M&Aを有利に進めるための「企業価値」の算定方法

自分の会社の価値をある程度試算しておくことで、M&Aをより有利に進めることができます。どのような算定方法があるのか、具体的な方法を見ていきます。

大まかな額なら自分で計算することも可能

実際に自分の会社がいくらで売れるかは、専門家に評価してもらう必要があります。ただ、大体の試算は自分ですることができます。大まかな値段だけでも分かっていれば、M&Aを考える上での参考になり、事業承継の計画も立てやすくなります。

 

ただし、会社の売却金額の算定には、「これでなくてはならない」という決まった計算方法が存在しません。幾つかあるなかから適宜、決めていくことになります。決まった計算方法がないということは、売却金額が分かりづらく、自分の会社が売れるイメージを持ちにくいというデメリットがあります。

 

売り手の言い値で成立するほどM&Aは簡単ではありませんが、「最低でもこれ以上で売りたい」というラインを示す上では大変有効です。売却金額を決める際は、専門家のアドバイスを聞きつつも、自分の基準を持っておくことが大事です。

中小企業の場合は「時価純資産法」が最も分かりやすい

では、具体的にどういった方法があるのかを見ていきましょう。企業価値の算定には、下図のような考え方があります。

中小企業の場合は、「時価純資産法」が最もシンプルで分かりやすい方法でしょう。DCF法や類似会社比準法という方法もあります。

 

また、試算する場合のみ、「中小企業庁方式」という簡便な方法もあります。それぞれの長所と短所は、表にまとめておきます。

本連載は、2015年9月25日刊行の書籍『後継ぎがいない会社を圧倒的な高値で売る方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「M&A」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載後継ぎがいない会社を圧倒的な高値で売る方法

岡本雄三税理士事務所 代表
株式会社MARKコンサルタンツ 代表 

岡本雄三税理士事務所代表。株式会社MARKコンサルタンツ代表。税理士、行政書士、宅地建物取引士、M&Aシニアエキスパート、経済産業省認定経営革新等支援機関。1967年生まれ。1991年、早稲田大学商学部卒業。1998年、岡本雄三税理士事務所開設。2000年、公益社団法人日本医業経営コンサルタント登録。個人医院の開業、医療法人の設立、税務など、医業コンサルティング業務のほか、一般法人の税務、事業承継、M&A支援、資産税にかかわるコンサルティング業務を手掛ける。

著者紹介

後継ぎがいない会社を 圧倒的な高値で売る方法

後継ぎがいない会社を 圧倒的な高値で売る方法

岡本 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

「後継者がいない」「後継者がいても継がせたくない」そう悩む中小企業経営者が増えています。しかし、廃業となると、経営者自身の連帯保証の問題や従業員の生活の保証、取引先への影響などもあるため、なかなか踏み切るのは難…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!