[連載]あなたの太陽光発電所は大丈夫? PVモジュールの品質チェックの重要性

日本国内の太陽光市場価格が国際市場価格に近付くに伴い、投資家自身によるPVモジュールの自発的な品質チェックが重要性を増してきています。本連載では、アドラーソーラーワークス株式会社シニアプロジェクトマネージャーのバンハルド・グルック氏が、受入検査で判明するPVモジュールの不具合について解説します。

本連載の著者紹介

アドラーソーラーワークス株式会社
 シニアプロジェクトマネージャー

2011年より、太陽光発電業界において独立系専門家・技術コンサルとして従事。モバイルPVテストカー(移動式PV検査センター)を使用した検査、詳細なパフォーマンス分析、発電量予測のスペシャリスト。モジュールメーカーや保険会社に対して、モジュール試験設備の操作、調査業務を提供。シニアプロジェクトマネージャー、技術アドバイザー、O&Mサービスの専門家としてADLER Solar Worksに2015年より勤務。
2006年ハイデルベルク大学卒、物理学学位取得。2011年エアランゲン・ニュルンベルク大学修了、博士(理学)。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧