夫に先立たれ・・・知り合いから勧められた「サ高住」への入居

シルバー世代にとって有力な選択肢となる「サ高住」への入居。本連載では、サ高住に移り住んだ人々の体験談をご紹介します。

ちょっとした風邪が重症化、助けも呼べず…

シルバー世代が一人暮らしを続ける危険性や高齢者施設に住む様々なデメリット、そして生き生きとしたあらたな人生を歩むにはサ高住という選択肢が最適ですが、いざ住み慣れた家を離れることを考えると、なかなか腰が上がらないものです。

 

そこで、すでに私たちのサ高住(グランドマスト)へ引っ越してきた方たちの体験談をご紹介しましょう。どのようなきっかけで転居を決断し、現在どのような生活をおくっているのかなど、参考にしていただければ幸いです。

 

T氏:86歳 女性

入居前の住まい:一戸建て

入居前の家族構成:一人暮らし

 

<住み替えを検討したきっかけ>

「9年前に主人が亡くなりました。残ったのは私と小型の愛犬です。その愛犬は本当に賢い子で、『パパがいなくなってさびしいね』と話しかけると『うん』とうなずくんです。その子も3年前に亡くなりました。

 

その1年後ですから2年前ですね。ちょっと風邪を引いたんです。最初は軽いと思って横になっていたんですが、どんどん熱が上がって食事ができなくなりました。家のなかには私一人。アパートなので隣に誰が住んでいるか分かりません。反対側の隣は、40代のご主人がいる5人家族で私の主人も含めて家族ぐるみでお付き合いしていました。そこに電話をしようと思うのですが、身体が重くてなかなかベッドから出られないのです。そのまま何も食べずに2日が過ぎました。

 

3日目にやっと起きられるようになって、かかりつけのお医者さんへ電話をしたところ、すぐに点滴を持って来てくれました。そのときに『このまま一人暮らしを続けていたら孤独死しますよ』と言われたんです。私は学生時代に水泳で国体に出たことがあります。だから体力には自信がありました。それなのにとうとうそんなことを言われる年齢になったのか、とちょっとショックでした。

事情を知った銀行の支店長から得た情報

そんなときに普段からお付き合いのある近くの銀行の支店長さんが遊びに来てくれました。その人は主人が亡くなっても、なにかと気にかけてくれていたんです。

 

支店長さんは、高齢者向け住宅のパンフレットをいくつか持って来てくれました。このなかでも都内のグランドマストが特にお勧めのようで、絶対に見に行くように言われました。なぜかと聞いたところ、自分が近くに住んでいるので評判がいいことを知っているとのことでした。

 

しかし、私は当時住んでいた場所(神奈川県)にお友だちや行きつけのお店が多かったので離れたくありませんでした。しかし、支店長さんは自分が通勤していてまったく苦痛ではない。電車で気軽に行き来できるので大丈夫、と太鼓判を押します。そこまで言うのならと見学に行きました」

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載体験談・・・「サ高住」に移り住んだ人々

積和グランドマスト 代表取締役社長
一級建築士
公認不動産コンサルティングマスター 

2014(平成26)年11月に、積水ハウスグループの一員として「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)の一括借上による管理・運営を専門に行う積和グランドマストの代表取締役社長に就任。
介護系と医療系の事業者が8割以上を占めるサ高住の市場において、住宅づくりに取り組む会社の立場から「生き生きとした暮らしを生む住まい」を追求している。都内を中心に、今までにない快適な住まいを提供し、多くの入居者の満足を得ている。

著者紹介

70歳からの住まい選び

70歳からの住まい選び

小山 健

幻冬舎メディアコンサルティング

最高の住み心地・豊かな人間関係・健康面の安心・・・生涯充実した人生を送るための高齢者向け住宅とは!? 一人で住み続けるのは不安・・・でも、老人ホームには入りたくない。70歳を過ぎた人の、新しい住まい探しの教科書で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧