著者紹介

渡部 恒郎

株式会社日本M&Aセンター

業界再編支援室長

大分県別府市生まれ。京都大学経済学部在学中にベンチャー企業の経営に参画。卒業後、2008年日本M&Aセンター入社。業界再編M&Aの第一人者。
過去70件を超えるM&Aを成約に導き、中小・中堅企業M&Aの№1コンサルタントとして業界を牽引している。代表的な成約案件であるトータル・メディカルサービスとメディカルシステムネットワークのTOBは日本の株式市場で過去最高のプレミアムがついた(グループ内再編を除く)。
テレビ朝日「報道ステーション」、テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」・「ガイアの夜明け」、日本経済新聞、朝日新聞、東洋経済、日経MJなどのマスメディアで取り上げられている。

書籍

「業界再編時代」のM&A戦略

『「業界再編時代」のM&A戦略』

渡部 恒郎

経営者にとって事業承継は「最後の大仕事」ですが、大半の中小・中堅企業の経営者がその対策を後回しにしているのが現状です。実際、中小・中堅企業のオーナー経営者の3人に2人が後継者不在であるといわれており、多くの経営者がリタイア直前で会社の行く末に頭を悩ませているのです。子供が継がない、社員には継がせられない、廃業すれば社員の雇用が失われ、自らも借金を背負うことになる…。そんな時に取る手段として有効なのが「M&A」です。
「M&A」というと、「会社の身売り」のようなネガティブなイメージがあったでしょうが、それは今や過去のものとなりつつあります。次世代の経営陣の活躍の場を広げるために、優良企業のグループ入りを決断するなど、業界の行く末を見据えたうえでの戦略的売却、すなわち「業界再編型のM&A」が増加しているのです。
本書では、業界再編時代のM&Aにおいて中小・中堅企業経営者が取るべき選択と方法を、実際に譲渡されたオーナー経営者や、会社を譲受して成長している企業経営者とディスカッションしたことをもとにお伝えします。 中小・中堅企業経営者の「勝者の選択」を導く羅針盤となる1冊です。

書籍紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!