NZで注目を集める「リロケーションハウス」の事例

ニュージーランドの人々は、たとえ築100年の家であっても、知恵と工夫で維持し続けるとお話ししてきましたが、そんなニュージーランドで現在、家の外枠だけを残した「リロケーションハウス」の売買が注目を集めています。そこで今回は、実際に2件のリロケーションハウスの事例を見ていきましょう。

工期が短く、市役所の認可も取りやすいことで話題に

ニュージーランドの家は、たとえ築100年であっても住むことができます。「えっ、築100年!?」とほとんどの方は驚きますが、もちろん100年の間何も手を加えていないわけではありません。家を継いだ人が代々備品を交換し、改装して維持しているのです。

 

 

そんな中、「リロケーションハウス」という、外枠だけ残した家を中古物件として販売する業者がいます。今回は、実際に今開発されている2件の事例を見ていきましょう。

 

リロケーション開発の事例①

 

ワイカト地方に、プタルルという街があります。広大な牧草地を越えた先、温泉の町「ロトルア」へ行く手前に位置しています。水がきれいな街として、ニュージーランドでは有名な酪農の町なのです。

 

約1000平米の土地に、現在2LDKのユニット2軒が建っています。その横に空き地があり、そこへリロケーションの家を持ってくるのです。もともと空き地には、倉庫が設置してありましたが、リロケーションハウス設置のため倉庫を解体し、更地にしました。

 

さて、このリロケーションハウスですが、実は探すのに一苦労。もちろん、多くの物件が売りに出ていますが、開発する空き地のサイズに合う家を探すのは大変なのです。また、たとえ家自体が安くても、家の改装費に費用がかかると割高になってしまうので、改装をどの程度まで行うか、検討する時間も要します。

 

今回購入したリロケーションハウスは、もともと農家の母屋的な家でした。物件の横には井戸があります。内装は思ったより良好で、ついこの前まで家族が住んでいたとのことでした。この家をジャッキで持ち上げ、夜中にトラックで家を移送させるのです。人員3名で空き地へ設置することができます。

 

さて、倉庫を解体して作った更地に、下水道管、電線を整え、市役所の認可も経て工事を完了させます。

 

家を移動したら、更地にそのまま置けばいいと考えていましたが、どの位置に設置をしたのか、また1軒当たりの家の土地数も計算・報告した上で、市役所の認可を得る必要があります。

 

開発にはだいたい3〜4ヶ月はかかりますが、新築を一から建設するよりも工期が短く、市役所の認可も取り易いため、ワイカト地方では、リロケーションハウスの開発が盛んです。

前後に家が建っているほうがリロケーション開発は容易

リロケーション開発の事例②

 

約1100㎡の土地の真ん中に、4LDKの家があります。これをジャッキで持ち上げて、後ろに移動させた事例です。

 

ガレージもあったのですが、そちらは壊してしまい、家がもともとあった場所にはカーポートを作成します。家は内装を変え、カーペット交換や壁のペンキ塗りを行います。

 

道路から前の土地にリロケーションハウスを設置するのですが、現在その家屋を探している最中です。

 

2LDKの家を2軒設置するか、3LDKの家を設置するか・・・悩みどころです。建設業者は、上記リロケーション開発事例①のような左右に建つ家よりも、リロケーション開発事例②のように、前後に建つ家の方が開発しやすいと言います。下水管が道路からつながっているため、前後の方が延長がしやすいからだそうです。左右に家が建っていると、延長線が長くなったり、工事費がかかるとのことです。

 

 

そういった提案もいただきながら、我々はリロケーション開発がし易い物件を日々探しています。空き地があればいいというわけではないので、難しいところです。

 

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長

1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。

1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。

現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表としても活躍中。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧