会社を支える人材の育成に最適な「学生インターンシップ」

前回は、市場開拓でも大きな力を発揮する学生の「チャレンジ精神」について紹介しました。今回は、会社を支える人材の育成に最適な「学生インターンシップ」について見ていきます。

学生が主体で取り組む海外人材の育成

2014年からは、公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)の「外国人技能実習制度」を活用したプロジェクトがスタートしました。

 

これは、開発途上国の経済発展と産業振興のために、先進国に実習生を送り、技術を習得させるのが目的です。

 

実習生を受け入れるためには、日本と現地の受け皿が必要です。私たちの会社では名古屋の本社を実習場所にし、技術を習得したインド人が母国へ帰ったときにインドで活躍できるように現地でのマーケット開拓を進めているところです。

 

2015年9月には、インドのビジネススクールで私の会社の事業についてプレゼンをした際、現地の優秀な学生2人から将来日本でインターンとして働きたいと声が上がりました。彼らの熱意が伝わり、私も是非彼らを育てたいと思ったため、スカイプによる日本語レクチャーを始めました。

 

インドの学生と英語で会話をしながら教えるのも、学生たちです。「インドのテント業界について」「商業施設のテント事情について」など毎回、課題を渡してレポートを書かせたり、テントの知識や日本の基本的なビジネスマナーについて伝えています。

 

こうして学んだ海外の学生は、将来的に技能実習制度を活用する際に、現地と日本で活躍するスタッフとして育ってくれるでしょう。

 

現在、日本では東京オリンピックに向けて街中のテント張り替えやスタジアムで使用する各種テントの受注が見込まれています。しかし国内では人手が足りず、海外の人材を日本へ呼び、人材不足を解消するのと同時に日本のものづくりを学んでもらえればと考えています。

オリンピックは良い機会!? 職人魂を学生に…

日本のテント会社の件数でピークだったのは、昭和40〜50年代。そのころは4000〜5000社ありました。今は全国で1000社を切るほどです。減少した要因は、グローバル化が進み、賃金の安い海外の労働力に生産を頼ることが多くなってきたからです。

 

日本人がものづくりに携わらなくなったということで、後継者不足につながっています。これはテントに限らず、どの業界でも製造業に共通していわれていることでしょう。優秀な人材は企画、経営の道を進み、ものづくりの現場に来なくなった。ものづくりの現場で働いても儲からない、といったイメージが定着しているのです。

 

私の会社も例外ではありませんでした。ものづくりに憧れ、志望してくれる人材がいない。それが、学生の情報発信力がネガティブなイメージを気持ちよいくらいにかき消してしまった。ものづくりが好きになる人たちの土壌を、もう一度新しくつくってくれているのです。

 

学生たち自身も現場に行って職人のサポートをしたり、テントの張り替えの夜間工事をしたり、一緒に参加しています。そこで職人魂のようなものも学んでいるのです。

 

こうした取り組みを通じて、国内で若手を育成していくのと同時に、これからは海外の人材に日本のものづくりの現場で活躍してもらうことも重要だと考えています。

 

少子高齢化の影響もあり、これから現場の人材不足はもっと深刻になるでしょう。そこでその不足分を海外の人材に委ねようというプロジェクトをスタートさせました。学生が主体となって進めている海外進出プロジェクトと同時に、現地での人材育成に力を入れています。

 

日本のものづくりに興味を持ってくれた現地の学生に研修生、実習生として3年間、日本の現場で働いてもらうのです。2020年の東京オリンピックに向けて現場の数は増えているので、経験を積む場所には恵まれています。

 

そうした現場で、日本のものづくりに対する姿勢や、私の会社の技術を学んでもらう。吸収したことを母国に持ち帰り、母国で自分たちのビジネスを広げてもらうのが目標です。

 

それもすべて、私一人ではできませんでした。長期インターンシップの学生たちがつくってきた土壌なのです。

本連載は、2016年11月12日刊行の書籍『事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社丸八テント商会 代表取締役社長

1960年愛知県生まれ。1979年名古屋市立工芸高校卒業後、祖父が1951年に創業した丸八テント商会に入社。職人として製造現場で経験を積んだ後、海外の店舗で使用されるオーニングなどを撮影し、全6冊にも及ぶ世界のテントフォトブックを営業ツールとして自作。2005年の愛・地球博や2010年の上海万博では、大手企業の展示会ブースを手がけるなど、卓越した発想力と行動力でテント業界に新しい風を吹き込む。
いち早くインターネットビジネスを活用し、自社HPのPV数(閲覧者)は1日に800~1000人となるなど“営業しない営業”のモデルを構築、他社との差別化を図る。また、伝統技術を活かした西陣帆布、西陣カーボンをプロデュース。JAPANブランド育成支援事業として経済産業省の認定を得る。伊東豊雄が設計した、“みんなの森・ぎふメディアコスモス”のグローブに携わる。
2015年には、映画「シン・ゴジラ」の劇中で使用されたテントを施工した。“ものづくりから、ひとづくり”を信条に、これまで培ってきたプロデュース力を活かして、地域の中小企業を応援しようとミチカラプロジェクトを発足。地域の役に立てるテント屋さんを目指している。一般財団法人日本国際協力センター(JICE)国際協力機関「外国人が日本で働く」セミナー講師をはじめ、各地でセミナー講師を務める。

2000~2001年 日本テントシート工業組合青年部会長
2003~2005年 愛知万博飛行船Bプロジェクト実行委員
2016年~ 愛知県テントシート工業組合理事長

著者紹介

連載事業拡大を実現する!中小企業のための長期インターン活用戦略

事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

佐藤 均

幻冬舎メディアコンサルティング

中小企業にとって「採用」は非常に大きな問題です。新卒学生の大手志向が進み、中途採用も思うようにはできない時代。優秀な人材ほど条件面で折り合わない等の問題があり、人材獲得は困難を極めます。しかも、中小企業における…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧