[連載]M&Aを成功に導く「ファイナンス」の技術

いま、ビジネスの世界で求められているファイナンスの技術ですが、使いこなせる人材は圧倒的に不足しています。では、「ファイナンスの技術」とは一体どのようなものなのでしょうか。本連載では、『ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。』(CCCメディアハウス)より一部を抜粋し、M&Aを成功に導くために、企業はどのようにファイナンスの技術を活用し、経営戦略を実施しているのかを紹介します。

本連載の著者紹介

TIGALA株式会社 代表取締役

1986年奈良県生まれ。15歳で起業。インターネット事業を売却後、未公開企業同士のM&Aサービスを展開。事業再生の計画策定や金融機関との交渉、企業価値評価業務に従事。
現在は、自身が代表を務めるティガラグループにて、ストラクチャードファイナンスや企業グループ内の再編サービスを提供。その他、複数の企業の社外取締役やアドバイザリーを務め、出資も行っている。
著書に、自身の15年間のキャリアを振り返った『15歳で起業したぼくが社長になって学んだこと』(CCCメディアハウス)がある。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧