米英におけるフィデューシャリー・デューティー発展の歴史

前回は、「フィデューシャリー・デューティー」の概要を解説しました。今回は、米国・英国におけるフィデューシャリー・デューティー発展の歴史を見ていきます。

中世ヨーロッパで誕生した「フィデューシャリー」

フィデューシャリー(Fiduciary)という言葉は、いつ誕生したのでしょうか。中世のヨーロッパでは、貴族たちが出征などで長い期間家を留守にする際に、財産など資産管理を信頼のおける第三者に託しました。自分が帰国するまでの間、また、戦場で戦死した場合には子供が成人するまでの間、資産管理を一任したのです。一任された者は「フィデューシャリー」と呼ばれ、資産管理に関する約束は、法律で定められたものではなく、お互いの信頼、あるいは信義の問題によって支えられていました。フィデューシャリーとなった者が当然守るべき義務として、フィデューシャリー・デューティーは発展しました。

 

米国、英国では、どのようにフィデューシャリー・デューティーが発展していったのでしょうか。平成28年7月6日金融審議会「市場ワーキング・グループ」の説明資料「国民の安定的な資産形成とフィデューシャリー・デューティー」をもとに解説します。

 

●米国

 

米国エリサ法(Employee Retirement Income Security Act、1974年)では、すでにフィデューシャリー・デューティーが明文化されています。米国エリサ法は、企業年金の加入者が有する受給権の保護を目的として、1974年に制定された企業年金を包括的に規制する米国連邦法です。

 

エリサ法におけるフィデューシャリー・デューティーとは、最終受益者の利益のためだけに各種義務を果たすことに加えて、以下の義務を果たすことを指します。

 

①忠実義務(専ら最終受益者に利益を与え,年金プランの管理費用を合理的なものとすること)


②注意義務(同等の能力を有し,同様な事情に精通している思慮深い者が当該状況において用いることとなる配慮、技能、思慮深さ、熱心さをもって職務を遂行すること)


③分散投資義務(リスク回避のために、その行う投資を分散させること)


④規約遵守義務(年金プランに関連する規約を遵守すること)

 

米国労働省(DOL)は個人退職勘定(IRA)にエリサ法に基づくフィデューシャリー・デューティーを適用する新しいルール案(2016年)を発表しました(2017年4月以降の施行を予定)。

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を開催!

12月 6日(水)「コモンズ流投資ノウハウ」

投資信託「ポートフォリオ分析サービス」のご案内

 

従業員が在職中に積み立てた年金(DC)を、退職時に個人退職勘定(IRA)に移管した場合に、現状では、エリサ法における「フィデューシャリー」に該当する投資アドバイス提供者の範囲が狭く、フィデューシャリー・デューティーがIRAに投資アドバイスを提供する投資アドバイザーには適用されていないため、投資家に対する利益相反行為等からの保護が不十分でした。

 

フィデューシャリーの範囲を見直し、定期的でなくとも、年金受給者に投資に関するアドバイスや推奨を行う者は、原則としてフィデューシャリーに該当することとし、その結果、ブローカー(売買の仲介をする人)・ディーラー(販売業者)等も、フィデューシャリー・デューティーが課されることとなります。

遵守すべきはインベストメント・チェーンの全関係者

●英国


2012年7月に公表した、英国株式市場の構造的問題、上場企業行動、コーポレート・ガバナンスに関する調査・分析レポートのケイ・レビュー(The Kay Review、2012年)(ジョン・ケイ教授のレポート)では、フィデューシャリー・デューティーの原則として「インベストメント・チェーンの全参加者(販売・助言・商品開発・資産管理・運用・その他)は、顧客との関係においてフィデューシャリー・スタンダードを遵守すべきである。フィデューシャリー・スタンダードは ①顧客の利益を最優先すること、②利益相反状態を避けるべきこと、③提供するサービスに対するコストが合理的であり、かつ、開示されるべきであること」としています。


また、欧州連合及び各国の規制当局は、「他人の投資に関する裁量権を持ち、又は投資の意思決定に関し助言を行うインベストメント・チェーンの全関係者にフィデューシャリー・スタンダードを適用すべき」としています。

 

このように、フィデューシャリー・デューティーという概念は、米英で生まれ育った概念です。日本では、議論が始まったところで、金融事業者の対応もこれからといったところです。


次回は、日本版フィデューシャリー・デューティーの概要について解説していきます。

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「投資信託」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載基礎知識から最新事情まで~投資信託の「正しい」活用術

幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

資産運用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

コモンズ流「30年・30社の企業」への厳選投資ノウハウと、「投資信託」の正しい使い方

~企業の「見えない価値(非財務情報)」を見出す極意とは

講師 伊井 哲朗 冨中則文 氏
日時 2017年12月06日(水)
内容

<第1部>

コモンズ投信が考える長期、厳選集中投資

~不確実な時代でも投資が出来る“強い企業”の特徴~

 

・30年・30社の企業への厳選投資、コモンズ流の長期・集中投資とは?

・企業の「見えない価値(非財務情報)」を見出す極意とは?

・企業、投資家、コモンズが対話で企業価値の創造を実現する参加型ファンドとは?

・世界の成長を取り込むための、日本版ネスレ(真のグローバル企業)を探し出す投資手法とは?

・長期的な資産形成の王道は、なぜ世界の成長を取り込むことなのか?

・2020年を起点に日本はどのように変わるのか?

 

講師:伊井 哲朗 氏 コモンズ投信株式会社 代表取締役社長兼最高運用責任者

 

<第2部>

投資信託の正しい活用術

~出版系IFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)の立場だから話せる投資信託の裏側~

 

・銀行窓口ですすめられる商品を買うとなぜ後悔をするのか?

・本当によい投資信託と金融機関で「よく売れている商品」がまったく違う理由とは?

・買ってはいけない投資信託の見極め方とは?

・金融機関が何故か教えてくれない本来あるべき資産運用とは?

 

講師:冨中 則文 株式会社幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧