ベトナムで存在感を増す物件の形態「オフィステル」とは?

今回は、住居・オフィス・商業施設が融合した物件形態である「オフィステル」の概要と、日本企業も参入する、ベトナムの金融サービス事業の事例をご紹介します。

「住居・オフィス・商業施設」の機能を兼ね備えた物件

不動産市場において、新しい形態が増えています。住居とオフィスの機能を兼ね備えた新しいタイプの物件形態「オフィステル」がその新形態です。

 

この背景には、大型不動産開発の認可にあたり、居住スペース、商業スペース、オフィスなどの事業スペース、病院・学校などの公共スペースがバランスよく配置されていることが認可取得の鍵であり、そのため、居住でもオフィスでも利用できるオフィステルを設置する開発事業者が増加していることが挙げられます。2017年末までにホーチミン市では8000軒、ハノイでは1000軒の増加が予想されています。

 

ベトナムでは、居住の目的で建設されたスペースで事業を行うこと、具体的には会社設立登記をすることができないことになっています。無許可で事業を行っていた場合、業務停止に追い込まれることも想定できます。そのようなリスクを避けることができるのが、「オフィステル」と言えるでしょう。

 

普通の住宅に比べて、やや高い価格設定にはなっていますが、利便性が高いことから、より一層の活性化が期待されています。

日本企業も参入…急進するリテールファイナンス事業

2015年4月、株式会社クレディセゾンはHDセゾンファイナンス社を設立し、ベトナム国内でリテールファイナンス事業を展開しています。すでにベトナム国内では、この分野でビッグ3といわれる企業に成長しています。

 

もともとはフランス系の金融機関ソシエテ・ジェネラルがベトナムで設立した外資系最初のノンバンクだったのですが、ヨーロッパの金融危機の後、ベトナムの地場銀行HDバンクが資本参加しました。HDバンクは、日本の地銀三行が業務提携しているベトナム地場銀行です。ソシエテ・ジェネラルの撤退にあわせて、クレディ・セゾンがHDファイナンスに資本参加し、HDセゾンファイナンスという社名になりました。

 

現在はバイクローン、家電ローンなど、ベトナム人の生活の変化を後押しする商品を中心に展開しています。今後はオートローン、住宅ローン、教育ローンなど高度成長を続けるベトナムにあわせた商品開発を進めるようです。

 

まだ先進国ほど進んでいないクレジットカード事業にも力を入れようとしています。ECサイトなど一部では加速度的に急進しているベトナムですが、金融サービスの近代化が進むことでより一層の経済成長が期待できます。

 

従来は親戚縁者に頼った資金調達が主流のベトナムでしたが、金融サービスも先進資本主義国と同様の方向に進みはじめました。その中で日本企業も重要な役割を果たしつつあります。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載外国人の所有が解禁 「ベトナム不動産」の最新事情

株式会社地球と不動産 代表取締役

2008年大学を卒業後、研究職としてトヨタ自動車に入社。車体におけるゴム材料の耐久性などの設計支援に従事。野村證券に転職し、投資商品の販売や資産運用コンサル業務に従事。その後、不動産デベロッパーのアルファビオス経て独立。金融商品から不動産まで経験と知識が豊富。宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、証券外務員などの資格を持つ。
地球と不動産では、法改正後に多数の売買契約サポートを実施し、購入後のサポートも整備。ホーチミンで2007年から日本企業向けに不動産仲介事業を行っているレタントン不動産と提携しており、東京とベトナムにオフィスを持つベトナム不動産投資専門会社。投資家向けのセミナーも随時開催中(下記URL参照)。
WEBサイト:http://chikyu-fudosan.com/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧