必ずうまくいくとは限らない「代償分割」の活用

前回は、評価額の高い自社株の相続を代償分割で処理したケースについて解説しました。今回は、代償分割による対策が失敗したケースについて見ていきます。

代償分割のために自宅を担保に入れたのが失敗の始まり

前回の例とは対照的に、代償分割がうまくいかずに破産してしまったケースもあります。

 

父はすでに他界しており、母と子4人の家族で母が亡くなりました。この母は大変な資産家で、自宅と不動産など総額で30億円もの財産を残していました。しかし、銀行からの借入金もまだ10億円残っていました。その財産をすべて相続したのは長男です。田舎で古い家督制度が残っていたこともあり、長兄相続は自然な流れだったようです。

 

その代わり、長男は代償分割をするつもりでした。しかし手持ちの現預金はないので、自宅や不動産を担保に入れて銀行から9億円を借り入れ、3人の弟に3億円ずつ渡したということです。3人はそこから各人1億2180万円の納税をしました。

 

問題はこの後、起こりました。長男はいざとなったら土地を売却して返済すればいいと考えていたのが甘かったのです。折からの不況で土地が値下がりし、思うように返済ができませんでした。結局、自宅も不動産も抵当に入り、しばらくして長男は破産を余儀なくされたのです。

いったん相続人全員で財産を相続していれば・・・

このケースでの一番大きな失敗の原因は、長男が1人で財産を相続してしまったことです。30億円の財産と10億円の借金を相続した長男には、この時点で納税に危険信号がともっていました。そのうえ、弟3人の納税資金9億円まで長男が借金してしまったことで決定的に自滅の道を突き進んでしまうことになったのです。

 

家督を大事にするがあまり、破産してしまったのでは元も子もありません。この場合は、いったん相続人全員が共有で相続し、不動産を処分すべきだったと思います。そうすれば、保有していてもメリットの少ない不良財産を処分して、財産を生む優良不動産だけを残すことができ、同時に納税資金も用意できたはずです。そうしてから、ゆっくりと全員が納得する分割を考えればよかったのです。

 

これだけの資産家ですから当然、なじみの顧問税理士はいたはずです。それにもかかわらず、どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。顧問税理士が適切なアドバイスをできなかったからか、あるいは、この家族が自分たちの考えだけで暴走してしまったのか。いずれにしても、相続に詳しい専門家に意見を求めるという視点がなかったのが残念です。

本連載は、2013年11月1日刊行の書籍『相続税対策は顧問税理士に頼むと必ず失敗する』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「贈与」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載馴れ合いのない対策で実現する相続税の節税

税理士法人エクラコンサルティング
株式会社エクラコンサルティング 代表社員
税理士

長野県生まれ。昭和54年横浜国立大学経営学部卒業。平成3年株式会社タクトコンサルティング入社。平成15年税理士法人タクトコンサルティング代表社員に就任。平成23年税理士法人エクラコンサルティング・株式会社エクラコンサルティングを設立。税理士法人タクトコンサルティングで20年にわたり、全国の税理士・会計士との共同案件を実践してきた経験を生かし、現在も同様に相続、譲渡、交換、事業承継、土地活用、M &A等に関する実務および企画研究、講演、執筆等、日本全国で活動している。

著者紹介

相続税対策は 顧問税理士に頼むと必ず失敗する

相続税対策は 顧問税理士に頼むと必ず失敗する

田中 誠

幻冬舎メディアコンサルティング

税のプロとして認識されている税理士にも得意不得意分野があります。特に不動産を含む資産税に関する対策は、その実務経験がものをいいます。つまり、相続税対策はどの税理士に頼むかで、結果が大きく変わるのです。 本書は、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧