著者紹介

岡本 雄三

岡本雄三税理士事務所 代表
株式会社MARKコンサルタンツ 代表

岡本雄三税理士事務所代表。株式会社MARKコンサルタンツ代表。税理士、行政書士、宅地建物取引士、M&Aシニアエキスパート、経済産業省認定経営革新等支援機関。1967年生まれ。1991年、早稲田大学商学部卒業。1998年、岡本雄三税理士事務所開設。2000年、公益社団法人日本医業経営コンサルタント登録。個人医院の開業、医療法人の設立、税務など、医業コンサルティング業務のほか、一般法人の税務、事業承継、M&A支援、資産税にかかわるコンサルティング業務を手掛ける。

書籍

後継ぎがいない会社を 圧倒的な高値で売る方法

『後継ぎがいない会社を 圧倒的な高値で売る方法 』

岡本 雄三

「後継者がいない」「後継者がいても継がせたくない」そう悩む中小企業経営者が増えています。しかし、廃業となると、経営者自身の連帯保証の問題や従業員の生活の保証、取引先への影響などもあるため、なかなか踏み切るのは難しいものです。
そんな悩みを解消するために有効なのが、M&Aという選択肢。M&Aには敵対的買収のイメージが強いために二の足を踏む経営者も多いですが、売る側・買う側双方にメリットがあり、自分の事業を残しつつハッピーリタイヤするための有力な手法なのです。
本書ではネガティブに捉えられがちなM&Aの基礎知識や、中小企業の承継においてM&Aという選択肢がいかに有効であるかを分かりやすく解説します。
誰もが幸せになれる承継を実現する為に必要な知識の詰まった1冊です。

書籍紹介

開業医のためのクリニックM&A

『開業医のためのクリニックM&A』

岡本 雄三

人口の4人に1人が高齢者という超高齢社会を迎え、社会保障費が年々増加を続けている日本。政府による医療費圧縮策や、慢性的な看護師不足、さらに後継者不足により、日本の開業医はかつてない苦境に立たされています。
帝国データバンクの統計によると、医院機関の休廃院・解散はここ5年で3倍に急増、2014年には過去最多を更新しました。
後継者のいない開業医がとるべきリタイアの最善策は、M&Aです。本書では、M&Aのメリットや、その手法を旧法法人・新法法人・個人クリニックそれぞれのケースに対して具体的に解説。また、単にM&A手法だけでなく、クリニックが地域に必要とされ、医療拠点として社会貢献を果たすことができるまで支援し、関わるすべての人にとって良い結果をもたらす、ハッピーリタイアの実現を提案します。
開業医のハッピーリタイヤの実現と、新たなライフスタイルへの1歩を応援する1冊です。

書籍紹介

掲載記事

[連載]後継ぎがいない会社を圧倒的な高値で売る方法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!