[連載]元国税実査官が明かす「国税局資料調査課」の実態

マルサ(国税局査察部)が調査できない複雑困難な事案や証拠不十分な事案に従事している「国税局資料調査課」、通称コメ…。 本連載では、なぞが多い「国税局資料調査課」の仕事の詳細な実態を、元国税実査官の筆者が紹介していきます。

本連載の著者紹介

ティ・オー・ビー税理士事務所 代表
税理士 

1967年生まれ。東京国税局課税第一部課税総括課、電子商取引専門調査チーム(現在の統括国税実査官)、統括国税実査官(情報担当)、課税第二部資料調査第二課、同部第三課に勤務。主として大口、悪質、困難、海外、宗教、電子商取引事案の税務調査を担当。退官までの4年間は、大型不正事案の企画・立案に従事した。2011年、東京国税局主査で退官。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧