、何をどう考え、どう行動すべきなのか――。日本を代表する「投資のプロ」と「経営のプロ」が、「良い会社」を見きわめるための極意を伝授します。 「良い経営者」が舵取りしている「良い会社」の株を買い、 長期的に保有すると報われる。このことは歴史が証明しているのです」(阿部) 「オンリーワンで自己満足することなく、ナンバーワンを目指す企業に投資することが、より大きなリターンを獲得することにつながると、私は考えています」(小宮)

書籍紹介

掲載記事

[連載]「富のブレイクスルー」~株式投資のチャンスをつかむ原理原則

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧