記事一覧

税金

身近にありながら、よくは分からないものの代表のひとつが税金。納税者は個人なのか法人なのか、課税主体は国なのか県なのか、控除額や最新の減税制度はどうなっているのか、複雑に絡まりあううえに、税制は基本的に毎年変わってもいきます。しかし、税金から逃げることは不可能である以上、いかにうまく付き合い、資産の防衛やスムーズな継承を成功させるかを、実践的に学ぶ必要があるでしょう。このページでは「税金」に関する記事をまとめています。

医者だって病気になる…医療費が10万円を超えれば医療費控除
節税
[連載] ドクターのための節税対策――不動産投資・控除申請・会社設立の基礎知識
【第4回】医者だって病気になる…医療費が10万円を超えれば医療費控除 | なごみグループ
法人化によるメリット――支出を「経費」に算入して利益を圧縮
節税
[連載] お金持ちが実践している「資産を残す」方法
【第3回】法人化によるメリット――支出を「経費」に算入して利益を圧縮 | 清田 幸弘
会社員の仕事関連の経費が対象―― 「特定支出控除」の概要
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第9回】会社員の仕事関連の経費が対象―― 「特定支出控除」の概要 | 頼藤 太希,高山 一恵
中小企業が取り組める「税制優遇」「補助金」を活用した節税
節税
[連載] 元・国税調査官が語る「究極の節税」
【第6回】中小企業が取り組める「税制優遇」「補助金」を活用した節税 | 辻 正夫
法人化によって「家族に給与を支払う」と節税できる理由
節税
[連載] お金持ちが実践している「資産を残す」方法
【第2回】法人化によって「家族に給与を支払う」と節税できる理由 | 清田 幸弘
控除額は5万円が上限――「地震保険料控除」の概要
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第8回】控除額は5万円が上限――「地震保険料控除」の概要 | 頼藤 太希,高山 一恵
パソコン内のデータ調査から発覚した「売上金の除外」
節税
[連載] 8つの実例で学ぶ「法人税・消費税」の税務調査の実態
【第6回】パソコン内のデータ調査から発覚した「売上金の除外」 | 小宮山 隆
災害や窃盗などで被った「損失」は所得から控除できるか?
節税
[連載] ドクターのための節税対策――不動産投資・控除申請・会社設立の基礎知識
【第3回】災害や窃盗などで被った「損失」は所得から控除できるか? | なごみグループ
なぜお金持ちは「会社をつくる」のか?
節税
[連載] お金持ちが実践している「資産を残す」方法
【第1回】なぜお金持ちは「会社をつくる」のか? | 清田 幸弘
保険の「種類」「加入年」に注意――生命保険料控除の概要
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第7回】保険の「種類」「加入年」に注意――生命保険料控除の概要 | 頼藤 太希,高山 一恵
より効果的な節税が可能!?「役員報酬」は控えめにすべき理由
節税
[連載] 元・国税調査官が語る「究極の節税」
【第5回】より効果的な節税が可能!?「役員報酬」は控えめにすべき理由 | 辻 正夫
2017年から医療費控除の対象になる「スイッチOTC薬」とは?
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第6回】2017年から医療費控除の対象になる「スイッチOTC薬」とは? | 頼藤 太希,高山 一恵
交際費や借入金の名目で「架空経費」を計上していた脱税事例
節税
[連載] 8つの実例で学ぶ「法人税・消費税」の税務調査の実態
【第5回】交際費や借入金の名目で「架空経費」を計上していた脱税事例 | 小宮山 隆
年収2000万円以下でも確定申告が必要な医師のケースとは?
節税
[連載] ドクターのための節税対策――不動産投資・控除申請・会社設立の基礎知識
【第2回】年収2000万円以下でも確定申告が必要な医師のケースとは? | なごみグループ
医療費控除の対象となる「家族の医療費」の概要
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第5回】医療費控除の対象となる「家族の医療費」の概要 | 頼藤 太希,高山 一恵
事業投資による「内部留保の拡大」が究極の節税につながる理由
節税
[連載] 元・国税調査官が語る「究極の節税」
【第4回】事業投資による「内部留保の拡大」が究極の節税につながる理由 | 辻 正夫
年間10万円の医療費が目安——医療費控除の概要
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第4回】年間10万円の医療費が目安——医療費控除の概要 | 頼藤 太希,高山 一恵
不動産所得の赤字を活用して節税につなげる仕組み
節税
[連載] ドクターのための節税対策――不動産投資・控除申請・会社設立の基礎知識
【第1回】不動産所得の赤字を活用して節税につなげる仕組み | なごみグループ
「屋号名義の取引」を隠れ蓑にした脱税の事例
節税
[連載] 8つの実例で学ぶ「法人税・消費税」の税務調査の実態
【第4回】「屋号名義の取引」を隠れ蓑にした脱税の事例 | 小宮山 隆
所得税の減額につながる「扶養控除」の概要
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第3回】所得税の減額につながる「扶養控除」の概要 | 頼藤 太希,高山 一恵
潤沢なキャッシュで「好条件の融資」を引き出す財務戦略
節税
[連載] 元・国税調査官が語る「究極の節税」
【第3回】潤沢なキャッシュで「好条件の融資」を引き出す財務戦略 | 辻 正夫
税負担を軽くする14種類の「所得控除」
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第2回】税負担を軽くする14種類の「所得控除」 | 頼藤 太希,高山 一恵
架空の固定資産取得――消費税の「不正還付」を目論んだ事例
節税
[連載] 8つの実例で学ぶ「法人税・消費税」の税務調査の実態
【第3回】架空の固定資産取得――消費税の「不正還付」を目論んだ事例 | 小宮山 隆
税金奪還の第一歩となる「源泉徴収票」の読み方
節税
[連載] あらゆる「控除」を駆使して払った税金を奪還する方法
【第1回】税金奪還の第一歩となる「源泉徴収票」の読み方 | 頼藤 太希,高山 一恵
究極の節税への第一歩――「現金」を残す重要性とは?
節税
[連載] 元・国税調査官が語る「究極の節税」
【第2回】究極の節税への第一歩――「現金」を残す重要性とは? | 辻 正夫
徹底的な仕入先への反面調査と銀行調査で発覚した不正
節税
[連載] 8つの実例で学ぶ「法人税・消費税」の税務調査の実態
【第2回】徹底的な仕入先への反面調査と銀行調査で発覚した不正 | 小宮山 隆
会社経営を苦しい状況に追い込む「支出を伴う節税」
節税
[連載] 元・国税調査官が語る「究極の節税」
【第1回】会社経営を苦しい状況に追い込む「支出を伴う節税」 | 辻 正夫
消えた派遣社員・・・「架空の人件費」を使った脱税の手口とは?
節税
[連載] 8つの実例で学ぶ「法人税・消費税」の税務調査の実態
【第1回】消えた派遣社員・・・「架空の人件費」を使った脱税の手口とは? | 小宮山 隆
決算月に「著増減」している項目――想定される理由とは?
決算対策
[連載] 決算書の「おかしな数字」をパッと見抜く方法
【最終回】決算月に「著増減」している項目――想定される理由とは? | 山岡 信一郎
月次決算の「おかしな数字」を勘定科目から発見する方法
決算対策
[連載] 決算書の「おかしな数字」をパッと見抜く方法
【第8回】月次決算の「おかしな数字」を勘定科目から発見する方法 | 山岡 信一郎
予算と実績数値の比較から「おかしな数字」を見抜く方法
決算対策
[連載] 決算書の「おかしな数字」をパッと見抜く方法
【第7回】予算と実績数値の比較から「おかしな数字」を見抜く方法 | 山岡 信一郎
タックス・ヘイブン対策税制を免れた「事件」の争点とは?
節税
[連載] 大手企業が実践するグローバル節税スキーム
【最終回】タックス・ヘイブン対策税制を免れた「事件」の争点とは? | 古橋 隆之
各自治体が工夫を凝らす、ふるさと納税の「特産品」の内容
節税
[連載] 今さら人には聞けない「ふるさと納税」のしくみと活用ノウハウ
【第3回】各自治体が工夫を凝らす、ふるさと納税の「特産品」の内容 | 岩崎 慎
「前期比較」で決算書の誤った数字を見抜く方法
決算対策
[連載] 決算書の「おかしな数字」をパッと見抜く方法
【第6回】「前期比較」で決算書の誤った数字を見抜く方法 | 山岡 信一郎
日本のタックス・ヘイブン対策税制が適用除外になるケース
節税
[連載] 大手企業が実践するグローバル節税スキーム
【第14回】日本のタックス・ヘイブン対策税制が適用除外になるケース | 古橋 隆之
M&Aと国外親会社を活用したグローバル節税の事例
節税
[連載] 大手企業が実践するグローバル節税スキーム
【第13回】M&Aと国外親会社を活用したグローバル節税の事例 | 古橋 隆之

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧