記事一覧

税金

「パナマ文書」問題で、日本でも一気に関心が広がった海外税制の活用。節税対策に限らず、海外との取引や、海外へ進出する企業数の増加、あるいは海外での資産を保有されている方の増加で、国際税務に対する専門的なアドバイスへのニーズは高まっています。一方で、国際税務に通じた税理士などの専門家が不足しているという問題もあります。このページでは「国際税務」に関する情報をまとめています。

売買益で国の税収は莫大に!? 理想的な「仮想通貨税制」とは?
国際税務
[連載] 国際税理士が教える「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点
【最終回】売買益で国の税収は莫大に!? 理想的な「仮想通貨税制」とは? | 柳澤 賢仁
米国税制改正・・・固定資産税の支払いルールはどう変わる?
国際税務
[連載] 現地の実務家会計士によるアメリカの最新会計税務ニュース
【第1回】米国税制改正・・・固定資産税の支払いルールはどう変わる? | 五十川 裕久
日本とフィリピン・・・関係会社間取引における留意点
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【最終回】日本とフィリピン・・・関係会社間取引における留意点 | 久野 康成
フィリピン-日本間で動く人・カネ…国際税務上の留意点は?①
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第6回】フィリピン-日本間で動く人・カネ…国際税務上の留意点は?① | 久野 康成
仮想通貨税制の最新事情・・・現状制度の限界と問題点とは?
国際税務
[連載] 国際税理士が教える「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点
【第4回】仮想通貨税制の最新事情・・・現状制度の限界と問題点とは? | 柳澤 賢仁
タックス・ヘイブン対策税制適用除外の要件…統括会社とは?
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【最終回】タックス・ヘイブン対策税制適用除外の要件…統括会社とは? | 髙橋 幸之助
タックス・ヘイブン対策税制の「非関連者基準」を満たす事例
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第11回】タックス・ヘイブン対策税制の「非関連者基準」を満たす事例 | 髙橋 幸之助
フィリピンでのビジネス 日本の親会社に利益を還流するには?
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第5回】フィリピンでのビジネス 日本の親会社に利益を還流するには? | 久野 康成
タックス・ヘイブン対策税制適用除外の要件…「管理支配」とは?
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第10回】タックス・ヘイブン対策税制適用除外の要件…「管理支配」とは? | 髙橋 幸之助
タックス・ヘイブン対策税制が「適用除外」となる条件
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第9回】タックス・ヘイブン対策税制が「適用除外」となる条件 | 髙橋 幸之助
「タックス・ヘイブン対策税制」が作られた背景
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第4回】「タックス・ヘイブン対策税制」が作られた背景 | 久野 康成
仮想通貨による資金調達「ICO」の概要と税務上のポイント
国際税務
[連載] 国際税理士が教える「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点
【第3回】仮想通貨による資金調達「ICO」の概要と税務上のポイント | 柳澤 賢仁
タックス・ヘイブン対策税制における「間接保有」とは?
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第8回】タックス・ヘイブン対策税制における「間接保有」とは? | 髙橋 幸之助
タックス・ヘイブン対策税制の対象となる内国法人の例
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第7回】タックス・ヘイブン対策税制の対象となる内国法人の例 | 髙橋 幸之助
フィリピンでのビジネス展開に関わる「税務の問題」②
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第3回】フィリピンでのビジネス展開に関わる「税務の問題」② | 久野 康成
タックス・ヘイブン対策税制が適用される国内法人の条件
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第6回】タックス・ヘイブン対策税制が適用される国内法人の条件 | 髙橋 幸之助
特定外国子会社等の要件となる「租税負担割合」の計算方法②
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第5回】特定外国子会社等の要件となる「租税負担割合」の計算方法② | 髙橋 幸之助
フィリピンでのビジネス展開に関わる「税務の問題」①
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第2回】フィリピンでのビジネス展開に関わる「税務の問題」① | 久野 康成
出国税・相続税・法人税・消費税・・・「仮想通貨」と税制の関係
国際税務
[連載] 国際税理士が教える「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点
【第2回】出国税・相続税・法人税・消費税・・・「仮想通貨」と税制の関係 | 柳澤 賢仁
特定外国子会社等の要件となる「租税負担割合」の計算方法
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第4回】特定外国子会社等の要件となる「租税負担割合」の計算方法 | 髙橋 幸之助
「合算課税」の適用法人となる株式会社の基準とは?
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第3回】「合算課税」の適用法人となる株式会社の基準とは? | 髙橋 幸之助
タックス・ヘイブン対策税制が適用となる外国関係会社の条件
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第2回】タックス・ヘイブン対策税制が適用となる外国関係会社の条件 | 髙橋 幸之助
日本における「タックス・ヘイブン対策税制」の概要
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第1回】日本における「タックス・ヘイブン対策税制」の概要 | 髙橋 幸之助
フィリピンの「租税法」の特徴と「税目の種類」
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第1回】フィリピンの「租税法」の特徴と「税目の種類」 | 久野 康成
「仮想通貨」の取引・・・税制上、どのように取り扱われるのか?
仮想通貨
[連載] 国際税理士が教える「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点
【第1回】「仮想通貨」の取引・・・税制上、どのように取り扱われるのか? | 柳澤 賢仁
ハワイに移住した父・・・相続手続きはどの国の法律に準拠する?
国際税務
[連載] 国際税務専門の異色弁護士による「国際相続&税務」の最新事情
【第4回】ハワイに移住した父・・・相続手続きはどの国の法律に準拠する? | 木村 道哉
平成29年度税制改正 「高度人材外国人」の相続税納税義務
国際税務
[連載] 国際税務専門の異色弁護士による「国際相続&税務」の最新事情
【第3回】平成29年度税制改正 「高度人材外国人」の相続税納税義務 | 木村 道哉 メルマガ会員限定記事
29年度税制改正大綱 相続税・贈与税「納税義務」の重要改正点
国際税務
[連載] 国際税務専門の異色弁護士による「国際相続&税務」の最新事情
【第2回】29年度税制改正大綱 相続税・贈与税「納税義務」の重要改正点 | 木村 道哉
会計検査院が問題視 海外中古不動産の「減価償却」活用スキーム
国際税務
[連載] 国際税務専門の異色弁護士による「国際相続&税務」の最新事情
【第1回】会計検査院が問題視 海外中古不動産の「減価償却」活用スキーム | 木村 道哉
国外転出時課税と贈与税はダブルで課税されるのか?
国際税務
[連載] 実例で考える国外転出時課税と国際相続
【最終回】国外転出時課税と贈与税はダブルで課税されるのか? | 菅野 真美
相続税の計算における国内財産・国外財産の「区分」の方法
国際税務
[連載] 実例で考える国外転出時課税と国際相続
【第3回】相続税の計算における国内財産・国外財産の「区分」の方法 | 菅野 真美
どんな人が「国外転出時課税」の対象者になるのか?
国際税務
[連載] 実例で考える国外転出時課税と国際相続
【第2回】どんな人が「国外転出時課税」の対象者になるのか? | 菅野 真美
日本に住み続ける人も国外転出時課税の対象者になるのか?
国際税務
[連載] 実例で考える国外転出時課税と国際相続
【第1回】日本に住み続ける人も国外転出時課税の対象者になるのか? | 菅野 真美
英国不動産の物件選びから売買契約締結前までの留意点とは?
海外不動産
[連載] レジデンス&学生寮投資で注目集める「イギリス不動産」の魅力
【第9回】英国不動産の物件選びから売買契約締結前までの留意点とは? | アンドリュー ウェストコット
「国外財産調書制度」創設の狙いとターゲット層とは?
国際税務
[連載] 知っておきたい海外投資にまつわる税金
【最終回】「国外財産調書制度」創設の狙いとターゲット層とは? | 永峰 潤,三島 浩光
イギリスで不動産を購入する際の一般的な流れとは?
海外不動産
[連載] レジデンス&学生寮投資で注目集める「イギリス不動産」の魅力
【第8回】イギリスで不動産を購入する際の一般的な流れとは? | アンドリュー ウェストコット

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧