日本の都内近郊と遜色がないフィリピン首都圏の賃貸相場

アジアの中でも意外に情報の少ないフィリピン。現地のハロハロホームから、不動産の話題を中心にフィリピンの知られざる様々な情報をお届けします。

人件費は首都圏でも日本の約10分の1の水準

筆者は、フィリピンに住んで5年になります。実はフィリピンという国、富裕層と呼べる人は日本よりも多く、日本と同じ暮らしをしようと思えば、あるいはそれ以上の暮らしを望めば、もちろんそれなりのコストがかかります。

 

とはいえ、多くの方がご存知かと思いますが、フィリピンの人件費は非常に安く、首都圏でもまだ日本の約10分の1くらいの水準。日本にはない生活が実現できます。

 

 

<フィリピンの人件費、物価のイメージ>
・メイドさんは住み込みでも月20,000円~
・運転手を雇ったとしても月40,000円~
・タクシーは初乗り約100円
・ランドリーは1キロ約100円(最低3キロからが一般的)
・アルカリイオン水(ウォターサーバー)は20リットル約80円~

デベロッパーによっても異なる管理のクオリティ

不動産に関してはどうでしょうか。首都圏の賃貸相場は意外に高く、日本人や外国人に人気の物件となると、家賃相場は1平米あたり約2,500円~約3,000円となります。この金額は、日本と近郊とそれほど変わりません。


ただ、ほとんどのコンドミニアムには、セキュリテイーガードが24時間常駐しており、プール・ジムなどもなっています。最近のコンドミニアムになると、スパやシアタールーム、無料で使用できるミーティングルーム、フリーwifiスペースなどがあり、これらがすべて使用できます。

 


部屋の電球が切れたり、水が出なくなったりといった、海外ならではの問題が出たとしても、管理事務所のメンテナンスが24時間対応してくれるケースが一般的です。もちろん、コンドミニアムのデベロッパーによって管理事務所のクオリティも異なりますので、物件を借りるときには、見た目や価格以外に管理事務所のクオリティといった視点にも注意を払うと良い物件が見つかります。


フィリピンというと男性が訪れるイメージが強いかもしれませんが、実は女性にとっても暮らしやすい場所です。天候や温度も一定ですので、肌や気持ちも安定しやすいかもしれません。そして何よりも、明るいフィリピン人の人柄。一度訪れることで、「この国をこの人たちが支えているのであれば、可能性は大きい」と体感できるでしょう。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外移住」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載現地在住のプロが伝える「フィリピン不動産」の最新事情

  • 【第1回】 日本の都内近郊と遜色がないフィリピン首都圏の賃貸相場NEW

株式会社ハロハロホーム Founder

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介

ハロハロホーム マニラ本社 Director

ハロハロホームは、フィリピンのメトロマニラ首都圏のビジネス中心地マカティ市に本社を構え、フィリピン不動産投資や、フィリピンの土地販売を手がける企業。賃貸仲介サイトの運営、不動産管理、メンテナンス、内装、転売のサポートなど、購入・管理・売却まですべて対応できる強みを持つ。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧