なぜ音楽マンション「ミュージション」が求められるのか?

入居者を引き寄せるための「独自の魅力」を追求した音楽マンション「ミュージション」。今回は、その魅力についてより詳しく見ていきます。

音楽を思い切り楽しめない環境で生きている現代人

筆者が音楽マンションを作ったのは、音楽が人の生き方と深くリンクしていると感じるからです。アインシュタインは、「もし自分が科学者になっていなかったら、音楽家になっていただろう」という言葉を遺しています。音楽は一流の科学者であった彼の中で、科学と同じくらい尊い領域でした。それくらい、音楽とは人間にとって大きな価値を持つものなのでしょう。

 

考えてみれば、古くから人間と音楽はずっと一緒でした。最初のきっかけは、宗教的な儀式や、雨を降らせる祈りだったのかもしれません。音楽によって傷ついた心を癒したり、闘争心を駆り立てたりしたこともあったはずです。人間のDNAには、音楽を聴いたり奏でたりすることで、感情が高ぶるような記憶が刻まれていると思うのです。しかし、多くの現代人は、音楽を思い切り楽しめない環境で生きています。その状況を、ストレスに感じている人は、決して少なくはないはずです。

精神的な充足感を求めてやって来る入居者たち

ミュージションに住む人たちは、周辺相場よりも1・3倍ほど高い家賃を支払っています。その中にはプロのミュージシャンを目指して、派遣社員や契約社員として働いているような人もいます。

 

彼らが、決して安くはないその家賃を払い続けるのは、音楽とともに暮らすことで得られる精神的な充足感が大きいからでしょう。ミュージションに住むことで彼らが得ている満ち足りた気持ちというのが、「コンビニが近くにあって便利」とか「ミストサウナや床暖房があってよかった」というレベルとはまったく違う話であるということは、おわかりいただけると思います。

 

入居者の中には、アルバイトを増やしてミュージションに住む方や、親に借金をしてミュージションに越してくるという方もいました。それほどまでに音楽を求める強い欲求は、ある意味人間の本能のようなものかもしれないと、筆者は思っています。だからこそ、そこに賃貸マンションとしてのマーケットが作られ、マンション経営のチャンスが生まれるのです。

本連載は、2011年2月28日刊行の書籍『近隣物件よりも高い賃料で長く儲ける満室賃貸革命』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載近隣物件よりも高い賃料で長く儲けるマンション経営術

株式会社リブラン 代表取締役

1967年、東京生まれ。株式会社大京にて分譲マンション事業用地の仕入を担当。その後、1992年、株式会社リブランへ入社し、2002年、同社代表取締役に就任する。マーケットシェアを奪い合う分譲マンション業界で、同業他社とは同じ土俵で勝負しない経営スタイルを堅持。24時間、音楽漬けを可能とするマンション「ミュージション」の分譲、賃貸事業を行い、新たなマーケットの創造を行う。

著者紹介

満室賃貸革命

満室賃貸革命

鈴木 雄二

幻冬舎メディアコンサルティング

今後50年余りで、日本の人口は約9000万人にまで減少すると予想されています。これは、現在の人口から約3割もの人がいなくなる計算です。そのような将来が予想される中、今でも賃貸マンションは次々と建ち続け、オーナーさんは…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧