ソーシャルレンディング活用のリスクを低減する4つの分散投資

今回は、ソーシャルレンディング投資にあたって知っておきたい、リスク低減のための4つの分散投資の方法をご紹介します。※本連載では、ソーシャルレンディングに特化した国内唯一の専門メディア「クラウドポート」代表取締役の藤田雄一郎氏と共同創業者の柴田陽氏が、急成長するソーシャルレンディングの最新事情をご紹介します。

「リスクの見極め」には限界があるだけに・・・

ソーシャルレンディング投資において最も気をつけなければならないのは「元本の毀損」です。平均期待利回りが8%のソーシャルレンディングは、10年で元手が2倍になるほどの高利回りである一方、元本毀損のリスクがあります※1

※1クラウドポートが集計対象としている18社が募集したファンドの平均利回り
(2016年7月〜12月)。複利(毎年再投資)の場合。

 

元本毀損は貸付先のデフォルトが理由であることが大半ですが、それを避けるために投資家が行える主なことは「リスクの見極め」と「デフォルトを見越した損失対策」しかありません。

 

融資先の詳細を確認することができない投資家にとって「リスクの見極め」には限界があります。また、投資にはデフォルトが付き物です。となると、デフォルトは誰しもに起こりうるものという前提で考え、損失額を抑えるための最も大切な備えである分散投資を行うのが賢明でしょう。

 

それでは、ソーシャルレンディングでは一体何を分散すれば良いのでしょうか。

分散すべきは「テーマ・会社・ファンド・融資先」

分散投資といっても何を分散するのかによって種類が異なります。1ファンドあたりの投資金額を分散する方法だけでは不十分です。ソーシャルレンディングにおいては4種類の分散投資を知っておきましょう。

 

1. テーマ

 

不動産から個人向けローンまで、ソーシャルレンディングには様々なテーマのファンドがあります。その中でも不動産ローンファンドの割合が比較的高く、分散を意識せずに投資を行なっていると、不動産系に偏ったポートフォリオが出来上がってしまう可能性があります※2

※2クラウドポートが集計対象としている21社が募集したファンド(2017年5月時点)

 

この場合、仮に不動産市場が大暴落してしまうと、多くの不動産ローンファンドがデフォルトに陥り、投資家が痛手を受けてしまいます。不動産以外のファンドであっても、エネルギー系であれば買取価格の変更、海外系ファンドであれば為替変動など、それぞれのテーマに固有のリスクがあります。

 

できるだけ多様なテーマでポートフォリオ形成することでリスク分散心がけましょう。

 

2. 会社

 

投資の前段階でサービス運営会社の信頼性を見極めることは大切ですが、安全な会社とリスクの高い会社を判別することは容易ではありません。ソーシャルレンディング事業者の多くは未公開会社であり、財務状況は開示されていないことがほとんどです。

 

仮に運営会社が倒産に陥った場合、投資元本への甚大な影響が予想されます。

手間だからという理由や、利回りが他運営会社よりも高いからなどの理由で、特定の運営会社に投資金額を集中させることは避けましょう。

 

3. ファンド

 

100万円を投資しようとした場合、1ファンド に100万円すべてを投資するよりも、10ファンドに10万円ずつ投資する方が望ましいと言えます。

 

デフォルトが起こった際、前者では100万円全て失ってしまう可能性があります。一方、後者では最大でも10万円の毀損に抑えることができます。

 

分散投資は投資ファンド数の増加に比例して必要な手間も多くなりますが、株式やFXなどの相場性商品とは異なり値動きが無いソーシャルレンディングは、運用が比較的楽です。デフォルトなどが起こらない限り、基本的には投資後に何も行わなくとも資金が分配され、利益を得ることができます。

 

また、ソーシャルレンディングなど中長期投資の成功に大切なのは、いかにリスクを抑え利益を積み立てられるかという観点です。分散投資に充てる時間は必要な手間として認識するべきでしょう。

 

4. 融資先

 

ファンドを分散して投資したとしても、最終的な借り手が同一企業であれば、実質的なリスク分散は効いていないことになります。

 

ソーシャルレンディングでは、貸金業法の規制により、最終的な借り手企業の情報は公開されません。ただし、事業者によっては借り手企業の識別ができるように固有のアルファベットを振っている場合があります。ファンド分散をする際には、融資先が重複していないかを調べてから投資するようにしましょう。

 

なお、クラウドポートでは、融資先が重複するファンドを簡単に調べることができます。融資先が分散できているか確認したい際にはぜひ参考にしてみてください。

 

 

リスクが高いと思われがちなソーシャルレンディング投資ですが、一手間かけることで、かなりリスクを抑えることができます。今回お伝えした4つの分散を意識し、堅実な運用を心がけましょう。

 

<POINT>

●ソーシャルレンディング投資の肝は元本毀損を防ぐこと

●分散投資により元本毀損リスクを軽減できる

●4種類の分散方法を知っておくと良い

株式会社クラウドポート 代表取締役

早稲田大学商学部卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社。2007年にWEB構築、マーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年に上場企業に売却。2013年に大手ソーシャルレンディングサービスを立上げ、サービス開始から約2年半で80億円の資金を集めるプラットフォームに成長させた。2016年11月に株式会社クラウドポートを創業。


ソーシャルレンディングファンドを事業者横断比較できるサイト「クラウドポート」
https://www.crowdport.jp/

著者紹介

株式会社クラウドポート 共同創業者

2007年東京大学経済学部卒業。戦略コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー出身。店舗集客サービス「スマポ」を展開する株式会社スポットライト、バーコード価格比較アプリ「ショッピッ!」、タクシー配車アプリ「日本交通タクシー配車」「全国タクシー配車」など、数々のヒットアプリを手がけ、3つの会社を創業・売却した経験を持つシリアルアントレプレナー。2016年11月に株式会社クラウドポートを創業。


ソーシャルレンディングファンドを事業者横断比較できるサイト「クラウドポート」
https://www.crowdport.jp/

著者紹介

連載専門メディアの運営者による「ソーシャルレンディング」入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧