記事一覧

海外活用

このページは、「海外活用」に関連した記事をまとめたものです。海外に口座を作って、現金を持ち込めば節税になったというのは過去のこと。富裕層をめぐる環境が年々と厳しさが増すいま、資産防衛手段として本当に有効な海外活用とは何かを考えます。

債券投資ではまだまだ中国の「不動産セクター」が魅力的な理由
香港
[連載] 欧州系大手運用会社の担当部長が語る「アジア債券」市場の展望
【第3回】債券投資ではまだまだ中国の「不動産セクター」が魅力的な理由 | フィオナ ツァン,幾田 朋彦
中国経済「新常態」への移行のカギを握る、過剰生産能力の解消
中国
[連載] 緊急レポート「減速」中国経済の実態を探る
【第6回】中国経済「新常態」への移行のカギを握る、過剰生産能力の解消 | 金森 俊樹
アジア通貨への投資を「好機」と見る理由とは?
香港
[連載] 欧州系大手運用会社の担当部長が語る「アジア債券」市場の展望
【第2回】アジア通貨への投資を「好機」と見る理由とは? | フィオナ ツァン,幾田 朋彦
中国地方債務の「金融リスク」の現状をどう見るか?
中国
[連載] 緊急レポート「減速」中国経済の実態を探る
【第5回】中国地方債務の「金融リスク」の現状をどう見るか? | 金森 俊樹
2015年の金融市況から占うアジア債券市場のゆくえ
香港
[連載] 欧州系大手運用会社の担当部長が語る「アジア債券」市場の展望
【第1回】2015年の金融市況から占うアジア債券市場のゆくえ | フィオナ ツァン,幾田 朋彦
不動産市況の低迷が増幅する中国の「地方債務リスク」
中国
[連載] 緊急レポート「減速」中国経済の実態を探る
【第4回】不動産市況の低迷が増幅する中国の「地方債務リスク」 | 金森 俊樹
成長がいまだ「不動産投資」に大きく依存する中国経済の実情
中国
[連載] 緊急レポート「減速」中国経済の実態を探る
【第3回】成長がいまだ「不動産投資」に大きく依存する中国経済の実情 | 金森 俊樹
IMFの予測に見る、香港経済失速の懸念が「杞憂」といえる理由
香港
[連載] 香港発!グローバル資産防衛のためのマーケットウォッチ
【第6回】IMFの予測に見る、香港経済失速の懸念が「杞憂」といえる理由 | 長谷川 建一
巨大な経済体である中国の「地域別の動向」とは?
中国
[連載] 緊急レポート「減速」中国経済の実態を探る
【第2回】巨大な経済体である中国の「地域別の動向」とは? | 金森 俊樹
減速する中国経済――その実態を読み解くカギとは?
中国
[連載] 緊急レポート「減速」中国経済の実態を探る
【第1回】減速する中国経済――その実態を読み解くカギとは? | 金森 俊樹
不動産管理会社を利用したグローバル節税の一例
タックスヘイブン
[連載] グローバル節税のための「タックス・ヘイブン」入門
【最終回】不動産管理会社を利用したグローバル節税の一例 | 古橋 隆之
海外資産管理会社を設立して個人財産を守る方法
タックスヘイブン
[連載] グローバル節税のための「タックス・ヘイブン」入門
【第21回】海外資産管理会社を設立して個人財産を守る方法 | 古橋 隆之
海外財産の相続税——課税対象者と課税財産の規定とは?
タックスヘイブン
[連載] グローバル節税のための「タックス・ヘイブン」入門
【第20回】海外財産の相続税——課税対象者と課税財産の規定とは? | 古橋 隆之
党や政府への依存度を高める「国有企業改革」の成否
香港
[連載] 習政権下での中国「国有企業改革」――前進か後退か?
【最終回】党や政府への依存度を高める「国有企業改革」の成否 | 金森 俊樹
国有企業改革の「指導意見」に対して分かれる評価とは?
香港
[連載] 習政権下での中国「国有企業改革」――前進か後退か?
【第6回】国有企業改革の「指導意見」に対して分かれる評価とは? | 金森 俊樹
日本の居住者が海外投資を行った場合の節税法とは?
タックスヘイブン
[連載] グローバル節税のための「タックス・ヘイブン」入門
【第19回】日本の居住者が海外投資を行った場合の節税法とは? | 古橋 隆之
「国企改革深化に関する指導意見」に見る中国当局の狙いとは?
香港
[連載] 習政権下での中国「国有企業改革」――前進か後退か?
【第5回】「国企改革深化に関する指導意見」に見る中国当局の狙いとは? | 金森 俊樹
中国の戦略産業、基礎産業をいまだ支配する国有企業の実態
香港
[連載] 習政権下での中国「国有企業改革」――前進か後退か?
【第4回】中国の戦略産業、基礎産業をいまだ支配する国有企業の実態 | 金森 俊樹
中国経済における国有企業改革と私企業発展の歴史とは?
香港
[連載] 習政権下での中国「国有企業改革」――前進か後退か?
【第3回】中国経済における国有企業改革と私企業発展の歴史とは? | 金森 俊樹
腐敗汚職の温床となっている国有企業の実態とは?
香港
[連載] 習政権下での中国「国有企業改革」――前進か後退か?
【第2回】腐敗汚職の温床となっている国有企業の実態とは? | 金森 俊樹
国民経済への貢献度が年々低下している中国の「国有企業」
香港
[連載] 習政権下での中国「国有企業改革」――前進か後退か?
【第1回】国民経済への貢献度が年々低下している中国の「国有企業」 | 金森 俊樹
市場型金融政策の確立には「まだ時間がかかる」理由
香港
[連載] 中国「金融改革」――その特有の意味とは?
【最終回】市場型金融政策の確立には「まだ時間がかかる」理由 | 金森 俊樹
金融改革で発足した中国の「預金保険制度」が抱える懸念点
香港
[連載] 中国「金融改革」――その特有の意味とは?
【第2回】金融改革で発足した中国の「預金保険制度」が抱える懸念点 | 金森 俊樹
中国の金利自由化に伴う「影の銀行」への影響
香港
[連載] 中国「金融改革」――その特有の意味とは?
【第1回】中国の金利自由化に伴う「影の銀行」への影響 | 金森 俊樹
日本居住者の海外不動産投資にはどのような税金がかかるのか?
タックスヘイブン
[連載] グローバル節税のための「タックス・ヘイブン」入門
【第18回】日本居住者の海外不動産投資にはどのような税金がかかるのか? | 古橋 隆之
ウラジオストク不動産の「購入から売却までの流れ」とは?
海外口座
[連載] 投資・進出先としての「ロシア極東・ウラジオストク」の魅力
【第3回】ウラジオストク不動産の「購入から売却までの流れ」とは? | 天間 幸生
個人の海外金融商品投資にはどんな税金がかかるのか?
タックスヘイブン
[連載] グローバル節税のための「タックス・ヘイブン」入門
【第17回】個人の海外金融商品投資にはどんな税金がかかるのか? | 古橋 隆之
ウラジオストクの最新「不動産」投資事情とは?
海外口座
[連載] 投資・進出先としての「ロシア極東・ウラジオストク」の魅力
【第2回】ウラジオストクの最新「不動産」投資事情とは? | 天間 幸生
個人の所得税課税における「居住者」「非居住者」の違いとは?
タックスヘイブン
[連載] グローバル節税のための「タックス・ヘイブン」入門
【第16回】個人の所得税課税における「居住者」「非居住者」の違いとは? | 古橋 隆之
なぜ今、「ロシア極東・ウラジオストク」への投資なのか?
海外口座
[連載] 投資・進出先としての「ロシア極東・ウラジオストク」の魅力
【第1回】なぜ今、「ロシア極東・ウラジオストク」への投資なのか? | 天間 幸生
外貨金融資産の保有額を増やす日本の個人投資家の現状とは?
タックスヘイブン
[連載] グローバル節税のための「タックス・ヘイブン」入門
【第15回】外貨金融資産の保有額を増やす日本の個人投資家の現状とは? | 古橋 隆之
運用対象としての「優先証券」の位置付けと今後の展望とは?
香港
[連載] 専門運用会社のCOOが語る「優先証券」の魅力
【最終回】運用対象としての「優先証券」の位置付けと今後の展望とは? | マシュー・R・バイヤー,幾田 朋彦
優先証券の取引市場と参加者、運用環境の実態とは?
香港
[連載] 専門運用会社のCOOが語る「優先証券」の魅力
【第4回】優先証券の取引市場と参加者、運用環境の実態とは? | マシュー・R・バイヤー,幾田 朋彦
金融機関の資本規制強化と「優先証券」の関係とは?
香港
[連載] 専門運用会社のCOOが語る「優先証券」の魅力
【第3回】金融機関の資本規制強化と「優先証券」の関係とは? | マシュー・R・バイヤー,幾田 朋彦
優先証券の大部分を「金融機関」が発行している理由とは?
香港
[連載] 専門運用会社のCOOが語る「優先証券」の魅力
【第2回】優先証券の大部分を「金融機関」が発行している理由とは? | マシュー・R・バイヤー,幾田 朋彦
運用対象として注目を集める「優先証券」とは何か?
香港
[連載] 専門運用会社のCOOが語る「優先証券」の魅力
【第1回】運用対象として注目を集める「優先証券」とは何か? | マシュー・R・バイヤー,幾田 朋彦

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧