工場の「わずかな床の傾き」が経営をも揺るがす理由

「工場で機械が異常動作し、不良品率がアップした」 「倉庫で段ボールがうまく積み上がらない」 ・・・ それは地盤沈下によって床が傾いていることが原因かもしれません。 床の傾きは、機械やそこで働く人々に悪影響を与え、そのまま業務の傾きに通じるのです。 多くの事例を交えながら、地盤に起因する問題をご紹介します。

機械の異常作動…本当の原因に気づかないまま

もしかすると、あなたの職場の建物でも発生しているかもしれない床の傾き・たわみ。それは、どのようにして発見すればよいのでしょうか。

 

俗に、ビー玉が勝手に転がれば…と言われますが、実際にはなかなかわかるものではありません。ところが、ほんのわずかな傾きでも、建物を使う人は何らかの"異変"を感じます。

 

人の感覚が認知できないようなわずかな傾きでも、どこかで確実に異変が現れるのです。次に、床の傾き・たわみが原因で建物内で起こるトラブルを、ケースを交えながらご紹介していきましょう。

 

まず、不同沈下の被害を受けやすい建物の代表格、工場の異変からご説明します。

 

そもそも機械というものは、工場で使うような大型のものでなくとも、傾きには弱い道具です。試しに、近くのコピー機や複合機を少し傾けてみてください。きっと、作動しなくなるでしょう。ますます高機能になっている最近の工作機械は、精密な据え付けが必要とされるようになっていますが、そもそも機械というものは、本来、水平な設置があってこそ正常な作動が保証されるものなのです。

 

問題なく動いていたものが突然止まる。動き出したかと思うと、アラートが発せられる。動いてはいるものの、主要機能は作動しない…。機械は、こうした異変によって床の傾きを伝えてきます。

 

多くの場合、最初に気づくのは機械のオペレーターでしょう。まさか不同沈下によって建物の床が傾いているとは知りませんから、スペーサーを機械の下に入れて水平を保とうとするのですが、不同沈下が進めばそれでは収まりません。

 

とうとう、稼動を止めて保守点検をしなくてはならなくなりますが、厄介なのは機械そのものが故障しているわけではないので、なかなか真の原因に行き着かないこと。試行錯誤が続いてしまいます。

気づいたときには会社の信用が損なわれる事態にも

すると、どうでしょう。今まで時間当たり、たとえば100個生産できていたものが、時間当たりの製造数にして9割に落ち、8割に落ちていく。納期に間に合わせるためには、稼動時間を増やすか、納品数を減らすしか方法はありません。

 

前者を選べば、エネルギーコストや人件費が膨らみ、間接コストが上がって利益率は下がります。納品数を減らせば、当然のことながら売上高が下がります。

 

納期の遅れや納品数の減少が続けば、お客様からの信用は間違いなく損なわれるでしょう。さらに、突然停止などが起こる機械では、不良品率も高まります。出荷前の検品で不良品が完璧に発見できるならまだしも、見逃され、それをお客様が発見するようなことになれば、その工場への信頼は急激に失墜してしまいます

 

同じようなことが、倉庫でも起こりうるのです。

 

昨今の倉庫は、高機能の自動ラックを設置しているところが多くあります。エレクトロニクス技術による巨大な機械が誤作動を起こす結果、入出庫に異変が生じ、不完全な在庫管理を招きます。また、機械が担うはずの入出庫作業に人手が必要になるようなことがあれば、倉庫全体のオペレーションを変えなくてはなりませんし、多大なロスを招きます。

 

工場、倉庫、どちらも機械がある建物での床の傾き・たわみは、多大な被害をもたらすのです。

本連載は、2016年11月25日刊行の書籍『改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9割』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載事業の傾きを招く!? 工場・倉庫の「傾いた床」の問題

アップコン株式会社 代表取締役

1985年 武蔵工業大学(現 東京都市大学)建築学科卒業。
1988年 プラット・インスティテュート大学院(ニューヨーク)インテリアデザイン学科卒業。
1989年 オーストラリア・シドニーの大手建築設計事務所に勤務。日本担当部長として新規事業開拓を手がける。
1998年 設計施工一貫請負の会社をシドニーに設立。
2000年 特殊樹脂を使用する地盤沈下修正工法を知り、工法を習得。
2001年 同工法を用いた外資系土木会社の日本法人を設立。代表として、九州で事業を展開。
2003年 4月 独自に研究を重ね、ノンフロン材を用いた小型機械による新工法「アップコン」を考案開発。6月 アップコン有限会社(現 アップコン株式会社)を設立。代表取締役に就任、現在に至る。
2006年 EOY JAPAN 2006 ファイナリスト
2009年 ASPA Awards 2009 Excellence Prize 受賞
2012年 かながわビジネスオーディション2012 審査委員特別賞受賞、低CO2川崎パイロットブランド'11 受賞
2014年 奨励賞受賞(川崎市制90 周年記念表彰)

「夢の扉 ~NEXT DOOR~」(TBS テレビ)、「FNN スーパーニュース」(フジテレビ)、「ホンマでっか!? TV」(フジテレビ)など各種メディアにも多く取り上げられる。

著者紹介

改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9 割

改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9 割

松藤 展和

幻冬舎メディアコンサルティング

4年前出版し関係者の間で話題沸騰したあの書籍が、「傾いた床」による様々なリスクを追加収録し、 【改訂版】としてパワーアップして帰ってきた! たった0.6度の床の傾きで、業務も傾く! 日本の建物の9割が地盤に起因する歪み…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧