法人保険とは? ~商品比較をご覧いただく前に

本連載では、企業オーナーによく活用される「法人保険」の商品比較表を掲載します。ここでは、法人保険とは何か、そして比較表をご覧いただく前に、ご留意いただきたいポイントをご案内します。

法人契約の生命保険で、企業とオーナーの課題を解決

法人保険は、事業保険とも呼ばれ、法人の経営上のリスクをカバーするために活用される生命保険です。

 

法人においては、

 

・キャッシュフローを安定させたい
・適正、適切な税金を支払いたい
・社長や役員、従業員の万が一の死亡や病気にそなえたい
・退職金を準備したい
・福利厚生制度を充実させたい
・人件費、人材確保資金を確保したい
・債務返済資金を確保したい
・将来的な相続事業承継資金を確保したい
・修繕費を確保しておきたい
・投資資金を確保したい

 

などなど、ありとあらゆるニーズがありますが、それを、法人契約の生命保険を活用して解決します。

 

法人保険を選択するときの比較要素には、主に以下のようなものがあります。

 

・支払う保険料(投資額)に対する、死亡時に受け取れる死亡保険金の大小
・途中解約した場合の、解約返戻金額の大小
・満期が来た場合の、満期返戻金額の大小
・支払う保険料が、損金として算入できるかどうか
・契約中に受けられる「融資制度」
・保険料を支払うときに、タックスプランニング上、有利か不利か
・保険金を受け取るときに、タックスプランニング上、有利か不利か
・契約中に減額や増額が可能かどうか
・一定期間、保険料を支払わなくてもいい期間があるかどうか
・各保険会社での引受枠、引受条件
・保険アドバイザーのサポート体制
・保険会社の格付けや財務健全力

 

これらの中で、支払う保険料が税務上損金として算入できるかどうか、保険の組み換えをどうするか、財務的な経営判断で、解約した場合に、ある程度キャッシュの回収が可能なのか・・・といった、経営を大きくゆるがす部分については、企業オーナーにとって特に興味関心の強い部分といえます。

 

しかし、実際の法人保険の保険営業担当者による提案の現場を見てみると、

 

・1社だけの提案であり、他社比較が全くされていない
・営業マンにとって、実入りの多い、一部の保険会社、保険商品しか提案されていない
・金融機関など、系列の保険会社の商品しか提案されていない
・提案者が、経理処理や税務に精通していない
・提案者が、法務や税務、経営用語に弱く、日本語が通じない
・提案者が、数年で退職してしまい、適切な出口戦略がとれない
・提案者が、フットワークが重く、レスポンスも遅い。
・提案者が、保険以外の金融商品、不動産等と比較しないため、部分的なアドバイスしかない

 

などが多数見受けられます。

必ず出口戦略までアドバイスしてくれる専門家に相談を

どうしてこのようになるのでしょうか? 保険業界には以下のような特殊な事情があります。

 

・販売者のコミッションは初年度が大半で、契約を取らなければ稼げない現実がある
・保険会社がなるべく販売額をふやそうと、コミッション率を高くする競争を行っており、販売者がそれにのせられて、販売者にとって有利な保険、販売者にとって実入りの多い保険商品が提案されやすい
・歩合給が基本の業界のため、契約をとらなければ収入がゼロになり、大量の退職者が出てしまう。そのことで、出口戦略が重要な法人保険の世界において、契約者は満足したサポートが受けられない可能性が高い
・販売者は、新規の契約をとることばかりに時間を費やしているため、法務や税務、経営知識など、法人保険活用において重要な知識や実務経験をつめない販売者が続出している
・自社で扱わない商品は、徹底的に否定する、危ない商品等というネガティブキャンペーンが多い業界

 

こういった保険業界独自のカルチャーが存在することもあり、

 

・契約した商品が、業界で4・5番手だった
・これしかないといわれたが、実はもっといいのが他社にあることを知り、提案者に嘘をつかれた
・契約したのはいいものの、結局出口戦略で失敗した
・○○な手続きはできるといったのに、できなかった

 

などというかたちで「法人保険を契約しなければよかった」という方が多いのです。

 

本連載では、企業オーナーがよく活用される法人保険を中心に、比較の第一歩を歩んで頂くための、商品比較表を掲載します。

 

まずは、この比較表にて、活用できそうな法人保険をイメージいただき、最終的に、出口戦略まできちっと説明してくれる、法人保険に精通したアドバイザーと密度の濃い、面談をしていただければ幸いです。

 

法人保険スペック比較表

「生命保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「法人保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載法人保険スペック比較<2017年版>

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介